我が子のために株式投資 「負けない投資」

不祥事だらけの年金運用、派遣切りに代表される格差社会。足元まで迫った中国。こども達に何を残せるのか 【自分と家族】のための資産づくりを! [福岡発]
将来のお金をしっかりとためよう!(mixiコミュニティ)
ソーシャル・ネットワーキング サービス『mixi』 お悩み解決、初心者の株式投資♪  http://c.mixi.jp/hatsukabu
お悩み解決、初心者の株式投資♪株式相場が回復の兆しを見せている今、投資を始めたい方には大チャンスです!
このコミュニティでは、「未来のための資産作り」をみんなで和気藹々と語り合いましょう。
お気軽に参加してくださいね♪ (参加方法
◆イラストご提供:「株初心者みはるん コバンザメ資産運用」さま

スポンサーサイト 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徹底的に真似てみる (ベンチマーキング)  

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2007年09月25日 (火) | 編集 |
2007年夏の参議院選挙は、民主党が60議席(改選前32)、自民党が37議席(同64議席)と与党自民党の大敗北に終わりました。
自民党の敗因は、「消えた年金、増えた税金」で言い表されるように「年金問題」と相次ぐ閣僚の不祥事への安倍総理と国民の「リーダーシップ感のズレ」と言うところでしょうか?

逆に、民主党の勝因はと言うと、それらを的確に争点にしたことにあります。
敵の弱いところに自分の強いところをぶつける」。兵法の基礎です。

さて、民主党小沢党首が採った戦略を考える前に、前回の衆議院選挙を思い出してみてください。
小泉前総理が過去に声高に叫んでいたのは、「郵政解散」でしたね。
ここにカギがあると思うのです。つまり、郵政一本に絞込み、当時もあった年金問題など自分に不利となる争点を巧みにずらし、態度があいまいな民主党を一点突破する。あまつさえ、自分のシナリオに従わない人間を「抵抗勢力」と決め付け、もう一方の敵を無力化する。
(郵政の争点って何だったか、今でも覚えていますか?)

小沢党首は、この戦略を徹底的に分析していたのではないかと思います。
つまり、「郵政解散一本やり」を「年金問題一本やり」に応用。
さらには、自民党に恨みを持つ抵抗勢力(国民新党)とがっちりタッグを組み、島根や岡山など普通なら倒せないはずの自民党の地盤でも勝利を収める。

民主党小沢代表の戦略は見事の一言に尽きます。

ベンチマーキングビジネスの世界では、この徹底的に分析することを「ベンチマーキング」と言います。
ベンチマーキングとは、分野を問わず最高の企業(ベストプラクティス)をいくつかの尺度(ベンチマーク)でその良さを徹底的に評価し、まねることを言います。

例えば世界最大のシェアを持つ「デルコンピュータ」。
SCM(サプライチェーンマネージメント)を駆使し顧客の要望に迅速に応える、いわゆる「デルモデル」を築きあげました。

このデルを逆転するためにヒューレッドパッカードは、何も特別なことをした訳ではありません。

そう、ベンチマーキングし、そっくりとまねただけです。

余談になりますが、「ほっかほっか亭」をそっくり真似た「ほっかほか弁当」のことは今でも記憶に残っています。似たような名前、文字、地色、の弁当屋さんが至る所に出来たのですから。

これくらい徹底してシステムを真似れば立派なものです。しかし、さすがにやり過ぎだったのか、「ほっかほか弁当」は1984年に裁判で負けてしまいました。

ベンチマーキングに話を戻しましょう。
このベンチマーキングを投資に応用するには2つ。

<投資能力の向上>
成功者の投資手法をまねし、自分のものとする

まねする」とは、分析し徹底的に同じことをするのです。もし、結果が違ってくるならば、それは選んだ尺度の間違いや、分析の仕方が甘かった、はたまた真似方が足りなかったと言えるでしょう。しかし、そのズレを無くすように修正し続ければ、いつかは同様に成功すると思います。

問題は、そのような成功者や師匠が近くにいないと言うことでしょうか。

<投資対象(企業)の選定>
その企業が、他者から簡単にまねされないかチェックする

ゆうちゃんパパの幸せ:byデルモナさん例えば、以前例に出した着メロ会社のフォーサイドドットコム。上場後、世界展開を図り海外の同業者を買収することで大きく伸びていきましたが、所詮は着メロ。簡単にマネされ、フォーサイド本体のみならず買収先も儲からない会社になってしまいました。

今、着メロでTVCMしているのは、ドワンゴくらい。着メロから携帯コンテンツまで範囲を広げても、専業で成功している企業は数えるほどしかありません。

これは、この業界がマイケルEポーターが言うところの「参入障壁」が低すぎたからに他なりません。

したがって、銘柄選択の際にはその会社が将来に渡って「真似されないものを持っているか」が着眼点の一つになります。

キーワードはベンチマーキングです!

民主党の勝利は「敵失」、連合の高木会長が分析
連合の高木剛会長は30日、連合本部で記者会見し、参院選で勝利した民主党について、「次の衆院選に向け、政策準備をていねいにやってほしい。解散だけにギラギラすると国民の支援を失う」と語り、衆院解散に追い込むための与党との駆け引きより、自らの政策の充実を目指すべきだと提言した。

高木氏は「政治とカネや閣僚の問題発言など自民党の失点があるので、今回は有権者が民主党に票を入れた」と述べ、民主党の勝利は「敵失」だったと分析した。

安倍首相の続投については、「国民の多くは安倍政権の現状に不満を持っていると、誰もが思わざるを得ない結果だが、(続投の是非は)政権の中で議論する話だ」と語った。(2007年7月30日:読売新聞)


参院選自民大敗は「地方の反乱」=麻生知事会長
全国知事会の麻生渡会長(福岡県知事)は30日、参院選での自民党大敗について、記者団に「地方切り捨てと言わざるを得ない政策が行われてきた。幾つかの敗因があると思うが、強調したいのは『地方の反乱』であるということだ」と述べ、地方の有権者の怒りが票の動きにつながったとの見解を示した。(2007年7月30日:時事通信)

スポンサーサイト

まれに見る下落に遭遇した? 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2007年02月28日 (水) | 編集 |
朝、会社で偶然友達に出会った時の友達の一言。
「今日の株はすごいことになるらしいよ。」

その言葉に気になって前場の途中で、何が起こっているか調べてみました。どうも前日の中国株式市場とNY株式市場急落を受けて、日経平均は700円を越す下げ幅になっているようです。前日終値が18,119円で踏みとどまっていたにもかかわらず、あっさりと18,000円を割り込んでいました。

帰宅後改めて値動きを調べますと、場が開いた9:01が本日の最高値で、後はパニック売りによる一直線の下落。9:21の17,383円前日比-737円が本日の最安値となっていました。

●始値 17,843.61 (09:01) ●前日終値 18,119.92 (07/02/27)
●高値 17,843.61 (09:01) ●安値 17,382.79 (09:21)

東証も急落、一時700円安
大幅安を示す東証日経平均株価のボード。下げ幅は一時、約6年9カ月ぶりに700円を超えた。海外株安や円高の進行を嫌気した。為替相場も1ドル=118円台まで円高が進んだ(時事通信社:2月28日11時15分 )』

【700円超の下げ幅!】【6年9ヶ月ぶり!】
なんとセンセーショナルな響きでしょう。確かに事実ではありますが。

さて、下表をご覧ください。
本日終値(D)の下落率で見ると、日経平均は3%弱の下落率に過ぎません。
(C)や(A)と比べてもあまり変わらないのです。つまり一日分のダメージとしては、必ずしも大きいものではないこと。それが証拠にライブドアショックの日(A)のマザーズの下落率11.8%と比べると可愛いものです。

指数(D)前日比(C)前日比(A)前日比
日経平均17,604-5162.9%15,467-3922.5%15,806-4622.8%
TOPIX1,753-593.2%1,580-332.0%1,632-382.3%
JASDAQ指数89.11-2.462.7%101.60-1.784.3%134.14-8.676.1%
ヘラクレス
指数
1,819-593.2%2,236-1018.4%3,818-4169.8%
マザーズ指数1,114-322.8%1,371-574.0%2,469-32911.8%
(D)は2007年2月28日、(C)は2006年5月31日、(A)は2006年1月17日

だから、心に留めておきたいのは、
 ●過去と比べながら、暴落の程度を冷静に判断する力を持つ。
 ●この程度の暴落ではびくともしないレベルで含み益を持つ。
 ●下落トレンドの中では、無理に投資しない。(脱投資中毒)
と言うところあたりでしょうか。

いずれにしても、まずは700円という値幅に驚くことなく、冷静に3%という騰落率でものごとを見ることができるようになりたいですね。

関連記事:暴落時に生まれる割安銘柄
関連記事:数字に正面から向き合う(1)

<NY株>急落 ダウ平均、一時546.20ドル安
27日のニューヨーク株式市場は、米国や中国の景気先行き懸念で急落し、ダウ工業株30種平均は一時、前日終値比546.20ドル安の1万2086.06ドルまで値を下げた。米同時多発テロ直後の01年9月17日(終値ベースで684.81ドル安)以来の下げ幅で、終値も同416.02ドル安の1万2216.24ドルと史上7番目の下げ幅を記録した。
ハイテク銘柄主体のナスダック総合指数も急落し、96.66ポイント安の2407.86で取引を終えた。
ダウは米景気への楽観的な見方を背景に今月20日に1万2786.64ドルの史上最高値をつけた。しかし、27日は中国・上海市場の株価指数が約10年ぶりの大幅下落となったのを引き金に、世界経済をけん引していた中国経済への警戒感が台頭。さらに、米設備投資の指標である1月の耐久財受注が前月比で大幅減少し米景気への先行き不安感も広がって、ダウは取引開始直後から売り一色の展開となった。
(毎日新聞:2月28日)』


参考:その後の顛末です。結果、非常にきつい下げが続くことになりました。

東証:日経4日間で1000円下落 世界同時株安止まらず
2日の東京株式市場は、前日の米国市場の株安や円高を嫌気し、日経平均株価は4日続落し、前日終値比235円58銭安の1万7217円93銭で取引を終えた。2月8日以来、約3週間ぶりに終値で1万7200円台に下落した。2月27日の中国・上海市場に端を発した世界同時株安は終息せず、日経平均の4日間の下げ幅は997円に達した。
TOPIX(東証株価指数)も4日続落し、終値は同18.52ポイント安の1721.59。東証1部の出来高は27億4500万株。
2日の中国・上海市場の上海総合株価指数は小幅上昇したが、韓国、台湾、インドなどの市場は下落した。「世界同時株安が長期化するのではないか、との懸念が市場に広がっている」(準大手証券)という。(毎日新聞:2007年3月2日)』

目標を実現する力 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2006年07月03日 (月) | 編集 |
新しく職場に来た人からちょっぴり感動する話を聞きました。振り返ってみても、会社の中で感動するような話に出会ったのは、何年ぶりのことでしょう。

さて、その新しく来た人の友人が若い頃、「おれはこの1,000万円するベンツに乗る」と言っていたそうです。周りのみなさんも、50万円しか持ってないその友人に対して、適当なほら話として聞いていたとのこと。まあ当然ですよね。でも、その友人は諦めませんでした。
ベンツずっと言い続けていたある日、「うちの親戚が海外に行くのでベンツを売りたいと言う人がいるが、会ってみないか」と持ちかけてくる人がいます。早速会ったところ、「中古だから750万円でよいよ」と言われた友人、さらに粘って500万円の値段を引き出します。でも、そのベンツは親に買ってもらったものなので、売主は目先の遊ぶ金が欲しかったのです。そして最終的には友人の粘り勝ちで、なんと350万円に。
手元の50万円と比べればまだ300万円足りませんが、新車の1,000万円と比べれば、650万円のディスカウント。この友人にかかれば、300万円などそれこそ親兄弟からかき集めればなんとかなる金額であって、結局念願のベンツを手に入れることができたそうです。
聞き終わった瞬間「何かの本のパクリっぽいなぁ」と思いましたが、でも素直に感動しました。

この話の素晴らしいところは、二つあります。一つはしっかりとした目標を持つこと。もう一つは目標を言い続けること。他人にばかにされようが一切気にせず言い続けていたおかげで、結果的に幸運をぐいと引き寄せた訳です。

もう何が言いたいか分りますよね。
自分が投資をする理由・目的をはっきりとさせ、次に目標(金額・年数)を具体的に設定する。設定した目標に対しては、強い意志を持ちどうやって実現していくか考え、行動する。
株のブログを作った人の中には、暴落に嫌気がさして更新を休み最後は閉じてしまう人がいます。もちろん、個人の自由ですからとやかく言うことではないのですが、それを見るたびに「この人は何のために投資を始め、何のためにブログを書いていたのだろう」と思ってしまいます。

最後に新しい相互リンクの紹介です。
プロジェクト2006 ~長期スイングで 利益をゲット (吉田 司さん)
吉田 司さん
吉田 司さんは最近ずっとコメントを頂きました。大阪の投資サークルのトレーダー部門を担当とのこと。これだけですごい人のような気がしますね。
(後日注)
その後一度お会いする機会に恵まれました。とても活動的な人でしたよ。
テーマ:情報商材
ジャンル:株式・投資・マネー

現在位置を確認すること 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2006年05月16日 (火) | 編集 |
昨日は、長期投資友達のまあちんさんと月曜日から深酒をしてしまいました。と言うことで、出社までの時間を利用して軽めの記事を一つ。

たったいまGoogleで『投資信託』をキーワードに検索してみました。
11,700,000件がヒットして、なんと29番目。一画面に10件表示されるので、カチカチと2回マウスをクリックすると表示される位置にあります。上位の28件はほとんどが証券会社などですので、よくもまあこんなポジションにあるものだと感心してしまいました。

さて、ゆうちゃんパパは、自分のポジション(現在位置)と言うものを大事にしています。なぜ大事にするかというと、特にNPOやボランティア活動において、あまりにも中心位置に近づき過ぎると、見えなくなるものがあるからです。
それは「一般会員の気持ち
人と人の和中心人物はほとんどの場合、前に前に進もうとやってしまいます。そして、自分が先に進みすぎているのに、『みんなの熱意が上がらない』と他者を攻めていくことになる。これは、パフォーマンスマネジメントで言う『個人攻撃の罠』ということなります。ですから、ゆうちゃんパパは中心からはちょっとだけ距離を置いて、組織全体を見回せたらいいなと思っています。

過去のどんな戦いにおいても兵糧の確保は大事になります。戦線を拡大しすぎると兵糧が必ず追い付かなくなります。兵糧部隊が追いついてくるまで、待つことが必要なのです。つまり突き進むことよりもみんなでの底上げというものを大事にしています。縦に細くに進むのではなく、横に広く進めていくイメージですね。『全体の底上げ』これはゆうちゃんパパの組織論でもあります。

『現在位置の確認』と言うことでもう一つ。
やったことはありませんが、サーフィンは足の届く範囲、波のおだやかなところでやる分にはおぼれることはないでしょう。しかし、サーファーの習性上、どんどん大きな波やスリルを求めていくことは仕方がないのかもしれません。この時に、実力が伴わなければ、大きな波に飲まれてしまう。ましてや泳げもしないのであれば、いつかおぼれてしまうことになろうかと思います。

ここは投資のブログなので、それを投資にあてはめてみますね。
例えばデイトレでワンティックを抜くことにはまってしまう。そしてパソコンをもう一台、ディスプレイをもう一つ買って、さらに進んでいく。レバレッジを効かすために、信用取引をやったり借入金で資金を増やす。ひいてはボラリティの大きな新興市場の上場直後の銘柄に進んでいく。
しばらくは勝てるかもしれません。しかし、勝ち続けるとなると…やはり、自分の実力を確認することが必要だと思います。株式投資はある意味ゼロサムゲームですから、ゲームの相手との彼我の差、つまり自分がどれくらいの位置(ポジション)あるかを冷静に分析することは、勝ち続けるための大事な作業なのではないかなと思っています。

自己分析は、現在位置を確認するための大事な作業

話まとまっているでしょうか…。
テーマ:投資信託
ジャンル:株式・投資・マネー

売ることは買うことより難しい? 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2006年05月08日 (月) | 編集 |
最近、多くの方にコメントを頂くようになりました。また、ランキングボタンを押してくれる優しい人もたくさんいます。本当に訪問者思いのブロガーさんは、来てくれた人の労力に報いるために、毎日更新しているようです。

ゆうちゃんパパはついつい重たい記事を書く癖があるため、2日に一度しか更新できない時があります。しかし、それは言い訳なのかな。。。さらりとでも何か書けたらいいなと思います。

そこで、不定期とはなりますが、『本の書いてあることに、こっそり反論してみよう』シリーズを。その第一弾として…
株は買うことよりも売ることが難しい。なぜなら売る時には欲が働くから

これ、50%正しいと思います。でも、50%は甘いと思います。つまり、買値に関する前提条件が無い。もし、圧倒的に安く仕入れることができたなら、これは変わってきます。ゆうちゃんパパは過去に10倍になった銘柄を買っていたことがありますし、今も買値から5倍になった銘柄をずーっと持っています。そしてこの銘柄を売るのは、企業として成長が止まりそうな時と決めています。こんな場合、10~20%程度の上下はあまり気になりません。

売り時でよく迷っている人、大半は「高いところで買ってるから、落ちてマイナスになる恐怖に耐えれない」では無いかと思います。こういう場合、ほとんどが薄利を追い掛け回すことになってしまいます。

買うタイミングでは、安く買うにはどうすればよいのでしょうか?基本的には、株価が下がっていく時に買うことだろうと思います。株価グラフをイメージすると、Uの字の前後で買うのです。このUの字は比較的中期投資のイメージです。
ライブドアショックのような短期間では、UがVになります。株式市場の事故で鋭角的に全体が下げた時には大きなチャンスです。
つまり、
  一時的な悪材料で、市場全体が大きく下げる
            ↓
個人投資家が先を争って投げ、大きく下がった新興優良銘柄を買う
            ↓
        急激に反発する
            ↓
     元の値段に戻ったら売る
という構図です。
もちろん、全体が下がった時には、自分の持ち株も下がっていますから、他の株を買う余裕がないでしょう。実はこれが最も改善したい点です。『常に半分は現金で残しておく』これなかなか出来ないけど、肝に銘じておきたいですね。

そして、株中毒、つまり常に相場に関わってないと手が震える、これを治すことが相場に勝てるようになる第一歩でしょうか。心の戦いというやつですね。では、どう治す?
それは、ずばり自分の中の「なぜ株式投資を始めたか?」この目的と何度も照らす『自問自答する』ことです。言うなれば、禅問答みたいなものですね。

『現金を残すこと』や『安く買うこと』は、個人投資家にとって『分かっているけど出来ない』永遠の宿題なのかもしれません。("宿題"という言葉は桃ちゃんのコメントから頂きました)

話が脱線してしまいました。今回言いたかったのは、『安く買うプロセスが大事なのであって、売りはその後の結果系のプロセスに過ぎない』ということです。この『買い』のプロセスは詳しく書いてみたいと思います。
話に脈絡が無くてごめんなさい。

売ることよりも、買うことに全神経を集中する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。