FC2ブログ

我が子のために株式投資 「負けない投資」

不祥事だらけの年金運用、派遣切りに代表される格差社会。足元まで迫った中国。こども達に何を残せるのか 【自分と家族】のための資産づくりを! [福岡発]
将来のお金をしっかりとためよう!(mixiコミュニティ)
ソーシャル・ネットワーキング サービス『mixi』 お悩み解決、初心者の株式投資♪  http://c.mixi.jp/hatsukabu
お悩み解決、初心者の株式投資♪株式相場が回復の兆しを見せている今、投資を始めたい方には大チャンスです!
このコミュニティでは、「未来のための資産作り」をみんなで和気藹々と語り合いましょう。
お気軽に参加してくださいね♪ (参加方法
◆イラストご提供:「株初心者みはるん コバンザメ資産運用」さま

ビックカメラ 架空利益計上 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2008年12月26日 (金) | 編集 |
人気ブログランキングです人気ブログランキングに参加しています。
バナークリックで、応援してくださいね。

ビックカメラ(3048)が不正経理をやらかしたと本日のニュースが飛び込んできました。今まで、不祥事を起こした企業が大きく売り込まれた時の反発を 狙って、伊藤ハム、サイゼリヤと大きく儲けさせてもらいました。

では、ビックカメラのケースはどうでしょう?

過去色々見てきましたが、 今回は「見送り」だと思います。
その根拠は、
●意図的であるかは分からないが、悪質であること。
●いつさらなる問題が出てくるか分からないこと。(=信じられない)
●問題の程度に応じて、最悪上場廃止かもしれないこと。

会社は問題を限定しようとしていますが、会長自ら不正に関わるような企業が言うことなど信じられるはずがありません。だから心情的なもの以上に、続々と不正が出て来かねないことへのリスク、最悪のシナリオを想像しておく。

投資家として「負けない投資」を心がけておきたいものです。

ビックカメラ、不動産流動化に伴う会計処理の誤りで過年度決算を訂正
ビックカメラ <3048> は25日、2002年8月に行った池袋本店と本部ビルの不動産流動化に伴う会計処理の認識に誤りがあったとして、過年度決算を修正することを発表した。
修正の額等に関しては訂正内容の詳細が明らかになり次第、発表するとしている。
同日付けの読売新聞の報道によるとビックカメラは2002年8月に池袋本店と本部ビルを同社が5%弱を出資している特別目的会社(SPC)に290億円で売却。その後、2007年10月に311億円で買い戻した際に、SPCの清算配当金として受け取った49億2000万円を今年2月期中間決算で利益として計上。
しかし、日本公認会計士協会の会計基準では出資比率が5%以上の匿名事業組合を経由して不動産流動化を行った場合、これらのスキームは不動産を担保とした資金調達となり、売却益は利益とは見なされないことが過年度決算の修正の要因となった模様だ。

同社では「今回の会計処理の見直しは進行年度の平成21 年8 月期の個別決算および連結決算における損益への影響は軽微である見込みです」と述べている。
(08年12月25日:テクノバーン)


人気ブログランキングパパポチ
←お友達のビヨちゃんに作ってもらいました。可愛くてお気に入りです。応援ポチをお願いしますね。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
一年間がんばったご褒美として、温かい「かに鍋」で過ごしたいものですね

サイゼリヤ 最強材料ストップ高 (2)/売り買いしてみました 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2008年12月12日 (金) | 編集 |
全5回シリーズの最終回です。よろしければ最初の記事、ハゲタカについばまれる!(デリバティブ) よりお読みください。
昨日大爆発の200円ストップ高を演じたサイゼリヤ、明けた今日が勝負の正念場であり、値動きを観察することが有形無形の勉強になる日でもあります。
まず今日の結果です。前日比61円高の1,318円で終了し、2日続けての上昇となりました。
サイゼリヤ、12月12日

ここでみなさまに報告です。
デリバティブ問題を端にサイゼリヤを色々な角度から分析した結果、実は果敢にも買っておりまして、本日無事に売却いたしました。

<へたれ取引をしてしまいました 1>
8:20頃の寄り前最初の気配値は1,457円ストップ高を見せていたものの張り付きするには明らかに株数が少ない。その後徐々に気配値を下げ、9:00の場が開いた頃まで変わらず、たった30千株程度の買い超でスタート。

これは落ちる!(=あっさり値が付く)」

ここ1週間の値動きの特徴から「朝高後一本調子で下げる」傾向があったのと、値動きが複雑で売り買いのしこり玉数が読めなかったことから、寄り付きにて持ち越し分の返済売りを1,297円にて敢行しました。
ところが、その後あれよと言う間に上昇。もうちょっと我慢していれば1,360円くらいでは売れたでしょうから、実にチキンな取引をしてしまいました。
【結果:+217,813円
サイゼリヤ、12月12日の勝負結果

<へたれ取引をしてしまいました 2>
持ち越し分の2,000株を手放して気分がすっかり軽くなったことから、さび付いたデイトレ能力がどれくらいになっているのか腕試ししてみたくなりました。
上下に激しい値動きに戸惑いながらも、1,319円信用売りでエントリー。読みは良かったものの値動きが早くてついていけません。。。。
むらやんゆきゆさんを始めとして今のデイトレーダーさんはこんな速さで戦っているんですね。尊敬すると共に数年前との値動きの違いを肌で感じました。

取引画面も通常のものであったため、注文画面に入力している間にどんどん値段が動きます。結局、1,319円の同値撤退がやっとでした。注文の早い画面であったら、1,290円くらいを取れていたかもしれません。
【結果:-1,921円

<へたれ取引をしてしまいました 3>
その後、一進一退の値動き・投下株数を見ながら、これは瞬間的に上がると確信。1,335円まで上がった時点で1,340円の買い注文を入れにかかりました。ここでまたもや先ほどと同じところ、注文画面の入力の遅さであっという間に駆け上がり、買ったところは1,368円。その後、1,435円まで上昇したもののよくばりすぎたため、結局1,407円でやっと売ることができました。

もう少し、自分に欲がなかったらと反省することしきりです。
【結果:+33,395円

サイゼリヤ、サイゼリヤ、12月12日の売買記録

最高にヨミが冴えてれば、あと20万円は取れていたなぁ、と後味の悪い取引となりましたが、日経平均が484円下落した中では、勝てたこと自体ありがたいと思い直しました。人間、謙虚でありたいものです。

株取引に「たら・れば」は禁物です!

この記事が最終記事になります。ありがとうございました。
関連記事1:ハゲタカについばまれる!(デリバティブ) (2008年11月25日)
関連記事2:デリバティブ大損失後の値動き(1) (2008年11月30日)
関連記事3:デリバティブ大損失後の値動き(2) (2008年12月02日)
関連記事4:サイゼリヤ 最強材料ストップ高(1) (2008年12月11日)
関連記事5:サイゼリヤ 最強材料ストップ高 (2) (2008年12月12日)
テーマ:投資日記
ジャンル:株式・投資・マネー

サイゼリヤ 最強材料ストップ高(1) 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2008年12月11日 (木) | 編集 |
全5回シリーズになります。よろしければ最初の記事、ハゲタカについばまれる!(デリバティブ) よりお読みください。
巨額のデリバティブ損失を出したサイゼリヤ(7581)が、昨日夜デリバティブ契約の解除を発表しました。
当然のごとく、本日は上昇から始まりあっという間にストップ高。
サイゼリヤ、12月11日

ニュースで出ている要因以外に以下のポジティブなこじつけができますから、この上昇は当然でしょう。
●返済資金は銀行からかなりの部分を調達していること。
●よって自己資本はあまり崩さずにすみ、本業の資金繰りに影響が少ないこと。
●返済のためのファイナンス(最悪)を行わなかったこと。
●今期予想が出るのが来年1月で、それまでは悪材料が出ないこと。
●外食産業の勝ち組と目され、人気銘柄であること。
●九州地方などまだまだ進出の余地があること。
●社長の態度が一貫して誠実であったこと。

また、11月28日から適度に出来高をこなしながら、1,200円あたりで適度に売り買いが交錯していますから、ロケットの推進力としては十分といえます。

サイゼリヤ、反転急騰

では、今後どうなるか。
本日、さすがに1,868千株と久々の大商いになりましたが、これも11月28日の12,639千株、12月1日の9,767千株と比べると桁が違います。
また、本日3,070千株の買いを残してのストップ高です。しかも終値の1,257円は12月1日のしこり玉1,255円とわずか2円差ですから、ここから1,750円までは実質の真空地帯です。
勝ち組のサイゼリヤが悪材料をばっさりと切り捨てた現在、どこまで上がるか見ものですね。明日一日ストップ高(1,457円)して翌月曜の勝負となるか、週末持ち越しを嫌って1,400円くらいで終わるか、面白い展開となりそうです。半値戻しもこの辺ですしね。

しかし、BNPパリバが1,200円台で売りを入れながら自然落下させた後、少しずつ拾っていたと考えるのは邪推ですかねぇ。。。
ザ・インサイダー、やつらなら、やるかもしれません(笑)

サイゼリヤ、反転急騰

サイゼリヤ(7581)がデリバティブ解約発表受けストップ高
低価格のイタリア料理店をチェーン展開するサイゼリヤ <7581> が200円高の1257円ストップ高に買われ、後、ストップ高買い気配となっている。同社は10日、BNPパリバ証券とのデリバティブ(金融派生商品)契約を解約したと発表したことが手がかり材料。
今2009年8月期通期業績で経常赤字に転落する見通しだが、損失が確定したことやデリバティブ損が伝わった後、株価が大きく下落していたことから、買い戻しなどが先行している。

デリバティブ契約は食材輸入に必要な外国通貨の調達に関連して契約したものだが、その後大幅な円高豪ドル安に転じたことから損失が拡大した。解約に伴う153億円の損失は2008年9ー11月期連結決算に計上する。解約費用は自己資金と金融機関からの借り入れで充当する。
株価は、好業績の消費関連株人気に乗り11月14日には年初来高値1868円を付けたが、その後、連続ストップ安を挟み急落。12月3日には994円まで下げていた。なお、12月5日現在の信用倍率は1.17倍と拮抗しており、売り方の買い戻しが入りやすくなっていた。(情報提供:ストック・データバンク&チャートブック編集部)
(08年12月11日:サーチナ)


最終回サイゼリヤ 最強材料ストップ高 (2)に続きます
関連記事1:ハゲタカについばまれる!(デリバティブ) (2008年11月25日)
関連記事2:デリバティブ大損失後の値動き(1) (2008年11月30日)
関連記事3:デリバティブ大損失後の値動き(2) (2008年12月02日)
関連記事4:サイゼリヤ 最強材料ストップ高(1) (2008年12月11日)
関連記事5:サイゼリヤ 最強材料ストップ高 (2) (2008年12月12日)

サイゼリヤ デリバティブ大損失後の値動き(2) 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2008年12月02日 (火) | 編集 |
全5回シリーズになります。よろしければ最初の記事、ハゲタカについばまれる!(デリバティブ) よりお読みください。
さて、デリバティブで損失140億円を出したサイゼリヤ。後学のためにその後の値動きを記録しておきます。

以下が2日目(12月1日)の値動きです。前日の静かな様子からうってかわって前日比105円、9.5%の上昇となっています。
サイゼリヤ、2日目最下段に載せております日証金の貸株・融資残高を見てもらうと分かりますように、この日の1,100円~1,200円の間で信用のポジションが交錯していることが分かります。

次に3日目(12月2日)の値動きです。
サイゼリヤ、3日目前日の上昇分を3割打ち消すように、終値33円の下落で終了しました。朝方は力強い上昇を見せていましたが、533.53円という大幅な日経平均の下落に伴い買い方が手仕舞いしたのでしょうか。
いずれにしても前回の伊藤ハムの時と違い、信用動向・値動き共に読みづらいですね。140億円もの損失金額に短長期の強弱感が対立しているような気がします。また、ここ数日間のボラリティが大きいため勝負が早くなっているのかもしれません。
【貸株・融資残高(単位:千株)】
申込日11/2011/2111/2511/2611/2711/2812/112/2
貸株
(売)
新規27.610.329.731.838.1213.1500.4
返済18.260.79.16.072.0722.168.0
残高903.5853.1873.7899.5809.3356.6789.0
融資
(買)
新規000056.3366.023.4
返済2.60.20000125.2
残高0.200056.3422.3320.5
差引903.3853.1873.7899.2809.3-65.7468.5
前日比+12.0-50.2+20.6+25.8-90.2-875.0534.2
逆日歩(円)0.10.20.630.100.05
株価(円)17911785148512851085110012051,172
出来高658.6568.170.554.7423.612,639.49,767.05,133.8

サイゼリヤ 最強材料ストップ高に続きます
関連記事1:ハゲタカについばまれる!(デリバティブ) (2008年11月25日)
関連記事2:デリバティブ大損失後の値動き(1) (2008年11月30日)
関連記事3:デリバティブ大損失後の値動き(2) (2008年12月02日)
関連記事4:サイゼリヤ 最強材料ストップ高(1) (2008年12月11日)
関連記事5:サイゼリヤ 最強材料ストップ高 (2) (2008年12月12日)

サイゼリヤ デリバティブ大損失後の値動き(1) 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2008年11月30日 (日) | 編集 |
全5回シリーズになります。よろしければ最初の記事、ハゲタカについばまれる!(デリバティブ) よりお読みください。
デリバティブ取引で140億円もの穴を開けたサイゼリヤ(7581)。2日連続ストップ安の後、あっさりと大商いが成立しました。始値1130円の後、高値は1175円。終値は前日比15円高の1100円ですから、面白味には欠けました。「値付き後、一本調子で急上昇」とまではいかなかったようです。
サイゼリヤ、1日目

マルゲリータピザ、399円実は、「もう一日ストップ安する」ことを待っておりまして、少々中途半端な位置で落ちてしまったなとの印象です。さすがにファミレス業界勝ち組のサイゼリヤ。みなさん考えることは同じで、ここいらが適正価格と考えたみたいですね。(ピザ1枚、399円とは安いですねぇ)
例によって日証金の貸株・融資残は下表のようになります。11月28日は、通常の20倍実に12,639,400株の出来高をこなしており、発行済み株式数の1/5弱にも相当する取引量です。また注目したいのは、11月26日の逆日歩3円。まだ11月28日の日証金の残高は発表されていませんが、逆日歩の値段次第では需給のみで面白い相場になるのではないかと注目しています。

【貸株・融資残高(単位:千株)】
申込日11/2011/2111/2511/2611/2711/28
貸株新規27.610.329.731.838.1
返済18.260.79.1672
残高903.5853.1873.7899.5809.3
融資新規000056.3
返済2.60.2000
残高0.200056.3
差引903.3853.1873.7899.2809.3
前日比+12.0-50.2+20.6+25.8-90.2
逆日歩(円)0.10.20.6/330.1
株価(円)179117851485128510851100
出来高658.6568.170.554.7423.612639.4

前回の伊藤ハムの時と違い、今回のサイゼリヤは以下の3つの点で諸手を上げての買い参戦を見合わせております。(中立スタンスです)
●資金繰りについては不透明である
●上値余地が小さく面白くない
●発表時のレートが65円/豪ドルで、今月末の63円は損失が拡大方向である

参考1:デリバティブ評価損発生見込みに関するお知らせ
参考2:第31期有価証券報告書
ただし、後学のために動向はしっかりと掴んでおきたいと思います。
サイゼリヤ デリバティブ大損失後の値動き(2)に続きます
関連記事1:ハゲタカについばまれる!(デリバティブ) (2008年11月25日)
関連記事2:デリバティブ大損失後の値動き(1) (2008年11月30日)
関連記事3:デリバティブ大損失後の値動き(2) (2008年12月02日)
関連記事4:サイゼリヤ 最強材料ストップ高(1) (2008年12月11日)
関連記事5:サイゼリヤ 最強材料ストップ高 (2) (2008年12月12日)