我が子のために株式投資 「負けない投資」

不祥事だらけの年金運用、派遣切りに代表される格差社会。足元まで迫った中国。こども達に何を残せるのか 【自分と家族】のための資産づくりを! [福岡発]
将来のお金をしっかりとためよう!(mixiコミュニティ)
ソーシャル・ネットワーキング サービス『mixi』 お悩み解決、初心者の株式投資♪  http://c.mixi.jp/hatsukabu
お悩み解決、初心者の株式投資♪株式相場が回復の兆しを見せている今、投資を始めたい方には大チャンスです!
このコミュニティでは、「未来のための資産作り」をみんなで和気藹々と語り合いましょう。
お気軽に参加してくださいね♪ (参加方法
◆イラストご提供:「株初心者みはるん コバンザメ資産運用」さま

スポンサーサイト 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミナー:カブドットコム証券 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2006年02月27日 (月) | 編集 |
目前に迫った確定申告の期日を気にしつつ、今日はお友達のokuchanと一緒に株式のセミナーに行ってきました。去年の今頃にFXのセミナーに行ったのが最後ですから、株式のセミナーは本当に久しぶりです。そのセミナーは、カブドットコム証券主催の【カブ四季総会:福岡】。

会場は、福岡市の中心にあるエルガラーホール。「どこかで見た場所だなぁ」と思っていましたが、会場に入ってピンと来ました。松井証券が大きくなりつつあった時に宣伝した会場と同じです。もう5年以上経ちますから、松井道夫社長の直筆本を見ながらちょっとばかり年を取ったことを自覚しました。。。

さて、その中身ですが、3部に分かれていました。
【1】カブドットコム証券の経営報告会
カブドットコム証券セミナー1齋藤社長や同社の雨宮 猛さん、臼田さんが登場し、経営状態を報告して行きます。ここから分かったことは、同社を始めとしてオンライン証券会社の業績が好調なことです。(しかも利益率がすごいんですね) 特にライブドアショックがあったにもかかわらず、この1月の新規顧客獲得数はすごいものがありました。
報告スタイルも一方通行なものでなく、事前やその場で募集した質問に各役員が懇切丁寧に答えて行く姿は、とても好感が持てました。特に「コールセンターへのお叱り」には真摯な回答、「手数料の値下げ」については適正利益確保の観点から慎重な回答をした点には、株主になって応援したい気にもなりました。本日一番の収穫は、経営者の肉声を聞くことができたことですね。実際に後で知ったことですが、このセミナーは株主さんたちも出席されていたようです。

【2】株式投資セミナー(1) 「当面の相場見通し」
(講師:カブドットコム証券 マーケットアナリスト 山田 勉さん)カブドットコム証券セミナー2
「さすがに山田先生は器が違う」印象でした。アナリストと言うよりプロの講釈師のような・・・巨大スクリーンを前にちょこまかとうごく姿は、まるでチャップリンのようでもありました(笑)市場や相場の見通しにも納得する点が多かったのですが、むしろ山田先生のとつとつと語った一言が心に残りました。『人間3食を食べれればそれでいい。それ以上に食べたいとは思わないんだ。同じようにお金も使う分だけあればいい』
心に染みる一言でした。

【3】株式投資セミナー(2) 「どうなる日経平均!企業業績から未来を占う」
(講師:インフォストックスドットコム チーフアナリスト 鈴木 一之さん)カブドットコム証券セミナー3
山田先生とタッグを組んで、TVに出られているそうですね。投資顧問業をされているそうですが、この日のために18社のお宝銘柄を持ってきてくれました。(なかなか納得いく説明ばかりでしたよ)個別銘柄の紹介も良かったのですが、話を聞いて改めて思い出したことがあります。それは『株価は実体経済の先を行く』と言うことです。つまり、『足元の経済が好調でも株価が落ち始める可能性がある』と言うことですね。結果は半年以上先にしか分かりません。

そんなこんなであっという間の3時間半でしたが、500人の出席者で会場を埋め尽くしたさまは壮観でした。また、数年前のセミナーと比べて出席者の幅が広がった気がします。ものすごく主観的ですが、20~30歳代の若い世代よりも40~50歳代のパワーを感じました。いつまで経っても勉強の心を忘れないようにしたいものです。たまにセミナーに行くと刺激されるものがありますよ。


日本ブログ大賞<マネー部門>の投票期間が終わりました。
温かい応援、本当にありがとうございました。
ちぃさん、staygoldさん、okuchanさん、あにぃさん、マッチさん、
nani
さん、Maniacloveさん、あにょさん、soraさん、caseyさん、
spiral_blueさん、笑顔整体の院長さん

スポンサーサイト

お友達を応援(Maniacloveさん) 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2006年02月24日 (金) | 編集 |
Maniacloveさん(あくまでイメージ)「■■株と鬼嫁と3億円■■」の作者Maniacloveさんがチベットでの修行から帰るなり困っているようです。
(その記事
なんでも、この2月の急落でやられたところに、鬼嫁さんから「お金を返せ」と言われてダブルパンチ。
……
一読者として、毎日はらはらしながら顛末を読ませてもらっています。とても面白い記事が満載ですので、ご覧になると病み付きになること間違いなしです。それと、励ましてあげてくださいね!

Maniacloveさんのブログってこんな感じ>
Maniacloveさん(あくまでイメージ)●本当に鬼嫁さんに頭が上がらない(らしい)。
●息子のひろくんはとってもかわいい。
●無くした指輪がまだ見つかっていない。ウルトラC中。
●たまに鬼嫁さんのことをのろけている。
●文才豊富でたくさんの読者がいる。
●投資度胸がすばらしい。

実はここまで暴落しまくっていることを嫁には言っていない。
最後の報告はマネックスショックから立ち直り550万円程度まで資産を戻している2月の初旬だった・・・
4月中にはなんとか元金まで戻してから嫁に報告と思っていたが突然の100万円捻出指令
マジでヤバイ・・・
更に220万円を450万円に戻すのは爆リバを丁寧に拾っていけば2ヶ月くらいで可能かもしれんが120万円を350万円に持っていくのはムリぽ・・・・
嫁に素直に土下座するか・・・
いや・・・
土下寝でも済むまい・・・
・・・・・・
・・・・・
どうする?アイフル~

暴落時に生まれる割安銘柄 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2006年02月20日 (月) | 編集 |
はじめにお断りしておきますが、当ブログでは個別銘柄の推奨はしておりませんのでお含みおきください。その上での今回の紹介です。

さて、下表の(A)と(B)は、どの時点での相場か分かりますか?
指数(B)前日比下落率(A)前日比下落率
日経平均15,437.93-275.52-1.8%15,805.95-462.08-2.8%
TOPIX1,572.11-33.22-2.1%1,631.61-38.54-2.3%
JASDAQ指数108.95-5.73-5.0%134.14-8.67-6.1%
ヘラクレス指数2,491.12-229.62-8.4%3,818.29-416.23-9.8%
マザーズ指数1,488.88-134.62-8.29%2,469.89-329.17-11.8%
(B)は本日2006年2月20日、(A)はライブドアショックのあった1月17日の終値です。(A)の後、何営業日かにわたって深く突っ込み、その後鋭角的に(A)を上回るまで回復したものの外国人の売り越しを浴びて連日の下落。その結果が(B)になります。
(A)と(B)の一つ一つの指数を比べてみますと、日経平均やTOPIXの5%に対して、JASDAQ,ヘラクレス,マザーズ指数はそれぞれ20%,35%,40%の差が見られます。ライブドアの寄与度の大きいマザーズ指数は別にして、ヘラクレス指数は資産の1/3が吹き飛んだ形になります。しかもたったの1ヶ月で。昨年、日経平均が1万4千円からするすると1万6千円まで上昇したと言っても14%程度。いかに現在の下落幅が大きいかと言うことが分かります。

もちろん、人によって主戦場は違うでしょうが、多くの個人投資家が集う新興市場では、レバレッジをかけて戦う分だけ下落の幅が大きいことを肝に銘じておきたいものです。そして、高値のババ掴みの原因である群集心理から一歩引いた買い方ができれば良いと思います。具体的には、今日のように下がる環境で買えることです。もう一段の下落があったとしても、(B)から(A)に回復する過程で30%の利益を得ることができるのです。半年くらいかかるかもしれませんが、これが中期投資の真髄だろうと思います。

パシフィックネットここからが本題です。
このような最悪の相場環境の中でパシフィックネット(3021)が本日マザーズに上場しました。この会社は中古パソコンの再生・販売を強みとするユニークな会社で、その成長率を考えると公募価格29万円(PER25倍)の2倍程度60万円(PER50倍)が、事前の初値のコンセンサスと考えられていたようです。

ところが、場の開始直前の気配値は34万円程度であり、場が開いても32万円台で約定しそうになる始末。主幹事コスモ証券の面子もありますから力技で39.5万円の初値を形成させますが、地合には勝てませんでした。40分後の前引け頃につけた42.8万円が本日の高値で、最後は34.5万円ストップ安と惨憺たるスタートとなってしまいました。
(公募で持っていた1株は、このやばげな雰囲気を察知して初値形成直前に成り行き売りをかけました。38万円台での約定でしたが、満足しています)

明日も相場環境や失望売りで公募価格近辺まで売り込まれるかもしれません。しかしながら、来期20%の成長を見込んだ時に株価50万円程度(来期でのPER40倍)はそれほど高くないと思われます。地合が好転した数ヵ月後のフェアバリュー(妥当な価格)として50万円を考えてよいのではないかと思います。IPOへの投資の醍醐味の一つとして、このような暴落時に生まれるユニークな企業への投資にもあるかもしれません。

ただ、ゆうちゃんパパはこの会社を買わないと思います。FISCOが事前に書いていた【IRページが無いこと】はイメージが悪いですし、実際に会社のHPからメッセージを感じることができないからです。このような面も投資の尺度として大事にしています。

新興暴落時のIPOにはチャンスがころがっている
テーマ:初心者の株
ジャンル:株式・投資・マネー

お友達を紹介(spiral_blueさん) 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2006年02月18日 (土) | 編集 |
残念ながら、spiral_blueさんは2006年07月08日にブログを閉鎖されました。
やろうやろうと思ってできないことってありますよね。ブログで言えば、このお友達紹介もその一つです。2005年の12月にnaniさんを紹介して以来、「あの人とあの人を紹介したいな」と思いつつ、ついつい他に書きたい記事を優先させておりました。
今回は、spiral_blueさんを紹介いたします。

お友達紹介spiral_blueさんは、ゆうちゃんパパのブログを開設した1ヵ月ちょっと後に温かいメッセージを書き込んでくれ、それ以来の大切な相互リンク先となっています。まだお会いしたことはありませんが、株式投資で資産を作られた後は、「全国の投資友達と会いたい」との素敵な夢を持たれています。
さてさて、そのブログですが、リンクを張った最初の頃は『よくあるタイプの個別銘柄推奨のブログ』と正直思っておりました。ところが、何度か訪問してみると、銘柄推奨ではなく銘柄紹介ということが分かり、オンライン証券の紹介など、多くの投資に役に立つ情報が満載されていることにも気づきました。また、紹介している銘柄に対する思い入れが強く、かつ良い銘柄が多いのです。
特に、シンプレクス・テクノロジー (4340)は紹介記事を見てなるほどと思い、ゆうちゃんパパが「週末にでも調べて買おう」と思っている間に、あっという間に駆け上がってしまった銘柄です。今でもspiral_blueさんのブログにお邪魔する度に彼に愚痴ってしまいます(笑)

<spiral_blueさんのブログで感心したこと>
●明確な目的を持たれている。
●投資対象がぶれない。
●新興市場を中心にしっかりとした投資をされている。
●人に優しい。

本当にいつか酒を酌み交わしたいものです。

お友達紹介第二号として、spiral_blueさんを紹介致しました。

<spiral_blueさんから頂いたコメント:2005/10/29(土) 10:20>
ゆうちゃんパパさん、はじめまして。
カブログランキングの紹介文に惹かれてやってきました。

私も信用をやり始めた後、手痛い失敗をしたんですよ。
新興分割バブルの時に始めたのですが、某IPO銘柄が
分割を発表した次の日から一気に下落を始めましたよ。
その時は損切りがうまくできなかったので逃げ遅れ、
こっぴどくやられました。

当時のあの経験があったからこそ、損切りをしっかり
行えるようになったので、いい勉強だったと今では
思っています。

私の場合、短期投資も楽しんでいますが、本当に
利益になるのは中長期で選んだ銘柄が多いですね。
短期は出入りが激しくて^^;

300円で買える情報 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2006年02月07日 (火) | 編集 |
情報の見方について前回色々と書きましたが、どちらかと言うと情報が入ってから後の処理方法(分析)についてでした。次の4つのステップに分けると、3と4に該当します。
 1.アンテナを張り巡らせ、自分に役に立つ情報を拾う。
 2.拾った情報を更に取捨選択する。
 3.表面的な文脈と、裏に潜む内容を照らして情報を理解する。
 4.情報から、次の行動を決める。

さて、1の『情報を拾う』ですが、みなさんはどんなソースをお使いですか?日経新聞?株の雑誌?それともyahoo!掲示板?(意外と『インターネット』と言う一括りで言い表せたりもします。)

情報を得るそんなたくさんの情報源の中でゆうちゃんパパがお勧めするのは、FISCOの『日本株分析』です。月額300円(税抜)で一日二回、相場の前後にメールマガジン形式で発信されてきます。数ヶ月間購読してみましたが、ここのコメントは概ね当たっているような気がします。
もちろん相場は生き物ですから『絶対』と言うことはありませんが、大きな視点で見た時に、このメルマガに書かれている『オープニングコメント』の相場観はかなりいい線を行っていると思います。
到来時期の遅い早いはあっても、相場の転換期を自信を持って予想しています。(相場にあわせてコメントを変化させることもありますが…)

株式投資と言うとつい個別銘柄に目が行きがちになってしまいます。昨今の上昇相場で分かるように株というものは基本的には同じ方向を目指して上がるか下がるかする訳です。つまり全体が動く方向を予想できれば勝率も自然と上がるのではないでしょうか?

株式投資では、情報に対する判断力を養うことはもちろん、役に立つ情報を拾う感性を養うことも大事になります。月額たったの300円です。当たるも八卦当たらぬも八卦、機会があれば、まあ、だまされたと思って読んでみてください。数万円もする投資顧問の情報に踊らされて大損するよりも何倍も良いかもしれません。

なんにせよ投資を始めるからにはしっかりとした情報源を持ちたいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。