我が子のために株式投資 「負けない投資」

不祥事だらけの年金運用、派遣切りに代表される格差社会。足元まで迫った中国。こども達に何を残せるのか 【自分と家族】のための資産づくりを! [福岡発]
将来のお金をしっかりとためよう!(mixiコミュニティ)
ソーシャル・ネットワーキング サービス『mixi』 お悩み解決、初心者の株式投資♪  http://c.mixi.jp/hatsukabu
お悩み解決、初心者の株式投資♪株式相場が回復の兆しを見せている今、投資を始めたい方には大チャンスです!
このコミュニティでは、「未来のための資産作り」をみんなで和気藹々と語り合いましょう。
お気軽に参加してくださいね♪ (参加方法
◆イラストご提供:「株初心者みはるん コバンザメ資産運用」さま

スポンサーサイト 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格差社会が市場に及ぼす影響(1) 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2006年06月30日 (金) | 編集 |
みなさま既にご存知のことと思いますが、世界第2位のお金持ちウォーレン・バフェット氏が資産の85%を寄付するそうです。

『米経済誌フォーチュンは25日、米投資会社バークシャー・ハサウェー会長で世界第2位の富豪として知られるウォーレン・バフェット氏(75)が、資産の大半をマイクロソフト会長のビル・ゲイツ氏の財団などに寄付する意向を示していると伝えた。
総額約440億ドルに上る資産を保有するバフェット氏は、同誌の長者番付でゲイツ氏に次ぐ富豪とされている。同誌によれば、このうち85%に当たる約370億ドル(約4兆3000億円)相当の株式を、今年以降段階的に5つの財団に譲渡する予定。ゲイツ夫妻が設立した「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団」には、約300億ドル相当を寄付する。 (2006年6月26日:CNN)』

このことについて6月28日の日本TVの『Oha4』では、ご丁寧にテロップ付きで次のように取り上げられました。

「資産の85%を寄付したとして、残りは7,600億円。これをサラリーマンの平均年収440万円で割るとなんと17万年分となります。(まだこんなにお持ちなんですね)」

なんと、たったのこれだけです!
アナウンサーの女性は読み上げ役なのでお名前は伏せておきますが、それにしても表面的で底の浅い内容に一瞬固まってしまいました。
バフェット氏の投資家としてのすごさや、キリスト教徒のほどこしの概念。寄付先のゲイツ財団にどんな思いを持って託したか。
他にも、託された側のゲイツ氏の言葉や、財団の理念・使い道など、もっとたくさんの視点での構成が出来たはずです。原稿を執筆する人間は、「視聴者に良いものを見てもらおう。そのためには、心の豊かさや教養を磨き、視野を広げよう」との意識を持って欲しいものですね。。。。

水瀬 ケンイチさんの記事


それはそれとして、注目すべき数字はサラリーマンの平均年収440万円であるということ。ゆうちゃんパパが就職した時(93年)よりずっと『平均年収はだいたい600万円』と言う感覚がありましたので、正直驚いてしまう数字です。

一方で、政府の発表する各種指標がなんとか好調を保っているので気づきにくいことですが、経済成長が止まりつつあるのは明らかです。日産が販売台数の見込みを下方修正したように、恐らく10月の中間決算ではいくつかの企業体力の落ち込みが明らかになるでしょう。
その理由は、何ヶ月も続く『原油価格の高止まりと円高傾向

輸出企業、厳しい通常、輸出企業は為替リスクをヘッジするために、円安時に為替の予約を多めにかけています。昨年、急激な円安時に見せた為替予約マジックの効果が切れ、今中間期は数%の円高為替損となって表面化する可能性があります。
もちろん、根本には前回の不況時に進めた身を切るようなリストラやコスト削減の次の手が打てず、企業の成長力にかげりが見えてきたことにあるでしょう。

企業の成長が止まると、税金の矛先は一気に庶民に向かってきます。しかも、低・中所得者層に対して。
すでにいくつかの布石は打たれており、消費税率の引き上げで完了です。そして、経済停滞下における増税で不況時代への突入が始まります。

このようなリスクを含んだ環境の中、家計の苦しさゆえの『一発逆転を狙った株式投資』は厳に慎まれたほうが良いかと思います。商売上、証券会社や投信会社は誰も言いませんが、今この時点での投資は拙速に終わる可能性があります。十分に気をつけてくださね。

最後に一つ。下記の引用を読んで色々と感じて頂けたら幸いです。

『厚生労働省は28日、05年の国民生活基礎調査結果を公表した。生活を「苦しい」と答えた世帯は56.2%に達し、過去最高を更新した。1世帯当たりの平均所得額(04年)は580万4000円。95年の659万6000円から12%減少し、低所得層ほど減少率が目立つなど格差の拡大傾向をうかがわせた
同調査は昨年6~7月、全国4万5001世帯(所得調査は7038世帯)から回答を得た。

いまの生活を「大変苦しい」と答えた世帯は23%。「やや苦しい」の33.2%を加えた「苦しい」は56.2%で、前年より0.3ポイント増えた。調査開始時の86年より15.3ポイント増え、00年の50.7%より5.5ポイント多い。「児童のいる世帯」では「苦しい」が60.1%に上った。
平均所得額の10年間での減少を所得階層別(5区分)でみると、最も所得の低い層(平均123万9000円)の下げ幅は24%減だったのに対し、最も高い層(同1295万1000円)は9%減にとどまった。 (毎日新聞:6月28日)』


投資の第一歩は、経済環境の理解から
スポンサーサイト

生活者目線での定点観察 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2006年06月28日 (水) | 編集 |
今日はお休みを取り5年に一回のイベント、免許更新に行ってきました。平日のどまんなかの水曜日、しかも午前の終了時間30分前に行ったおかげで、会場はがらがらそのもの。新しく導入された免許証を読み込んで申請書類を作成する機械のおかげもあるのか、更新手続き自体はものの10分もあれば終わってしまいました。

そして、1Fより3Fに移動し、免許証が出来上がるまでの時間に法定の30分の安全運転講習ビデオの視聴。その3Fのフロアでの講習会を担当するのが【財団法人 全日本交通安全協会】、通称『安全協会』です。

安全協会と言えば、かれこれ10年前は試験場での手続き時に流れで入会するようなうまいしかけを構築しておりました。田舎の警察署内の更新手続きでは「入会を拒否できない」ような雰囲気すらあったようです。また、安全協会に入会した者にのみ更新通知のハガキが送られており、それを大きな入会メリットとしていました。存在感に関しては隔世の感があります。

運転免許試験場にてでは、組織として活躍の場を失われ縮小しているのかと思ったら、どっこいまだまだ安全協会さんは健在でした。
最終的に免許証を受け取る場所にて、新入生の勧誘よろしくお姉さん方総出での最後の勧誘攻撃。さっきまで事務をしていたお姉さん達が変身、写真のごとく、ゆるりとした雰囲気でみなさんに入会を呼びかけています。
ほとんどメリットを享受できない社団法人に対して2,000円を払う人など今やほとんどいませんよね。やはり誰も見向きもしませんでした。
でも、もう少し考察してみれば、難しい土俵での2,000円獲得の勝負をせずに、強制的に徴収される講習会費の700円を3人分もらえばいいのですから、黙って儲かる商売スタイルに変更済みなのです。だから、遠くから適当に声をかければ良い訳ですね。

つまり、安全協会の最大の武器であった【更新ハガキ】が失われたとは言え、講習料、小冊子4冊の印刷代、手続き事務の受託料、更新料2,800円を、がっちり頂けるようなビジネスモデルを構築したと言うことです。。。しかも、前述の書類作成機は恐らく自前で買ってないはずですから、他人のお金で人件費を少なくでき以前よりも効率よく儲けていると思われます。

この例のように日本はおいしいところをがっちり抑えている団体がおり、消費税の値上げの前にやるべきことがたくさんあることは実感できます。(おぼっちゃん丸出しの谷垣財務大臣が、消費税値上げしか言わないのはこっけいですね)

運転免許試験場にて一方で、さびれたものも見ることが出来ました。それは試験場近くの書類作成屋さん。この10年の間に写真を準備する必要が無くなり、ついには書類の作成も不要になりましたので、はっきり言っておまんまの食い上げです。
試験場内の無料駐車場は順番待ちにも関わらず、書類作成屋さんの駐車場はがらがらでした。逆に、それでも数台が停まっていたということは、混雑時にあふれた車が停めることを当て込んだ駐車料金収入で何とか生き残っているのでしょう。
(写真の建物は廃屋かと間違ってしまいました)

【前回5年前の更新でなくなっていたもの】
 ●安全協会による試験場内部での写真撮影(手数料に包含)
【今回の更新でなくなっていたもの】
 ●申請書類の記入(免許証より自動作成)

この例のように、社会の構図は日進月歩変化しています。いびつながらも、規制緩和の波はまだまだ続くでしょう。
だからこそ、各種規制緩和で直接恩恵を受ける銘柄、規制緩和の網を潜り抜け恩恵を受け続ける銘柄、生活者の視点で銘柄を発掘していけば机の前に座って仕事をしているファンドマネージャーに負けるはずがありません。
他にも、駅前のさびれた商店街がつぶれてそこに進出してくる店や、コインパーキング。大型の幹線道路開発の脇に立ててある受注業者の看板、そこに進出してくるヤマダ電機のような大型店。生活者目線での定点観察こそ、銘柄発掘の最大の武器だと思います。

カブログみなさまのおかげで【livedoor カブログランキング】がついに反騰いたしました。株価と同じで上昇はやっぱり気持ちがいいです。
あまりにもの下降に6月26日にご協力をお願いしましたら、たくさんの方が押して下さいました。
お顔の見えないみなさまではありますが、心から感謝しております。本当にありがとうございます!

…上記を書き上げた後にお友達のブログを巡回したところ、やっぱり間接支援を頂いておりました。(ですよね)このブログの右上に“でーん”と存在しているパパパンダの作者、ビヨビヨさんの記事作成による応援です。
さすがに【人気ブログランキングのイラスト部門の常連】の人気ブログ、恐ろしいほどの陽線となりました。。。。ビヨ画伯ありがとう!
ビヨ画伯から愛の手

カブログ仲間の雄、ビヨ画伯にも応援の一票をお願いしますね!


お金の価値について 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2006年06月26日 (月) | 編集 |
<2008年11月21日追記>
この記事で紹介したブログは、全て閉鎖または停止されております。
本日はまったくの雑記、カテゴリ名の通り『つれづれなること』です。

まずは相互リンクしたブログのご紹介です。
新米ゆかの株投資日記 (ゆかさん)
ゆかさん
ゆかさんはPinkyさんのブログと相互リンクして以降、度々遊びに来てくれ温かいコメントを残してくれていました。そのコメント同様の温かい雰囲気が感じられるブログです。上場銘柄約3,700人の生徒を見守る素敵な先生がそこにいますよ。

賢者の投資 (チョビさん)
キンちゃん (ビヨ画伯バージョン)
ブログランキングの新着情報から訪問致しました。お金や投資のことについて優しく書かれています。また、その感覚もゆうちゃんパパに近いものがある気がします。まだ記事の数は20程度ですので、今なら簡単に全部読むことが出来ますよ。

チョビさんの6月16日の記事『お金の価値』では、お金でどれだけのことができるか書かれています。これを「元本1,000万円を合わせた全額を慈善団体に寄付する」とおっしゃる福井日銀総裁の2,473万円について、おせっかいにも計算してみました。
  • 南アフリカの農家200家族を自給自足させることができる(600万円
  • アフガニスタンで約300人の子どもたちが地雷の危険性を学べる地雷回避教育教材100セットを購入できる(300万円
  • モンゴルのストリートチルドレン100人に1ヶ月間の避難場所を提供できる(380万円
  • ミャンマーで30,000人の子供が給食を食べられる(500万円
  • ラオスで農村部の子どもたちのための移動図書館が100棟買える
    100万円
  • コソボで30~40人の就学前教室を50棟修復することができる
    200万円
  • ネパールの子供3,930人が簡単な読み書き・計算ができるようになる
    393万円
こうやってみると2,473万円のお金の価値が、相手によってはいかに大きいものとなるのかがよく分かります。世界第2位の経済大国の中央銀行総裁にふさわしく、最後に見せた潔さは賞賛を浴びることになるでしょう。

----
話は全然変わりますが、東京ってやっぱりいいですね。6月25日の記事Pinkyさんので見かけた東京ドームシティのラクーアや、偶然にもそこで行われていた『コスプレフェスタ2006』などは東京ならでは、と言う気がしますしね。また、多くの会社の株主総会に気楽に出かけて行けますし、spiral_blueさんが出かけて行った東京ビックサイトの『カリスマ投資家伝説 2006』だって、東京ならではです。
もちろん、愛すべき福岡・博多を始めとして地方都市にはそれぞれの良さがあるとは思いますが、やっぱり東京での数々のイベントはうらやましい限りです。

静かなる不況の始まり? 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2006年06月24日 (土) | 編集 |
素敵な時間に乾杯昨日は有志による職場の仲間の送別会で中州の屋台に行った後、その流れで2次会・近所に帰っての3次会と…久々に飲んだカクテル、一緒に飲んだ人が素敵だったせいかかなり飲みすぎてしまったようです。
そのせいか、さすがに今日は昼まで寝てました。最近、どうもからだの血液がアルコール化しつつあるような気がします(笑)

<国債残高>国の借金827兆円 過去最大を更新
財務省が23日発表した05年度末の国債や借入金など国の債務残高(借金)は、前年度末に比べ45兆9288億円(5.9%)増の827兆4805億円と、過去最大を更新した。国民1人当たりの借金は前年度末より36万円上積みされて648万円となり、財政難の深刻さが改めて浮き彫りとなった。
国が進めている歳出削減や景気回復に伴う税収増を反映して、借金の増加額は前年度の増加額に比べて約32兆円小さくなったものの、国債残高だけで国内総生産(GDP)の1.3倍に達する。財務省によると、長期金利が1%上昇すれば、国債の利払い負担は1兆6000億円増えるため、デフレを脱却して金利上昇局面に入れば借金の負担はさらに膨れ上がることになる。
借金の8割を占める国債は、前年度末比44兆2161億円増の670兆5794億円だった。このうち、歳入不足を補ったり過去の借金を借り換えるための普通国債の発行残高は526兆9279億円で、同27兆9143億円増。社会資本整備のための融資などに充てる財政融資資金特別会計国債(財投債)の残高は、同17兆8000億円増の139兆3532億円だった。
一方、借入金残高は59兆2737億円で、同1615億円の増加。地方交付税の財源などに充てる短期借入金が同1兆1737億円増の53兆2138億円だったが、長期借入金は旧国鉄債務の減少などで同1兆122億円減の6兆599億円だった。一時的な資金繰りに充てる政府短期証券(FB)は同1兆5513億円増の97兆6274億円だった。【山本明彦】(2006年6月23日毎日新聞)』

正直、この引用を読んでぞっとしました。一年間で借金が6%も増えているではありませんか!全くもって怖い時代になってきました。
『郵政民営化』のみを争点にして国民の目を欺く政権与党、年金・財政問題でまともに勝負せずくだらないメール問題で自滅する野党第一党。茶番としかいいようがありません。民主党は2大政党制を目指しているそうですが、本質は自民党と一緒になってこの国を破綻に導く手伝いをしているに過ぎません。

先日プライマリーバランスを2010年代の初めに黒字化するとの発表がありました。つまり現在の歳入112兆円、歳出129兆円、この差の17兆円を各種の施策で埋めていこうというものです。まずは歳出の削減で埋めるとのことですが、残りを消費税でまかなうとすると、その税率は何と12%になるそうです。

働けども…もし、年収650万円の人の税金が増税により35万円増え、年収と同額の借金が毎年35万円ずつ増えていくとすると…
そして、消費税は10%を超え、将来の年金は1,000万円の払い損。実際の年収はもっと低い世帯が大半ですから、家計レベルの破綻が始まっています。『働けど働けど暮らしは楽にならず』
それが証拠に、生活保護をもらいながら学校に通わざるえ得ない世帯が、静かに増えつつあります。

さて、我々は投資家ですから、もう少し将来の経済環境を予想する必要があります。足元の経済指標は好調でも、石油価格の高騰により企業業績の悪化が始まりつつある。つまり、今後の多少の成長はあったとしても、それは残りかすによる最後の輝きに過ぎず、『現在が成長のピークの可能性がある』との疑いは持っておかねばなりません。

では、どうすればよいか?それは、『投資行動に対して懐疑的になり、備えをしておくこと』です。言い換えれば、下落相場入りの可能性を敏感に察知し、いつでもブレーキを踏める投資をしておくことです。今、パンパンに投資をしている人は徐々に投資額を抑え、また、塩漬け株は株価上昇のあやを捉え機敏に処分する。多少投資中毒の人は、対下落相場戦用に信用売りやヘッジを覚えておく。対処すべき課題はたくさんあります。

再びバブルへ政府はインフレを徐々に起こしていくことで過去の国債の利息払いを軽減しようとしています。そのために1400兆円の個人資産を株式市場に呼び込む必要があります。要は、それらのお金でバブルを引き起こせばいいからです。
ホリエモンに続き、村上代表を逮捕。彼らは、市場の健全性をアピールし、眠っている預貯金を引きずり出すための『スケープゴート』にされたに過ぎないのかもしれません。

このブログの目的は投資による資産拡大を目指していくことですが、『投資をすること』自体は目的ではありません。投資はあくまでも手段、目的は資産を殖やすこと、そして減らさないこと。
自分の資産は自分の手で!これからも一緒にがんばっていきましょう。

リンクバナー競演 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2006年06月22日 (木) | 編集 |
最近、株ブログの間でちょっとかっこいいバナーが静かに流行りつつある気がします。どのバナーも一目でそのブログの特徴が分かっていいですね。
今日はチョット息抜き。株ブログ界の特徴である【きずな、コラボレーション】によるバナー競演です。

チキンハートSAKUZO。の嫁に見せられない株式日記
SAKUZO。さん
人気企画の『株王選手権』の主催者であり、多くのバナーの作者であるバナー職人の第一人者であります。

■■ 鬼嫁と3億円 ■■
Maniacloveさん
ブログネタを意識して取引する超オモシロ系ブログ。
息子のひろ君は最強の含み資産です。

株でセレブになれるのか?!
New Pinkyちゃん
株でセレブを目指すPinkyさんのブログ。カブログ界のアイドルで、みんなに愛されています。

ビヨビヨの挑戦!愛と欲望の 株日記
ビヨ物語
各地の株ブログで見かけるひよこちゃん達の産みの親、ビヨビヨ画伯のブログ。パパパンダの作者でもあります。

ロハス気分でとにかく株やってみようかch
デルモナさーん
心温まるイラストに魅了されますが、列記とした株ブログです。みなさんへの心遣いが素敵です。

高橋名人の株価16連射! バンゲリングベイだよ全員集合! 株取引は1日1時間! 約束だよ(o^∇^o)ノ
ファミさん
伏字によるギリギリのネタはご愛嬌。往年の名ゲームやBONOちゃんを初めとしたネタ系ブログです。

つれづれなるママに
カノンさん
雑記ブログとご謙遜されていますが、実は株ブログ界最強お姉さまの一人。
誰にもまねできない感性の持ち主です。

キンちゃんの新興銘柄(IPO)で株式投資日記
キンちゃん
毎日のIPOの値動きが一目で分かるお役立ちブログ。ここで勉強すればIPO投資の勝率アップ間違いなし。

僕と株と樹海の日々
まりおさん新バージョン
紹介の必要はないでしょう。株ブログ界ナンバーワンの人気ブログです。
まりおさんの訪問を記念してのご紹介です。

我が子のために株式投資・投資信託【おまけ】
ゆうちゃんパパまで…(^^;Pinkyさんが作ってくれていました。ちょっぴりはずかしいですが、ありがとう。

バナーをコピーして貼るだけでも、この記事の作成に結構な時間がかかりました。作者のみなさんの努力はもっとすごいのでしょうね。頭が下がります。

株ブログ友達、最高ですね!

IPOでまたもや誤発注が! 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2006年06月21日 (水) | 編集 |
ランキング1位ありがとう!桃ちゃんの強力な後押しによって【fc2ブログランキング~資産運用】で何と1位になりました!
他のランキング上位者と違って『稼げる』をキーワード化せずに1位になれたのは、たくさんの相互リンク先とそちらからご訪問くださった皆様のおかげ。心から感謝しています。
これからもがんばって参りますので、応援よろしくお願いしますね。
fc2株式・投資 ランキングです
一足早くお祝いしてくれてた桃ちゃんの記事はこちらです。
【番外】ゆうちゃんぱぱおめでとう!

さて、話はちょっとばっかりIPOの話題に。実は昨日書き上げていたことなので1日古くなっています。
6月20日の朝、久々の6社上場と言うことで、モバイルEトレードにビューティー花壇を含めた7社を登録し、監視しておりました。10時の休憩時にちらりとみると…なんと、順当に気配地の上昇を見せていたアドウェイズ(2489)が147万円2,059株約定しているではないですか!

2489アドウェイズ060620確かに前場が開く前には300万円弱で売り買いが交錯しており、前場が開いた瞬間には+1,000株程度の買い超でしたから、冷やし玉を一発で投入すれば、約定は理論的にはありえないことではありません。
しかし、ベンチャーキャピタル(VC)の保有数もあまりなく、大株主にもロックアップがかかっています。(これは事前に目論見書で確認済みです)公募以外の売り出し数も420株ですから、1,000株以上の実弾を落とすことなど現実的には不可能です。
悩むことしばし…ひらめきました。そう、あれです。誤発注!

早速、Google検索で【アドウェイズ 誤発注】で調べたところ…ビンゴ!
Google
立花証券が、バーチャルな実弾投入、つまり誤発注をやらかしていました。

『東京証券取引所は20日、アドウェイズ <2489> 株式で誤発注があったと発表した。注文を出したのは立花証券で、1670円で2600株の売り注文を9時10分に出した。9時11分に取り消し注文を出したが、最初の約定値段147万円、最後の約定143万円で合計1482株の売買が成立したという。(H.W)(ラジオNikkei:6月20日)』

これを読んだ瞬間に『立花の信用売りに行くぞ!』とひらめきましたが、貸借対象銘柄か、いや上場しているかどうかも分かりませんし、何よりネットに流れて20分経過後のニュースでしたので、アイディアだけに終わりました。
それにしても今日買えた1,482株の所有者は本当にラッキーですね。

さて、今後の展開。
アドウェイズは初値300万円以上は堅いと予想されてましたから、ジェイコムの時ような裏技を使うにしても、大株主から借りるにしても、今回はその代償として400万円は払わないと市場が許してくれないでしょう。

それにしても立花証券…!

対公募価格費105%というケチをつけた小さな証券会社に、大株主の心象悪く大株主が快く助けてくれるとは到底思えません。
そしてその損害額は、(400-147)百万円×1,482株=37億円以上か?
ジェイコムショックの時よりまだ金額は小さいのですが、それでもうっかりミスにしては大き過ぎる金額です。何より、立花証券の株主に対して何と申し開きしましょう?

立花証券ログイン画面ゆうちゃんパパは10社以上ネットの口座を開設しておりますが、その中で立花証券の取引画面はかなりお粗末です。「フレームバー残ってるし、まるでどこかの素人が作ったホームページみたいだなぁ」といつも思っていましたが、そのレベルをずばり一言で表すと、『やっつけ仕事
つまり、「ネットが無いのは世間的にまずいから、うちも一応ネット発注のシステムを組んでおけ。しかし金はかけるな」と言う雰囲気がありありでした。
(右のリンク先からも雰囲気が味わえます⇒ログイン画面へ

また、みずほのジェイコム誤発注後に、他の証券会社はそれなりに対策・内部教育したはずです。他山の石とすることができず、改善できていない結果がこれです。この粗末なネット画面が、この会社の体質なりを物語っているような気がしてなりません。

今回は損害額も小さく、しかも小さな証券会社。会社が違えど再発ということもあり、東証は助けてくれないでしょうね。(東証側のシステム改善がどうなっていたのかも気になります。)ネット証券が激しく競い、店頭証券も切磋琢磨する大競争の時代、旧体質の証券会社はご退場願うか、猛反省してもらうしかないでしょう。

そして、最後にアドウェイズ。もともと前評判が高かった上に今回の事件で注目の的に。どこまで株価が上昇するか見ものです。もし、資金分散が避けられたことにで、残りの5社をいじった資金が向かってくるとしたら…
ひょっとすると、夢の1,000万円台があり得るかもしれませんね。

こども達が幸せでありますように 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2006年06月20日 (火) | 編集 |
昨日、福岡市の『ざ・おやじコミュニティ』の面々と情報交流後、懇親会に参加してきました。みなさん、子ども達の喜ぶ姿を見たいと色々されているボランティアばかりですから、終電間際まで大いに盛り上がりました。
急いで電車・バスを乗り継ぎ、帰宅するとワニのぬいぐるみをだっこしている我が子ゆうちゃんの寝顔が。その幸せそうな寝顔にほっとするとともに、「この子は日本に生まれて幸せだな…」といつも思います。と言うのも、豊かな日本では想像できないような子どもが世界にはたくさんいるからです。
最近届いたユニセフからのメールを下記に掲載します。(転載許可受託済み)

『ユニセフをご支援くださる皆様へ

突然ですが、免許証や保険証をお持ちでしょうか?

ご覧いただくと、お名前や生年月日が記載されていることと思います。申し上げるまでもなく、これらの身分証明書は、その方が”いつ”生まれた“だれ”であるかを公に証明するものです。実は、世界には、生まれても登録のない子どもたちが、毎年5000万人もいます。
生まれたことの記録、つまり「出生登録」がなければ、その子が“生きている存在”であると証明してくれるものは、何もありません。登録がなければ、予防接種をはじめとする保健サービスも、初等教育のチャンスも、なかなか手にすることができません。

それに、悲しい言い方ですが、「いるはずのない」子どもたちは、危険にも遭いやすくなります。人身売買の犠牲になったり、規定の年齢に満たないのに労働を強いられたり、兵士にとられたり、早く結婚させられたりします。
子どもたちは声なき叫びをあげています。「ぼくはここにいる! わたしは生きている!」

出生登録だけが原因ではありませんが、様々な理由から“目に見えない存在”にされている子どもたち。社会から排除されている子どもたち。そんな子どもたちの声を集めて特設サイトをオープンいたしました。

ぜひ、ご覧になって、子どもたちの声を聞いていただけませんか?

▼特設サイトはこちらから
http://www2.unicef.or.jp/jcuApp/servlet/common.FwControl?cd=M12&pg=11
▼ホームページからクレジットカードによる募金を24時間受け付けております
http://www2.unicef.or.jp/jcuApp/servlet/common.FwControl?cd=M12&pg=06


上記の特設サイトを見ました。色々考えさせられました。。。。

過去の『パキスタン地震緊急募金/ユニセフ』の記事でも紹介させていただいたように、ユニセフは大きな災害の時の緊急募金や定常的な募金を受け付けております。
ゆうちゃんパパは毎月多くの懇親会に参加していますが、最近『最後に惰性で飲んだはずの生ビール』分を家に帰って気持ち貯金しています。そして、今年はできる時に出来る範囲で募金をしたいと思います。

(『投資家としての募金額』も別枠で設定してはいます)

IPO大注目の6月第3週 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2006年06月19日 (月) | 編集 |
ありがとうサムライジャパンサッカー日本代表の1次予選第2戦目、結果的にクロアチアと0-0の引き分けでしたが、本当によく頑張りました。
途中、何度かおしいシーンがありましたし、何よりも気合がすごかった。全員がゆうちゃんパパより若い選手ですが、感動をもらいました。「ありがとう」
こんなに日本のために頑張っている若者がいる一方で、中央銀行福井総裁の態度、本当に日本のマーケットのことを考えているのでしょうか…うーん。

そんな、複雑な思いを持ちながらサッカー観戦をしている間に一つの表を作りました。それは、今週6月第3週のIPOの一覧表。マーケットの地合も好転した中でのIPOラッシュになります。
なぜこの表を作ったかと言うと、ご存知のように6月20日は6社上場。公募株を一つ入手しましたので、初値形成後、どこまで引っ張るかの判断材料にするためです。だから、公募株を入手するための表では全くなくて、セカンダリーの値動きを予想、戦略立案のための表になっています
銘柄上場市場主幹事価格単位VC調達PER伸び業態
当社他社
ビューティ花壇6/
19
Mみずほ232,0001005313126%
リビングコーポ6/
20
Mみずほ413,0000121817478
CDGJQ新光164,60070071716-12
オウケイWHS15.58,6008,000131919023%
モジュレHGみずほ12.23,30004211310%
アテクトJQ大和254,6003,26010162124%
アドウェイズM日興1402,4200346972190
インスペック6/
21
Mみずほ552,4004,760133020217%
アストマックスJQ大和914,0023,37513172091%
日本サードP6/
22
JQ野村204,200640814-10%
アミタHGみずほ701,2001048243410%
エヌアイシーA6/
23
JQ大和5.711,5005006141261%
真剣に作っただけあって、さすがに4時間もかかってしまいました(疲れた…)
表中の色分けなんかは、適当に想像してやってください。何かのお役に立つと幸いです。

IPOについて 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2006年06月17日 (土) | 編集 |
唐突ですが、「IPOってご存知ですか?
ごめんなさい。「愚問だよ。新規公開株のことやろ」と怒られそうですね。でも普通の人に聞くと、そうでもないのです。
ゆうちゃんパパの独自のリサーチによると、一般人の7割は知りません。それで、3割の知っている人から返ってくる答えが、「NTTの時のあれやろ?」です。(古いなぁ。。。)そして、ごくまれに「マクドナルドでやられたよ」と来ます。マクドナルドは確か大和證券が主幹事でしたが、多くの人間にはめ込んだ「典型的な初値天井パターン銘柄」でした。

その頃と比べて、現在のIPO市場は、より『ダイナミック、リスキー』に変貌しています。公募を取れれば100%近く儲かります。儲かることは儲かるのですが、『どのくらい儲けることが出来るか』は腕の見せ所であり、この技術と相場師としてのヨミの力が試されます。
ゆうちゃんパパは長期投資家の集まりに顔を出していますが、「半分長期投資家です」と宣言しています。なぜかと言うと、「長期投資=長期的に勝率の高い投資」の認識であって、長期投資は手段としての選択肢の一つに過ぎません。
つまり、目的は「お金を儲け、資産を形成すること」であって、「長期投資をすること」ではないんですよね。だから、短期投資としてのIPOも、お金儲けの手段としてしっかりと組み入れています。

話が少しそれました。IPOは『公募さえ取れれば』株式投資の中で一番儲かる手段です。2年間、素人の友達を実験的に育ててみて、去年は100万円の儲けを出せるまでになりました。もし、今やってない人がいたら、ぜひやってみてくださいね。

相互リンクの中からIPOに関するブログを紹介します。

株でセレブになれるのか?! (Pinkyさん)
Pinkyさん純粋にIPOのブログではないのですが、IPOをセレブになるための手段として捉え、日々研究されている姿は素晴らしいと思います。最悪に近い地合の中、FISCO(3807)の上場初日ストップ高売を敢行した判断は、相場師の片鱗を見せてくれました。
ちなみにFISCOの高値は上場2日目の361,000円。上場8日目の昨日は初値(271,000円)を下回る259,000円で終わっていますから、「ストップ高が途切れた瞬間が天井である可能性大」とのゆうちゃんパパのヨミもなかなかだったでしょ(笑)
(今回は、デルモナさん作の画像での紹介です)

キンちゃんの新興銘柄(IPO)で株式投資日記 (キンちゃん)
キンちゃん (ビヨ画伯バージョン)IPO投資をライブドアで溶かした資金の回復のために使われています。ゆうちゃんパパ自身の2年目もそうでしたが、すごく有効だと思います。IPOに詳しくなれば、自然と新興市場全体に詳しくなりますしね。キンちゃんもビヨちゃんズの一員で、とても暖かい人柄です。そして、直近IPOの値動きをしっかりと掲載してくれてますから、IPO投資家にとって要チェックなブログです。

IPO落選日記(ノ∀`) (ち~さん)
ち~さん確か、株ブログランキングに登録された時にお見かけして何度かコメントをさせてもらいました。しばらくURLを失念していたところ、最近各種ランキングも急上昇して再度訪問。めでたく相互リンクさせてもらいました。
ち~さんのブログの特徴は『IPOに関する情報の宝庫』にあります。各種ネット証券の情報など、こちらを読めば相当な知識を得ることができます。ネット証券のIPOを始めようと思っている方は、必読ですよ。

IPO投資家になろう (Hiroさん)
HiroさんHiroさんのブログは、IPOの申し込みに非常に役に立ちます。ブックビルディングの締め切りや必要資金、幹事証券会社など、こちらを見ればすぐ分かります。そして秀逸なのは、上段にある『当選ノウハウ』。一通り目を通しておくべき知識が満載です。

最後に、相互リンク先ではないですが、お役立ちブログを一つ。『当選&的中☆IPO初値予想☆』もなかなか情報充実のブログですよ。

『半分株?』なブログを紹介 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2006年06月15日 (木) | 編集 |
ここ2~3日の株価回復に伴い、日銀福井総裁の村上ファンドへの出資についても、既に過去のものになりつつありますね。あれだけ「法律に触れないからと言って、何をやっていい訳でもない!」と言ってた人々が、同じ論調で責めないのは不思議ですね。これも福井さんの人望のなせる業なのでしょう(笑)
しかし、法律的には問題無くても、FRB前議長のグリーンスパンさんと比べてどちらが武士道であるかは、下を読めば一目歴然だと思います。

『一方、米国の中央銀行である連邦準備制度理事会(FRB)の場合、議長とその妻に毎年、個人資産の開示を義務づけている。資産総額に加え、株式・社債投資など資産運用の内容も開示対象となり、過去には公職にある知人から贈られたプレゼントまでオープンにした例もあった。投資できる金融商品に一定の制限があるが、グリーンスパン前FRB議長は金融政策の影響を受けやすいとして株式の保有を自粛。一時は長期債も保有しなかったことが明らかになっている。(毎日新聞:6月14日)』

しかしまあ、ものは考えようです。
例えば、1,000万円の投資金額から毎年何百万円か利益があっても、「巨額に儲かってはいません。確定申告したけど、額は分かりません」とさらりと言う厚顔さは、大いに見習うべきところです。ほんとに。
多分、1,000万円が数倍になっても、彼にとってはまだまだ足りないんでしょうね。要は、ある意味お金は貪欲に儲けようとする気持ちが大事と言うことです。
それを教えてもらっただけ、感謝したいと思います。そして、自身の失態と引き換えに『ゼロ金利政策解除の先送り=株価回復』をもたらすのであれば、投資家に少しは役に立つ人だったのかもしれませんね。

さて、がらりと話は変わって、『半分株(?)なブログ』を2つ紹介。

momococo@hima.com桃ちゃん
モモ犬1つ目は、このブログに何度も登場いただいている桃ちゃんです。fc2で新しいブログを立ち上げられました。お絵かき系のランキングにも参加されてて、ついにその才能の片鱗をみんなに見せつつあります。
こちらのブログでも、ビヨちゃんズのみなさんとのリンクはバッチリで、これから楽しみなブログです。よかったら、訪問してみてくださいね。

つれづれなるママにカノンさん
カノンさん(by ビヨ画伯)そして、2つ目は株ブログ界の有名人のカノンさん。彼女のブログ『それすらも日々の果て』はご存知の方も多いでしょう。こちらの新しいブログでも、カノンさんの関西パワーが発揮されており、いつも記事を一気に読ませてくれます。彼女の文才は本当にすごいですね。
(偶然にも同日にPinkyさんもカノンさんを紹介していました)

どちらも、株だけで無く『人間味にあふれている』ところが魅力的なブログです。

正直を大切にしたい(武士道の国で) 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2006年06月13日 (火) | 編集 |
一国の中央銀行の総裁が、渦中の村上ファンドに1,000万円を出資していたとのこと。数カ月前に解約の申し入れをしていたとのことですが、村上容疑者が逮捕されたのは6月5日。なぜ、一週間も経った今日13日になって認めたりするのでしょう?「いずれは、ばれてしまう」と思ったのでしょうか?
福井総裁については就任時から「この人が総裁で大丈夫かな」と言う印象が拭えませんでしたが、ここにきてこの姿勢。出資したのは民間時代のこととは言え、今や一公人。いや、それ以上の人です。
「村上前代表の当初の志を激励する趣旨で出資した」と言うのなら、なぜもっと早く堂々と発表できなかったのでしょう。こんな人間が日本の総裁と思うと本当に情けなくなります。そして、この発表が今年最大、未曾有の株価の下げを招いた一因となったと言っていいでしょう。

日経平均600円安=今年最大の下げ、年初来安値に-東京市場

『13日の東京株式市場は、米国経済の先行きや世界的な株安に対する警戒感から全面安となり、日経平均株価が急落した。終値は、前日比614円41銭安の1万4218円60銭と年初来安値を更新。下げ幅は今年最大で、米同時多発テロ事件で急落した2001年9月12日以来約5年ぶりの大幅安だった。(時事通信:6月13日)』

さて、当の村上ファンドについてですが、村上氏が容疑者となった現段階でも、報道のどこまでが正しいか分かりません。ここから先のソースは、6月7日のNNN24です。(ゆうちゃんパパの活動時間がばれてしまいますね)

村上容疑者は、逮捕直前の記者会見で「ライブドアがニッポン放送株を買い占めることを聞いてしまった」と言っています。ところが、後日の報道によると、実はライブドアに対して「全然買ってないじゃないか。早く買え」と激怒したとのこと。

一方的な報道と言うのは本当に危険で、村上氏の記者会見を見ていた検察幹部は「客観的な事実と違う」発言したそうです。この幹部って誰でしょうね?記録などの完全な証拠であれば別ですが、検察からのリークによる報道操作は、ライブドア事件以来の最近の風潮になってしまっています。

それはそれとして、仮に「早く買え」と催促したのが事実であれば、あの記者会見は何でしょう。うそをついていることになります。人間の命は一度限りなのに、なぜ正直に生きることができないのでしょうかね。

この村上ファンド事情徴収・逮捕劇によって、都道府県の社会保険事務所による『不正免除事件』への報道がすっかりと影を潜めてしまいました。
鳴り物入りで民間から登用された社会保険庁の村瀬長官。民間の手法と言う事で、達成困難な納付率向上目標を押し付け、各地の社会保険事務所を追い込んでいきます。
武士道どうして、「自分の指示が行き過ぎであった」と素直に認められないのでしょうか?
確かにある意味、かなり民間出身と言う気がします。と言うのも民間には『達成困難な目標』しか立てることの出来ない無能な人間がいるのも事実です。本来、目標と言うのは3種類立てる必要があります。それらは、『最高の目標』『妥当な目標』そして『最低限の目標』です。
無謀な目標を作り、他人のせいにすることに終始するのは、無能を通り超え、無茶としか言いようがありません。

話がそれました。セミナーのでビル・トッテンさんの言葉が蘇ります。
武士道はどこに行った」と。この国の人生の先輩方にも、情けない男が目立つようになりました。

日本男児ならば、こころざし高く、潔く!

経済指標にも強くなろう 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2006年06月09日 (金) | 編集 |
本日もPinkyさんのブログで早速市況をチェックしました。リアルで市場を見ていないゆうちゃんパパにとっては、毎晩の貴重な情報源になっています。

『平均株価は終値で前日比117円81銭高の1万4750円84銭と5日ぶりに反発した。東証1部の騰落銘柄数は値上がり1201、値下がり429。出来高は31億6855万株(うちSQ分は概算6億1000万株)。売買代金は4兆2010億円(同1兆1500億円)。東京外国為替市場では、1ドル=114円台前半(前日終値は113円95銭)で取引されている。』

そして、本日は明るいニュースも発表されました。
それは、内閣府発表の4月の機械受注指数。この中の『船舶・電力を除く民需』は前月比10.8%増(3月は-5.2%)と高い値を出しています。この指数は株価と同様景気に先行する指数ですから、多少の特殊要因があったとはいえ、この発表を足がかりに株価復活といけるかもしれません。来週には、「先週(2006年6月6~8日)あたりが、絶好の仕込み場だった」と、みんなで笑って話せたらいいですね。
経済指標ところで、なぜこの指数が先行指数と呼ばれるか分かりますか?
外為どっとコムさんのセミナーで頂いた本にその理由が書いてあります。その本の名前は、【図解雑学 経済指標(1,418円)】ただでもらったとは言え、相当に使える本です。

『機械受注は引き合いがあってから納入まで6~9ヶ月かかります。発注企業はこの納入までの時間を考慮に入れて早めに注文します。したがって、機械受注は民間が設備投資を行う、つまり、景気の先行きが明るいと判断して大きな設備投資を開始する(暗いと判断して発注を減らす)際の先行指数となります。ただし、船舶・電力の発注は1回当たりの金額が大きく、時間も1年以上かかるためズレが生じます。そのため、これを除いたコアの機械受注統計を利用することが多いようです。』

セミナーの記事とダブりますので詳しくは割愛しますが、経済指標についてしっかりと書いてあるので、投資の直接技術ではありませんが、一冊持っておくとよい本だと思います。
(楽天booksでの購入はこちらから

まず押さえておきたい経済指標は、10もない


最後に、先週の悲鳴相場の中で温かい気持ちにさせてくれたイラストを紹介しておきます。作者は、『塩漬け桃姐のひまつぶしのきろく』 の桃ちゃんです。

2006年6月7日 日経平均15,096円(前日比-288円)
桃画伯06年06月07日
2006年6月8日 日経平均14,633円(前日比-462円)
桃画伯06年06月08日

(画像は、本人の了解を得て掲載しています)

IPO上場初日:FISCO(3807)  

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2006年06月08日 (木) | 編集 |
帰宅道の車の中、NHKスペイン語ニュースから株式市況らしい内容がボヤンと聞こえてきました。「ニッケイ…… クア… バホ デ ミエルコレス(水曜日)」すごくいやな予感が走りました。少なくても"バホ(bajo)"は英語のアンダーなので多分下がったなとは思ったのですが、その前のクア…は400円?
帰ってすぐパソコンを付けてPinkyさんのブログに飛んで確認したところ、やっぱり爆下げでした。結局、いやな予感は的中し「日経平均は、水曜日より462円下がった○○円だった」と言っていたのでした。信じたくないような下げですね。外国人さん、もうそろそろ買ってください。

『8日後場の東京株式市場では、全面安に一段安の展開。国内外投資家の投げ売りが続き、平均株価は午後2時26分に1万4496円(前日比599円5銭安)まで下げ幅を拡大した。その後は自律反発に下げ渋ったが、戻りは限定され、終値で前日比462円98銭安の1万4633円03銭と大幅安に4日続落。05年11月21日以来の1万4700円割れとなった。』


さて、本日新規公開株(IPO)として『FISCO(3807)』が上場しました。
FISCOはご存知株に関する情報サービスの会社で、公開価格135,000円のPERは60倍程度。モーニングスターのそれが100倍程度ですから、同程度の評価だとすると、225,000円。抜群の知名度と調達額が8億円程度と小粒なことから、地合さえ良ければ公募価格の3倍、40万円の初値が見えるのではないかと推測していました。(これはゆうちゃんパパの勝手な予想です)

ところが、今日の地合ははっきり言って最悪です。IPO需給が命ですから、個人投資家の市場に対するセンチメンタルが最悪な時はびっくりするくらいの安値で初値が付くことがあるのです。過去の例では日経平均が272円下落した2月20日上場のパシフィックネット(3021)
公募価格29万円に対する事前予想は60万円でしたが、初値はなんと39.5万円。引け値は34.5万円のストップ安ですから、需給のすごさがうかがえます。(当日の値動きはこちらの記事をご覧ください)

FISCO(3807)060608今日の日経平均は、その272円の下落をはるかに上回る462円の下落。FISCOは271,000円の初値後、下落らしい下落を見せずに311,000円のストップ高張り付き。出来高は23,725株(なんと4回転しています)、しかも公開株数の3倍の17,993株の買い物を残し、堂々たる強さを見せました。
公募で持っていたPinkyさんは、見事にストップ高で売り抜けたそう。もしかしたら、翌日もストップ高するかもしれませんが、Pinkyさんは二つの点で賢明な判断をされたと思います。
一つは一度急激に下がっている部分を見事に耐えたこと、そしてもう一つは本日の高値をしっかりと取って終えたこと
抽選でIPOを取得した公募組は、つい利益に対して甘くなりますが、本日最大の値幅をゲットしていることはものすごく価値があるのです。
IPOではストップ高後のストップ安なんて常識ですから、リスクを確実に落としていった売却行動「あっぱれ」と言いたいと思います。

そんなPinkyさんのブログは下の画像からどうぞ。
Pinkyさんのブログへ直行
(画像は、SAKUZO。さんのところから借りましたが、デルモナさん・ビヨビヨさんの両画伯の絵がオリジナルですね)

ただ、FISCOこの初値後の動きは予想外でした。この地合の中での強さ、本物と言うより、資金が一極に集中した結果だと思います。そして、明日以降も連続してストップ高を取って行くかもしれませんが、無責任な予想をすると、ストップ高が途切れた瞬間が天井である可能性大です。


その後の値動きです。良いヨミをしていたと思いませんか?(2006年06月13日)
上場日:06年06月08日/公募価格:13.5万円
公募4,000株、売り出し1,800株
始値高値安値終値出来高
初値形成日271,000311,000S262,000311,000S23,725
2日目361,000361,000S305,000361,000S25,411
3日目341,500354,000311,000S311,000S23,221
4日目288,000295,000265,000267,00019,118

Google Adsence(アフィリエイト) 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2006年06月07日 (水) | 編集 |
本日久しぶりにGoogle Adsenceをチェックしたところ、何と100US$を越えていました。まず、このブログをご覧頂いている皆様に心から感謝致します。
逆算すると月1,500円くらいののんびりしたペースですが、それでも多くの方が訪れてくれた証拠です。アフィリエイトで報酬をもらえることは、ブログを書く励みになっていいですね。支払いはドル円相場に左右されますから、支払日の円安をちょっぴり願っています。(現在113円)

さて、そのGoogle Adsenceについてですが、このブログでは左ブロック中段の『投資に役立つ情報』として紹介させてもらっています。下のような感じで表示されているものです。この記事を書いたときには、『株式投資セミナー、DVD』と表示されていました。
ちなみに別ブログで『ファシリテーション(話し合いの技術)』について扱っているのですが、そこで時々相手を導くための『コーチング』も取り上げています。どちらの言葉にも適切な広告がヒットしないのか、しばらくの間コーチのバッグに関する広告が表示されていました(笑)


一度設置すると後は、何もしなくてもそのブログの情報を解析してくれ、最も適切な広告を選んで表示してくれます。よろしかったら下記から設置をどうぞ。
(ブロックへジャンプ)

話は変わりますが、ミレイさんから『ミレイの週間注目ブログ』に取り上げて頂きました。
ミレイの『株の損は株で返そう!』 (ミレイさん)
ミレイさんミレイさんのブログは、みなさんご存知の有名株ブログです。最近、新しいマーチが来て、少し元気を取り戻したご様子。この調子で株も儲かるといいですね。
Pinkyさんによると、ミレイさんは西郷さん、そしてゆうちゃんパパと同じく九州の投資仲間。隣県でもあり、ひそかに親近感を持っています(笑)九州パワーでがんばりましょうね!
(ミレイさんのRSSからは毎日たくさんの方に訪問いただいております。やはりすごいブログです…)

過去の記事を手直し 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2006年06月05日 (月) | 編集 |
先日、ビヨ画伯がURLを変更されたとのこと。そのままにしておいても良かったのですが、過去の記事に引用した14~15箇所の全URLを変更しました。そして、時間もありちょうど良い機会でしたので、作業ついでに過去の全記事の内容を見直しました

と言うのも、たまにみなさんから「勉強になりました。過去の記事も読ませてもらいました」と頂くコメントが、結構プレッシャーになっていたからです。暖かいコメントを寄せてくれる方に変なものを読ませる訳にはいかないですもんね。

結果は、昨今の記事からはあまり見ることは出来ませんが、過去の記事によっては、かなりきれいになったものもあると思います。さすがに100を超える数となると、結構時間の必要な作業になります。絵の無いさびしい記事へのイラストの挿入や色付け、各記事間のリンクの張り直し、リンク切れのチェックや加筆など細かい作業で、なんと8時間もかかってしまいました!

ブログ見直し完了しかし、やり遂げましたよ!今はすがすがしい気持ちで一杯です。そしてこの段階でやっていて本当に良かったと思います。ソフトウェア開発でのバグ修正の手間は『1:10:100』と言われています。開発の初期段階では1の手間しかかからない修正でも、後になるほど10、100と増えていくからです。

そして、相互リンク先のみなさま。リンク先として紹介いただくことに恥ずかしくないものになってきたと思います。これからも仲良くしてくださいね。

プレゼントと言っては何ですが…面白いものを見つけました。ご自由に持って行ってください。
顔文字くん2(シャキーン)顔文字くん2(ゴルァ!)

投資家視点で物事を見る 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2006年06月03日 (土) | 編集 |
情報をお届けさきほど見たNNN24によると、村上ファンドがインサイダー取引の疑いで東京地検特捜部に事情聴取をされているようですね。おかげで村上ファンドの所有する銘柄群が急落。

少し調べてみました。
村上ファンドは、99年にオリックスから40億円の出資を受けて99年7月に設立。現在では4,000億円を超える資産があるそうです。実に100倍もの増大。
その4,000億円の内、700億円が厚生年金基金などの国内からのもので、残りの資金の大半も外国を経由した国内機関投資家からのものだそうです。

増えるお金ライブドア事件の時に実証されたように東京地検はクロと判断した時しか動かないとのことですから、仮にこのまま捜査へと発展すれば大きな波紋をよぶことになります。
あれだけ隆盛を極めていたライブドアでも、致命的な一撃は『スポンサー引き上げ』と『グループ企業の分離』でした。4000億円の出資元が『投資家』である以上、シビアに判断をしてきます。現段階でのギリギリの予想をすれば、ファンド自体が瓦解することもありえるでしょう。

ただ、一つだけ言いたいことがあります。前述のNNN24でインタビューされた阪神ファンが「天罰が当たった」と言っていました。阪神は小さい頃から好きですので心情的には理解できますが、我々は個人投資家ですので非科学的なものではなく、そう、【ある種モノを見る的な感覚】でしっかりと事実を捉えていきたいですね。
NNN24でもう一つ。ソフトブレーンの宋文洲会長が、村上氏にソフトブレーンの取締役の辞任を求めたとのインタビューが報じられていました。ソフトブレーンは少々PERが高かったのですが、扱っている商品の将来性とビジネスモデル、そして宋会長の株主へのメッセージが好きで、株価の上下に関係なく相当な期間保有していました。
それこそ、04年6月の東証2部への昇格、05年6月の1部昇格時には我が子を見守るような感覚で喜んだものです。しかし、その後、05年9月の村上氏への株譲渡と社外取締役就任の発表
ゆうちゃんパパ自身が、この株を持つ理由が無くなった瞬間でした。宋会長は好きでも、自分が理解できないことへは投資できないからです。当時は『経営者自ら村上ファンドに株を売ることの本当の理由とその後の展開』が全く想像できませんでした。

4779ソフトブレーン060602…そしてこの記事を書いたしばらく後に気づきましたが、ソフトブレーン(4779)は2日続けてのストップ安になっています。
特に6月2日は、-4,000円ストップ安一本値の43,000円。社外取締役に迎えた効果がどうだったのか興味はありません。半年で半値以下に下がってしまった株とドライにお別れした当時の自分の判断は、一個人投資家として正解であったと思います。

IPOのことなら、キンちゃんに※この事件に関してキンちゃんがマスコミの偏向振りにするどくつっこんでいます。全く同感ですね。


画伯のブログへこのブログの【パパパンダ】を心を込めて描いてくれたビヨビヨさんが、イラストランキングに参加されています。現在のところ第4位まで上昇しました。
人思いの優しい方ですので、よかったらビヨビヨさんのブログを訪問して、右と同じイラストをクリックして応援してあげてくださいね。よろしくお願いします。

数字に正面から向き合う(1)  

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2006年06月01日 (木) | 編集 |
昨夜、県の教育関係の方達との交流会後、帰宅して市況を見たら、やっぱり。思いっきり下げてますね。恐らく前日のNYダウが下げたことによるセンチメンタルの悪化なのでしょう。全く、疲れる相場ですね。
それで、3ヶ月前に出した表を更新しながら現状を把握してみたいと思います。
指数(C)前日比下落率(B)前日比下落率
日経平均15,467.33-392.12-2.5%15,437.93-275.52-1.8%
TOPIX1,579.94-32.82-2.0%1,572.11-33.22-2.1%
JASDAQ指数101.60-1.78-4.3%108.95-5.73-5.0%
ヘラクレス指数2,236.13-101.33-8.4%2,491.12-229.62-8.4%
マザーズ指数1,370.70-56.85-3.98%1,488.88-134.62-8.29%
(C)は昨日2006年5月31日、(B)は2006年2月20日の主要指標です。
これを見ると、日経平均・TOPIX・JASDAQ指数は偶然なことにほとんど変わりません。と言うことは、この3ヶ月の間に《安いところで買ってしっかり利益を確定した人》と《その高値をいつの間にか買わされた人》の2種類の集団が存在することになります。どちらが良いかというともちろん前者であり、後者の集団に入ることを何度もやってしまうと資産を溶かすことになります。
ちなみにゆうちゃんパパは、どちらでもありません。なぜなら、投資のブログを書いておきながら、ほとんど投資行動を取っていなかったからです。いや、正確に言うと、投資行動を取らなかったのではなく、【取れなかった】のです。どうしても「下落相場入り」の可能性を否定できず、弱気になっていました。

この表から読み取れることがもう一つ。前述の3指数がほとんど下がっていないことと比較して、ヘラクレス・マザーズの両指数の下落は大きいものがあります。(B)(C)間でもヘラクレス:10.2%、マザーズ:7.9%の下落ですし、2月20日の表で引用した1月17日の両指数の値と比べると、それぞれ41.4%44.5%と恐ろしい下落率になります。JASDAQ指数の同じ期間の下落率は24.4%ですから、やはり大打撃です。
この差は何でしょう?推測するにその要因は『なだれ込み現象』にありそうです。前回の衆議院選挙がまさにそれに当たります。ある程度勝敗が見えた時に、日本人は勝ち馬に乗る傾向があります。その結果、自民党が大勝し、一般企業では使えないような軽薄な男が議員になったりしてしまいました。(誰のことか分かりますか?)
ちょっと話がそれましたが、新興市場としての雌雄は既に決しており、機関、個人を問わず両指数が見放されつつある気がします。

したがって残念ながら、ヘラクレス・マザーズはもうだめかもしれませんね。その原因は、それぞれの市場を運営する証券会社の姿勢にあるでしょう。確かに過去に紹介したジョルダン(3710)など良い会社もありますが、例のライブドアなど、まともでない企業が存在するのも事実です。JQSDAQとの競争のために上場基準を緩くしているツケが来ています。

今日のゆうちゃんパパは、どうも話がそれる傾向にあるようです。タイトルにあります『数字に正面から向き合う』ですが、投資の世界においては数字から逃げないようにしたいものです。数字と言っても『難しい数字』でなく、上の表に引用した程度の数字です。(ちなみに、この記事を書くのに電卓の「÷」「-」「=」しか使っていません)
「いやー、数字は苦手だよぉ…」と言う方もいらっしゃるかもしれませんが、自分と家族のための大切なお金です。ちょっとだけ、そして少しずつ、がんばって向き合ってみましょう。


相場は感性で掴み、数字で裏づけする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。