我が子のために株式投資 「負けない投資」

不祥事だらけの年金運用、派遣切りに代表される格差社会。足元まで迫った中国。こども達に何を残せるのか 【自分と家族】のための資産づくりを! [福岡発]
将来のお金をしっかりとためよう!(mixiコミュニティ)
ソーシャル・ネットワーキング サービス『mixi』 お悩み解決、初心者の株式投資♪  http://c.mixi.jp/hatsukabu
お悩み解決、初心者の株式投資♪株式相場が回復の兆しを見せている今、投資を始めたい方には大チャンスです!
このコミュニティでは、「未来のための資産作り」をみんなで和気藹々と語り合いましょう。
お気軽に参加してくださいね♪ (参加方法
◆イラストご提供:「株初心者みはるん コバンザメ資産運用」さま

スポンサーサイト 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将来に備えると言うこと 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2007年03月31日 (土) | 編集 |
先日、能登半島で震度6強の大きな地震が起きました。石川県内で157棟が全半壊したとのことで、被災地の早い復興をお祈りいたします。

その全半壊した家々のことですが、TVではぼろぼろに壊れた古い家屋と途方に暮れる人々の様子がクローズアップされていました。「家は壊れたけれど、保険に入ってたので救われたよ」との声は、さすがに不謹慎なのでしょう。一度も見かけることはありませんでした。
ゆえに、その地区の人たちがどれくらい地震に対して保険と言う形で備えていた(=隣県の大地震を他山の石としていた)かはうかがい知ることが出来ません。

家屋ところで、みなさんは地震保険に加入されていますか?
我が家はと言うと、火災保険にしか入っていません。アパートゆえに家財しか財産が無く、地震が来たとしても最大で家財全部の被害しかないからです。新品換算しても総額せいぜい300万円~400万円といったところでしょうか。
でも、これが持ち家ならばそうもいきません。何と言っても家自身に被害が及ぶと大きなものになります。そのための保険と言っても過言ではありません。

さて、地震保険について一つ勉強をしました。【地震保険の補償額は火災保険の半分以下なのに、保険料はほぼ倍】だそうです。 また、日本では保険の加入率も20%以下とのこと。

調べものをしたことで、もう一つ知りました。それは、【古い木造家屋は保険に入れない】と言う事です。つまり、倒壊した被災者の方々でも「保険に入る」と言う地震に対する最大の備えを採ることができなかったということになります。こうなると大変気の毒なことでありますし、複雑な思いにとらわれてしまいます。

ライフデザイン結果論になりますが、唯一採ることのできた手段と言えば、家を建てる時に丈夫な家を建てることになります。ただ、お金のかかることですし、万人が十分な資金を確保できる訳ではありません。また、当時の時代背景も考慮せねばなりません。ですから、リスクの大きさを認識しながらも「自分のところにはきっと地震がこない」と希望的観測を持って、ある種の賭けに出ざるを得ないのでしょう。

そうなると最終的にはお金。
3匹の子豚ではありませんが、お金をかけてしっかりとした家を建て、さらに保険に入ることのできる裕福な者だけが損をしないことになります。

これは地震に対する備えだけではありません。年金についてもしかり。年金をもらう歳になって、若い頃にパチンコで散在したことを悔いてもどうしようもありません。
そのためにも、やはり投資に対する正しい知識を持ち、しっかりと財産を築いておきたいものですね。

地震保険の保険料試算ページ:損保ジャパン

能登半島地震:突き上げるような揺れ 古い木造家屋倒壊 
春の陽気に包まれた休日が、突然の激しい揺れで暗転した。25日、石川県能登半島沖で起きた大地震。震度6強の揺れが襲った同県輪島市では、1人が犠牲になったほか、古い家屋が倒壊し、避難所で一部の住民は不安な一夜を過ごした。孤立する集落もあり住民は避難。一方、同県七尾市の和倉温泉では休業する旅館が続出、春の観光シーズンを迎えての不安も広がった。(2007年3月25日:毎日新聞)』


ManiacloveさんsmallManiacloveさん。ブログ復活おめでとう。
悪が嫌いな正義の人、しかし嫁には弱い。。。
最新記事:Time to say goodbye

投資信託積み立て中! (イニシアティブさん)
新規相互リンクの紹介です。イニシアティブさんのブログは、コツコツと投資信託を積み立てる人の参考になりますよ。語り口もとても優しく、安心して読むことができます。
相互リンク、よろこんでお受けしています。リンクポリシーご参照ください
スポンサーサイト

日興コーディアル上場維持決定 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2007年03月15日 (木) | 編集 |
不正会計で上場廃止の可能性もあった日興コーディアル証券の上場存続が決まりましたね。
直接不正に関与していない多くの社員の皆様、まずはおめでとうございます。

上場維持が決まった以上もう良いだろうと、今日担当のお姉さんから電話があった時にこの件について少々聞いてみました。お姉さん達にしても、やはり上場維持の決定はうれしかったようです。ほっとしている感じでした。

それで、ずばり顧客離れがあったかと聞いてみると、
「確かに法人のお客様では影響があったかもしれません。でも個人のお客様は、特別に解約したりとかなかったですよ。むしろ、『おれは信じてるからね』と言う声が多くて、報道されているような感じではなかったです」とのことでした。

確かに法人の顧客側には、『上場証券会社に運用を委託する』みたいな規定があることは想像できますから、そうなると上場廃止になれば好むと好まざるに関わらず、日興さんとのお付き合いをやめねばならないかもしれません。
逆に個人においては、人対人のお付き合いなんだなぁとしみじみと思いました。

過去には、経営層の不正によっていくつかの企業が市場から退場したり、倒産しています。同時にその影で、それらの会社には何も知らないたくさんの従業員が働いていました。
今回も「ライブドアの時とより悪質だ」とマスコミに叩かれたりもしましたが、多くの誠実な従業員と家族への影響が重いものにならなかったことについては、素直に評価したいと思います。

シティグループの一員として、真の出直しを期待したいものですね。

東証、日興の上場維持決定 虚偽記載「組織的と言えず」
東京証券取引所は12日、昨年12月に利益水増しが発覚し、上場廃止の可能性がある「監理ポスト」に割り当てていた日興コーディアルグループの株式について、上場を維持すると発表した。13日に監理ポストの割り当てを解除する。同日会見した東証の西室泰三社長は、日興コーデの不正会計について「組織的、意図的に行われたとまではいえない」と指摘。不祥事で上場廃止となった西武鉄道やカネボウなど過去の事例とは異なると説明した。
大阪と名古屋の両証券取引所も同様の措置を取ることを決めた。

日興コーデの利益水増し問題をめぐっては、同社の特別調査委員会が1月に旧経営陣の関与を認め、グループの当時の財務担当役員もかかわっていたことが判明。このため、東証も上場廃止する方向で検討し、日興コーデの虚偽報告について詳細な調査を進めていた。
この中で東証は、日興コーデが提出した平成17年3月期と18年3月期の有価証券報告書の訂正報告書を調べたほか、日興関係者への聞き取り調査を実施。東証の上場廃止基準である「有価証券報告書などに虚偽記載を行った場合でその影響が重大」とのルールに照らし合わせた結果、「上場廃止相当とみられるまでには至っていない」(西室社長)と結論づけた。
また、西室社長は「株主数を40年間にわたって偽っていた西武鉄道や、複数年にわたって債務超過を偽っていたカネボウとの違いは明らかである」と説明した。 (3月13日:産経新聞)』


第2回「銘柄勉強会(せいごの会)」  

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2007年03月10日 (土) | 編集 |
マレーシアでひいた「タチの悪い風邪」を引きずりながら、なんとか第2回勉強会を開催することができました。(2月17日)
冒頭、前回の勉強会の中で紹介のあった「アサヒブリテック(5855)」を購入したメンバーから感謝の声が。 実際に儲かった人が出たとはうれしいことです。

せいごの会(みんなで勉強)【勉強会基本情報】
2007年2月17日(土)
・15:30~17:30 勉強会/17:30~19:30 懇親会
・福岡市博多駅近辺
・男性5名、女性5名(3名新規参加)

【相場格言と座談】
…それぞれの好きな格言を紹介しながら、自由に座談
◆「一つのかごに卵を盛るな」
途中からFXのスワップ金利の話で盛り上がりました。株式投資だけでなく、FXなどにも資産を分散しておくと、下落の影響を受けにくくなります。
◆「強気相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、
 幸福感の中で消えていく」

日経平均が18,000円を目前に上昇していた当日は、<楽観段階>との声が大勢を占めました。奇しくも半月後に1000円を超える大暴落を演じます。
◆「相場のカネとタコの糸は出し切るな」
まさにその通りの言葉。 前述の大暴落時に余裕資金で買い出動できたけで、5%以上の利益が簡単に手に入ったことでしょう。
◆「いのちの金に手をつけるな」
信用取引が発達してきた昨今、簡単に投資資金以上の借金を背負うことになります。身の丈にあった資金投入を考えねばなりませんね。
◆『100歳-実年齢』の%を投資に振り向ける
例えば、「30歳の人ならば資産の70%が投資資金に使える目安」と言う意味です。リスクマネーへの対応は年齢を考慮しなさいと言う事でもあります。

前後の脈絡は忘れましたが、72の法則も。
(↓このブログでも、ごく初期に取り上げています)
『何パーセントの上昇が必要か?(72の法則1)』
『年利7.2%で運用すると… (72の法則2)』 

【外国株の買い方】
…メンバーが事前にまとめてくれた資料で説明(勉強会のMLで公開)
1.外国株式を検討する理由
 資金分散/収益の希求/グローバル評価
2.外国株式の購入方法
 直接購入(国内・海外証券会社)/間接購入(投資信託)
3.情報収集(銘柄選定)の方法

【10年で10万円を2億円にする試算】
…これもメンバーが事前に計算し提供
理論上「10万円に対して毎月10%(税引き後8%)で120連勝」で達成できます。当然のことながら、初期はIPOやお宝銘柄での資産倍増、中後半では減らさない工夫をしながらの守備も意識した運用になってきます。

【参加者みんなで決めたこと】
【次回会合予定日】
 2007年4月21日(土)15:30~/福岡市内
【次回会合内容】
1)各自、銘柄を一つずつ紹介(5分)
  日本株で渾身の一撃を(笑)
2)その他何か情報があれば紹介
 中国株や東南アジア、FXなど

人数も10人まで増えた分、色々な《強み》を持つ人間が増えてきました。 スター選手も揃い、まるで巨人打線のようです。「みんなで儲かる会」が実現できる日も近いかもしれません。

時々参加者を募集します(参加費無料)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。