我が子のために株式投資 「負けない投資」

不祥事だらけの年金運用、派遣切りに代表される格差社会。足元まで迫った中国。こども達に何を残せるのか 【自分と家族】のための資産づくりを! [福岡発]
将来のお金をしっかりとためよう!(mixiコミュニティ)
ソーシャル・ネットワーキング サービス『mixi』 お悩み解決、初心者の株式投資♪  http://c.mixi.jp/hatsukabu
お悩み解決、初心者の株式投資♪株式相場が回復の兆しを見せている今、投資を始めたい方には大チャンスです!
このコミュニティでは、「未来のための資産作り」をみんなで和気藹々と語り合いましょう。
お気軽に参加してくださいね♪ (参加方法
◆イラストご提供:「株初心者みはるん コバンザメ資産運用」さま

スポンサーサイト 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回「銘柄勉強会(せいごの会)」  

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2007年04月25日 (水) | 編集 |
第3回銘柄勉強会(4月21日)です。何人もの方から「ぜひ、参加したい」との表明を頂いておきながら、年度始めの第3土曜日と言うこともあり、予定の付かなくなった人もいらっしゃいました。みなさんこの時期は忙しいですね。
さて、今回も新しい参加者を迎えることができました。少しずつこの福岡の地で銘柄について語ることのできる仲間が増えてきましたよ。

せいごの会(みんなで勉強)【勉強会基本情報】
2007年4月21日(土)
・15:30~17:30 勉強会/17:30~19:30 懇親会
福岡博多駅近辺
・男性4名、女性3名(1名新規参加)

【~銘柄研究発表:日本株で渾身の一撃を!~】
◆ワタベウェディング(東:4696/予PER20.3/紹介時1,688円)
最大手で海外挙式サービスの草分。10カ国に婚礼拠点。
「紹介理由」
・『福岡山の上ホテル』の譲渡において、この銘柄を知る。3月13日に下方修正があるが、現在1,688円まで回復。
「みなさんの意見」
・5年チャートは三角持ち合いみたい。次は上か下か?
・3月13日は、セリングクライマックスかも。悪くないのでは?

◆クリード(東:8888/予PER12.0/紹介時320,000円)
債権・不動産の価値評価で創業。主力は不動産ファンド受託。
「紹介理由」
・スタッフが優秀で好感を持っている。
・87→133→229億円(06年05月)と売り上げが年々増加。経常利益率28%、純利益率18%と利益率が高いのが特徴。
「みなさんの意見」
・アセットマネジャーズ(HQ:2337/予PER9.0/161,000円)などこのセクターは異常なまで評価されていた。現在の株価は、それが修正されている気がする。
・また、評価の仕方で業績が変わる要素があり、分かりにくい。

◆「アジアのベストスモールカンパニー(Forbes)」
・チャート的に買えそうなのは、西松屋チェーン(東:7545)、パル(東:2726)、ポイント(東:2685)くらいか。
・サイボウズ(東:4776/PER372.0/紹介時49,300円)は、ここ10日間の下落率が13.7%とダントツ。
・例えばパーク24(東:4666/予PER27.7)を同業の日本駐車場開発(東:2353/予PER31.3)と比較して安いと購入する手もある。
「みなさんの意見」
・サイボウズは良い会社なんだけどね。
・トレンドマイクロ(東:4704)の低PER(27.7)は意外だ。

◆アビリット(大:6423/予PER11.7/紹介時613円)
パチスロ遊技機とパチンコプリペイドカードシステム製造・販売大手。
「紹介理由」
・3月時点で5月の目標株価が650円であり(某情報)、その通りになった。
・ただし、第一四半期の導入台数が通期目標74,000台(パチンコ、パチスロ)に対して、1,000台程度しかなく、大株主による売り抜けの可能性も考えられる。株式新聞も4月9日に「見所・仕込み処」としてちょうちんをつけており、怪しい匂いがプンプンする。

※当日の銘柄の中からいくつか紹介しました。ゆうちゃんパパの「材料を内在する渾身の一撃」は紹介時654円(4月20日)が706円(4月27日)と短期で8%の上昇を見せました。これは『せいごの会』だけの特典にしておきたいと思います。
(少々インサイダー気味なので)
  
【その他情報交換】
◆東南アジアや中国株(投資信託)の選び方
・該当地区のGDPの成長を見ながら、適当に買っている。
・ベトナムは1,000億円程度しか規模が無く、ベトナムファンドと言ってもベトナムドンを買ったりしている。将来的に成長はするだろう。
・日興から面白いファンドが出ている。『ネクスト・スター』
◆レアメタル(希少金属)関連
・前回の勉強会でのアサヒブリテック(東:5855/予PER18.5)や松田産業(東:6268/予PER11.1)に注目している。
・金属の「2050年枯渇説」が浮上している。元ネタはメーリングリストで公開。
◆投資の情報源
・日経新聞朝刊は数字を中心に、夕刊などはもう少しのんびりと上記のレアメタルのような話題の収集に使っている。

【参加者みんなで決めたこと】
【次回会合予定日】
 2007年6月15日(土)15:30~/福岡市内
【次回会合内容】
1)今回紹介した銘柄のその後
2)コンビニ業界の比較を通じての決算書の読み方


今回の新たな参加者は某株式スクールに通われていた人なのですが、「スクールに無いものを学べた」と大変満足してもらえました。
確かに四季報持参でチャートに定規を当てて割安な株を抽出する手法をはもっともらしく見えますが、抽出したその銘柄が『今後衰退する業界』であってはどうしようもありません。
参加者自身が楽しみながら、今後成長する業界や企業を発掘する、『せいごの会の強み』を確信できた気がしました。

時々参加者を募集しています(参加費無料)


株式十八番! (ぐっちさん)
新規相互リンクの紹介です。まだちらりとしか拝見しておりませんが、一つ一つの記事での考察が深い。そしてゆうちゃんパパと同じような出来事に目をつけられておりますので、これからのお付き合いが楽しみなブログです。みなさまも一度拝見してみてくださいね。
スポンサーサイト

ピーターリンチの20の黄金律(19)  

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2007年04月20日 (金) | 編集 |
現代最高の投資家の一人、ピーターリンチの20の黄金律を紹介します。彼は、フィディリティを有名にした巨艦ファンド『マゼランファンド』のファンドマネージャであり、現在はフィデリティ・インベストメンツのリサーチ・コンサルタントです。
(1977年~1990年の13年間で同ファンドを700倍に成長)

その19番目の格言(黄金律)です。

『優良企業に投資しているのなら、時間はあなたの味方になる。我慢できるからである。たとえ最初の5年間のウォルマートに投資できなくとも、次の5年間所有していれば満足のいく結果が得られた。オプションを保有していると、時間は敵になる。』


任天堂10年の株価ピーターの例えではウォルマートとありますが、日本の企業で言えばどこになりますでしょう?
時価総額日本1位の「トヨタ」、DSにそしてWiiと顧客のニーズを見事に捉えた「任天堂」あたりでしょうか。
右図は10年間の任天堂の株価です。どの時点でも現在の株価は高PERであり割高に感じ投資をためらってしまう。しかし、その後も成長を続けてくれ、結果的に過去の時点の株価は割安になってしまう。つまり時間が株の割高感を解消するわけですね。
また、ハードである商品は、いつ店に行っても品不足状態。さらにソフトであるポケモンは子ども達に相変わらずの大人気。いつでも将来の成長余地を実感出来るわけです。

現実にも、連結売上高の上方修正に伴い半年前に高いと思った株価がするすると上昇していく。それを支える近年の成長力は目覚しいものがあります。
●06年10月03日:上方修正6,400億円⇒7,400億円/1株23,880円
●07年01月10日:上方修正7,400億円⇒9,000億円/1株29,000円
●07年04月05日:上方修正9,000億円⇒9,660億円/1株34,300円
このような優良企業の株に投資をすることが出来たならば、多少割高な時に買ってしまっても時間があなたを助けてくれるといえると思います。

さて、みなさん自身は、この19番目の黄金律にはどう感じられましたか?感想を聞かせてください。

日本の四季~春~ 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2007年04月13日 (金) | 編集 |
川沿いの桜今年はの満開頃に激しい雨が降らなかったせいか、きれいなを楽しむことが出来ましたね。
まさに「風光明媚」!
そのも既に葉に変わり、世間では新学期・新年度、色々なことが始まっています。

始まりだからと言う訳ではないのですが、空いた時間で少々部屋の片付けをしました。それに合せて当ブログのパパパンダの作者ビヨビヨ画伯から頂いたシールをパソコンにぺたんと貼り付け。
ビヨ画伯、ありがとう。大切に使いますよ
PC、イラスト貼り付け前後

PC出来上がりどうですか。真っ白なボディに淡萌黄色(うすもえぎいろ)地のパンダの親子たち。鮮やかなコントラストが気持ちをわくわくさせてくれます。おかげで、パソコンを持ってのおでかけが楽しくなりそうです。
そう言えば、田んぼでも稲が植わっていましたし、もうちょっとすれば「つつじ」の見ごろ。季節の変化の乏しい東南アジアの出張が多かったせいか、30歳も半ばを過ぎてようやく日本の美しさを感じることができるようになってきました。
日本の四季って素晴らしいですね!
(株式市場も春を実感したいものです)

『株』初心者 奮闘記! (さんたさん)
新規相互リンクの紹介です。IPOを中心にスイングやデイトレでがんばっていらっしゃる「さんたさん」のブログです。IPOの上場後の値動きをリポートしてくれていますので、重宝させてもらっています。
相互リンク、よろこんでお受けしています。リンクポリシーご参照ください


テーマ:日記
ジャンル:株式・投資・マネー

ピーターリンチの20の黄金律(20) 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2007年04月08日 (日) | 編集 |
ピーターリンチ、20の黄金律の最後を紹介します。

『十分な銘柄調査の結果できあがったポートフォリオは、債権やその他の金融商品のポートフォリオよりも長期的には利回りはよい。長期であっても選別が不十分であれば、ベッドの下に現金を置いておくほうがましである。』


「長期投資というもの」について、非常に考えさせられる言葉です。
ゆうちゃんパパが所有している投資信託をほとんど売っていないにもかかわらず、自分自身の投資スタイルを中(長)期投資と宣言しているのは、このポートフォリオを組むための能力と時間がまだまだ足りないからです。
しかし、「債権よりも利回りが良い」と言うことに関しては、実感として感じることは出来ます。
ポートフォリオの過半を占める中国株や日本株の投資信託は、個別には浮き沈みはありながらも全体としては、債権よりもしっかりと成長してくれています。

ところで、長期投資においては、一にも二にも最初の「資産設計」に尽きると言えます。「バイ&ホールド(購入と所有)」を長期投資の真髄とすれば、それに必要な能力は、資産設計力が8割、購入技術力が1割、所有技術力が1割と言うところではないでしょうか?
●資産設計力(配分構想、銘柄発見、価値分析)
●購入技術力(時期・購入数量決定)
●所有技術力(価値確認、売却)

そして銘柄発見における「身近で信じることができるものを探す」いう点では、ピーターリンチはウォーレンバフェットとに非常に良く似ています。(例えばバフェットは、昔からコカコーラの大ファンです)
もちろん、探した後の価値分析作業では我々がかなうところではありませんが、それでも「よいものを発見しよう」と言う点ではまねすることが出来ますよね。

さて、みなさん自身は、この20番目の黄金律にはどう感じられましたか?感想を聞かせてください。

追伸:水瀬ケンイチさんへ
ご指摘ありがとうございました。アセットアロケーション後に必要な能力を意識しておりましたので、誤解を与えてしまいました。含む表現に変更しました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。