我が子のために株式投資 「負けない投資」

不祥事だらけの年金運用、派遣切りに代表される格差社会。足元まで迫った中国。こども達に何を残せるのか 【自分と家族】のための資産づくりを! [福岡発]
将来のお金をしっかりとためよう!(mixiコミュニティ)
ソーシャル・ネットワーキング サービス『mixi』 お悩み解決、初心者の株式投資♪  http://c.mixi.jp/hatsukabu
お悩み解決、初心者の株式投資♪株式相場が回復の兆しを見せている今、投資を始めたい方には大チャンスです!
このコミュニティでは、「未来のための資産作り」をみんなで和気藹々と語り合いましょう。
お気軽に参加してくださいね♪ (参加方法
◆イラストご提供:「株初心者みはるん コバンザメ資産運用」さま

スポンサーサイト 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【重要】と【緊急】どちらを優先?(2)  

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2007年06月26日 (火) | 編集 |
【重要】と【緊急】どちらを優先?(1)の続きです。
たくさんのコメントありがとうございました。

では、ネタ明かしです。
この【重要度】と【緊急度】のマトリクスは、世界的に有名な本、スティーブン・R・コヴィーの『7つの習慣』に出てくる『時間管理のマトリクス』です。

重要度と緊急度2

A:問題・課題の領域
B:質の高い領域

C:見せかけの領域
D:無駄な領域


◆C:重要ではないが、緊急である。 (見せかけの領域)
緊急>重要今回多くの方が、Bよりも優先するとお答えになりました。
緊急なことを優先するのは一見筋が通っていますが、実は「他者からの割り込みの処理」であったり、「忙しさに酔っている」状態であったりします。
会社においての人間観察ですが、ここを優先する人が実に多い。計画を立てることが苦手で、突然会議を招集する。自分が緊急性に優先を置いているために、他人に対してもそれを強いる傾向が強いように感じます。
緊急度が高いものを処理するのは当然のことではありますが、「この領域から一歩抜け出せるように心がけなさい」とコヴィーは言っています。

◆B:重要ではあるが、緊急ではない。 (質の高い領域)
重要>緊急Cから抜け出した時に目指すのがこの領域です。
ちなみに僕もこちらに優先度を置いています。FPの勉強をしたり、ブログで資産形成の考えをまとめているのも、将来への備えを大事にしているからです。
日常生活においても、緊急度を下げるべく「事前に手を打つこと」に力を入れています。

少し、整理しますね。
<緊急度のパラダイムに従っている人>
 ・対処・行動に価値観を置く
 ・A→Cと処理をし、B(計画)を後回してしまいがち
 ・「考えるより行動しよう」が口ぐせ

<重要度のパラダイムに従っている人>
 ・緊急対処をしなくて良いように、計画を重視する
 ・A→Bと処理をし、Bを予防として機能させ、Aも減らそうとする
 ・納得するまで行動しない

こんな感じでしょうか。
望ましい処理の答えは、「A⇒B⇒C⇒D」でした。


もちろん、これが真実の全てでは無いですし、みなさんが単純に「重要と緊急を比べたら、緊急の方が先に来るじゃん」と考えたのも想像できます。(初見では僕もそうでした)
また、LOHAS的な考え方で『ゆとり』として解釈する「D」も一概に否定できるものでないですしね。

忙しいただ、常に「緊急フラグ」を立ててしまう人は、コヴィーの言うことに大いに耳を傾ける価値がありそうです。
今までCで処理していた時間をBにシフトする。
これぞ、パラダイムシフトと言ったところでしょうか。

さて、このパラダイムいかがだったでしょうか?
スポンサーサイト

【重要】と【緊急】どちらを優先?(3) 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2007年06月21日 (木) | 編集 |
【重要】と【緊急】どちらを優先?の最終回です。
初めての方は、(1)から読んでいただけると助かります。
【重要】と【緊急】どちらを優先?(1)
前回までに「重要なものを優先しよう」との考え方を紹介いたしました。

このブログ及びmixiでの集計の結果、みなさんの日ごろの行動パターンは下記のようになっているようです。
A⇒C⇒B⇒Dと答えられた方が、26名(男性7名、女性19名)
A⇒B⇒C⇒Dと答えられた方が、 8名(男性6名、女性 2名)
重要度と緊急度(アンケート結果)

(言葉のイメージもあって)現状では重要なことより緊急なことを優先される方が、3倍強と圧倒的に多くなっています。しかし、出来ることならば重要なことを優先し、そのことで緊急なことが減るように未来に手を打っていこう(B⇒C)と言うのが、この時間管理のマトリクスで言わんとするところです。

さて、我々は投資家ですから、投資に関するマトリクスを作り上げてみましょう。

◆A:重要であり、緊急である。(問題・課題の領域:第1領域)
最優先事項
  • 毎月の家計収支を把握し、予実管理する。
  • 毎朝、寝坊せず起きて、情報収集する!
  • 市況・市場全体の大変動時に対処する。


◆B:重要ではあるが、緊急ではない。 (質の高い領域:第2領域)
重要>緊急
  • ライフプラン表で将来の資産計画を立てる。
  • 四季報で銘柄を研究するr(-◎ω◎-)
  • ある程度の投資スタイルを確立する。


◆C:重要ではないが、緊急である。 (見せかけの領域:第3領域)
緊急>重要
  • 株価が気になり、仕事中も携帯をいじる。
  • 射幸心で仕手株に手を出し、臨死体験する。
  • 個別金融商品の暴騰・暴落に対処する。


◆D:重要でもなく、緊急でもない。(無駄な領域::第4領域)
優先度低い
  • 宝くじで一攫千金を狙う。
  • ザラ場中、ひまなのでお菓子を食べる。
  • 雑誌掲載の推奨銘柄を検証なく購入する。



A~Dのどれか一つでも良いですから、どうぞ、みなさんが考えた「投資における事例」をお寄せください。頂きましたご意見は順次追加して参ります。

7つの習慣最後になりますが、この7つの習慣。
スティーブン・R・コヴィーが1990年に執筆。全世界で1,500万部を売り上げたベストセラーであり、多くの経営者や管理職が一度は目を通す本です。
例えば、今回取り上げた「重要事項を優先する」は第3の習慣として。彼我共に成功を目指す「Win-Winを考える」は第4の習慣として紹介されています。

言い回しが多少難解な部分はありますが、投資の基礎力となる「頭をすっきりさせる」本としては、役に立つ本の一つでしょう。
近所の図書館にもきっとあると思いますので、一度目を通してみられると良いかと思います。

お帰りなさい Dear my friend 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2007年06月14日 (木) | 編集 |
今日はうれしいことがありました。ブログ友達が帰ってきたのです。

■■株が好きすぎてシネない■■~kabuyome3.2~ (Maniacloveさん)
我が友Maniacloveさん
ブログ開設以来の「古き良き友」Maniacloveさんのブログが再び復活。1週間後の再開に向けて、煽りビデオを大々的に公開中。
まあ、そのビデオがなくても、ブログの雰囲気を見ただけで「あ、あの面白ネタのブロガーさんだ」とすぐに分かっちゃいます。
(このあたりが彼のたくましいところなんですけどね)
ぜひ、遊びに行ってみてくださいね。
テーマ:マネー
ジャンル:株式・投資・マネー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。