我が子のために株式投資 「負けない投資」

不祥事だらけの年金運用、派遣切りに代表される格差社会。足元まで迫った中国。こども達に何を残せるのか 【自分と家族】のための資産づくりを! [福岡発]
将来のお金をしっかりとためよう!(mixiコミュニティ)
ソーシャル・ネットワーキング サービス『mixi』 お悩み解決、初心者の株式投資♪  http://c.mixi.jp/hatsukabu
お悩み解決、初心者の株式投資♪株式相場が回復の兆しを見せている今、投資を始めたい方には大チャンスです!
このコミュニティでは、「未来のための資産作り」をみんなで和気藹々と語り合いましょう。
お気軽に参加してくださいね♪ (参加方法
◆イラストご提供:「株初心者みはるん コバンザメ資産運用」さま

スポンサーサイト 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安全な投機~IPO 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2007年08月29日 (水) | 編集 |
2007年8月17日、日経平均は大暴落しました。
米国のサブプライム問題と急激な円高によるダブルショック。
前日比-874円はゆうちゃんパパが投資を始めて以来の下げ幅であり、「こんなに下がることがあるものか」とびっくりしてしまいました。

加えて、この急激な円高進行。短期間で3円以上変動しています。
ゆえに、今流行のFXでは相当な退場者を出したと推測されます。もちろんドル売りからエントリーしていれば一晩で財を成すチャンスだったのですが、実際は「スワップ金利をもらいにいく」ことを頭から切り離せず、ドル買い一辺倒の人が多い。FXのレバレッジの怖さを実感した瞬間でした。

FXが怖いとなると、IPO。
2006年~2007年は初値上昇率が小さくなり儲かりずらくなってはきていますが、それでも公募割れする銘柄を避け、かつ上場時の「手離れ」を良くさえすれば、まだまだ健在。
勝率としては一番高いのではないでしょうか?

こういう考えは「投資」と言えないかもしれません。むしろ「投機」に近いでしょう。しかし、「投資は良くて投機はダメ」と鼻から否定するのもどうかと思います。
たとえ「投機」であっても、結構。目的は資産形成することであり、投資であれ投機であれ、どちらも実現のための手段。

そのためにはまずは勉強。
勉強してリスクを減らし、確実に利益を積み重ねていきたいものですね。

さて、倹約した生活の中から出す虎の子のお金。少ない資金から始めるならIPOも考えてみませんか。

<関連記事>
●IPOの始め方
 「IPOの始め方」…全体的な戦略はこちらから
●公募割れの避け方
 「はめ込みの構図」…セントレックスには十分ご注意を
●素晴らしきIPOの破壊力
 「ミクシィ上場、初値は穏当?」…公募155万円⇒295万円。破壊力抜群!

<IPO相互リンク>
どれも友好リンクばかりです。
<口座を開こう>
IPOの始め方」でも書いていますように、口座開設まで時間がかかります。資金の準備の前にまず口座を開いておきましょう。家族口座も含め、複数開いておくのがコツです。
IPOの第一歩は、口座開設から

●マネックス証券(前金必要/一株配分優先)
ネット証券でIPO配分のチャンスナンバーワン。資金の少ない内はここオンリーで勝負するのも良いかも。IPOに必須のフィスコの情報はここから入手しましょう。家族口座も含め、絶対に口座開設しておきましょう。

●Eトレード証券
まぎれもないネット証券の雄。
ご存知のようにポイント配分があるため、3年間ほど貯めつづければ大物当選の可能性アリ。当たらないストレスに耐えながら3年間申し込むだけで、50万円もらえればそれはいいかも。

●松井証券(前金不要/一株配分優先)
ご存知松井道夫率いるネット証券の老舗。
IPOに関してこれといった特徴が無いのが残念。グリーンシート市場から他市場へステップアップする銘柄を扱うこと自体は魅力的だが、儲かる銘柄が少ないのが難点。

●カブドットコム証券
建前としては三菱UFJより配分されるとのことであるが、当選したとの声をあまり聞かない。いつの日かの初主幹事を先回りして口座開設か。
スポンサーサイト

同族経営/社員の覇気を高めているか 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2007年08月24日 (金) | 編集 |
2007年8月13日、トンボ鉛筆の小川洋平会長(59)が覚醒剤と大麻樹脂を所持していたとして警視庁に逮捕されたことは記憶に新しいところです。

トンボ鉛筆!
子どものころ(20~30年前)はよく見かけました。鉛筆と言えば、トンボか三菱だったものです。
鉛筆ところが、今の子どもの使っている鉛筆の主流は、ほとんどがキャラクターモノ。実際に我が子ゆうちゃんの持っている鉛筆の山をひっくり返すと、以下の通り。
 ●マリオパーティ…三菱鉛筆
 ●デジモン…ショウワノート
 ●ポケモン…ショウワノート
すっかり様変わりしてしまいました。

主に鉛筆を使うのは子どもたちですから、ショウワノートの一環した戦略「キャラクターもの市場への特化」は、自然と残された選択されたものかもしれません。ただ、パソコンの台頭で鉛筆市場自体がシュリンクしていくことや、長いスパンでは少子化の波には抗えないことは、想像に難くありません。ショウワノートにしても三菱鉛筆にしても厳しいことには間違いないでしょう。
(これらを打破する戦略については、後日紹介したいと思います)


さて、「トンボ鉛筆でもっとも有名な商品は?」と質問されるとみなさんは何を想像されますか?

monoゆうちゃんパパの考える有名なもの。それは1969年に発売された「MONO消しゴム」です。
当時、消しゴムと言えばゴムから出来たものが主流で【消えない】【紙が黒く汚れる】が定説でした。
だから、プラスチックとついたこの「MONO消しゴム」を使った時の驚きは非常に鮮烈であり、今でも克明に記憶に残っています。まさに画期的と言う言葉がふさわしい商品でした。

では、今のトンボ鉛筆はどうでしょうか。
当社のホームページは丁寧に作られており、【発見文具!パーク】など子どもが訪問しても読みやすく出来てます。また、212ページに及ぶ総合カタログも、ECOをコンセプトにまとまっています。それはプレスリリースを読んでも同じ。受賞のお知らせや新商品の案内など継続してプレスされていますが、びっくりするような新機軸の発表はありません。
何かこう、「MONO消しゴム」で受けたような鮮烈な衝撃、グッとくるような感じを当社から受けないのです。

トンボ鉛筆は、94年の歴史を誇る老舗企業。現在の社長は、小川容疑者のいとこにあたります。典型的な創業者一族による同族経営。
同族経営というだけで悪いと決め付けてはいけませんが、社員の間に「前に進むエネルギー」が生まれにくいのも事実です。逆にリーダーシップで力強く会社を運営した時の強さも見逃せません。
同族経営での強み、弱みはしっかりと認識しておく必要があります。
(関連記事:「同族経営/コンプライアンス」)
非同族企業以上に社員の覇気を高める策を打つこと

最後になりますが、小川容疑者。
バブル崩壊後に傾いた会社をリストラと社運をかけた「修正テープ開発」で見事に経営を立て直し、過去最高益を導いた実力を持っていたようです。
396名の社員とその家族のため、しっかりと出直して欲しいものですね。

<覚せい剤所持>トンボ鉛筆会長を逮捕 警視庁
覚せい剤と大麻を持っていたとして、大手文具メーカー「トンボ鉛筆」会長の小川洋平容疑者(59)=東京都新宿区市谷砂土原町2=が警視庁浅草署に覚せい剤取締法違反(所持)容疑などで現行犯逮捕されていたことが14日、分かった。「好奇心があり自分が吸うために持っていた」と供述している。
調べでは、小川容疑者は13日午後6時45分ごろ、豊島区北大塚のビジネスホテルの客室で、覚せい剤5.7グラムと大麻樹脂2グラムを所持していた疑い。覚せい剤は小川容疑者のズボンのポケットと、ベッドの上に置かれた小物入れに入っていた。
小川容疑者がホテル内で覚せい剤を持っているという情報が数カ月前に同署にあり、内偵捜査を進めていた。
トンボ鉛筆は1939年創業の老舗。小川容疑者は創業者の孫に当たり、90年に社長に就任した後、会長職に就いた。
(2007年8月15日:毎日新聞)
テーマ:時事
ジャンル:政治・経済

フランチャイズチェーン(FC)ビジネス 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2007年08月15日 (水) | 編集 |
2007年8月14日、「コロちゃん株式会社」が倒産しました。
コロッケ「コロちゃん」は、1個63円のコロッケを中心にコロッケ一本で勝負。岐阜を本社に全国で700以上のFCを展開しています。
Googleで検索すると、あるわあるわ、2chでのスレッドがたくさん。
おかげで「FC(フランチャイズチェーン)ビジネス」を理解することができました。

さて、2chによると8月頭の段階で「不渡りを出しており、20日まで待たずに倒産する」との書き込みが。本部からの流通が滞り始め、倒産は既に規定路線だったようです。

たくさんの情報を得たついでに、加盟店(フランチャイジー)側から見て「この商売が儲かるのか」を考察してみました。

◆売り上げ1
TBS「がっちりマンデー!!(2月11日)」で取り上げられた際の紹介文によると、
【1.5坪で営業するコロッケ屋さん。そのスペースに調理器具が入って、およそ月120万円の売り上げ】
コロちゃんのHPでは2坪で開業とありますので、月坪の売り上げは、60万円。
一般的なお店では15万円程度ですから、4倍もあります。
以前お話を伺ったという小スペース眼鏡屋さんオンデーズの月坪の売り上げが驚異的であり150万円。これらと比較すると、60万円という数字は決して悪くはありません。
HPによると1日600個売った場合の月の売り上げが998,400円ですから、120万円の売り上げと言うのは1日1,000個程度でしょう。逆に立地ににめぐまれた最優秀店の売り上げが1,000個ということですね。
(関連記事:「発想を飛ばそう!」)

◆売り上げ2 【費用試算(単位:円)※HPを参考に試算】
がっちりマンデー放送後の3月に価格改定があり、主力のコロちゃんコロッケが50円から63円になっています。よって平均単価をHPの63円から80円に修正して試算してみました。
1日の販売個数450個600個備考
1日あたりの売上36,00048,000価格改定⇒平均単価80円に修正
1ヶ月あたりの売上 936,0001,248,00026日営業
仕入原価474,552632,736原価率50.7%
地代家賃30,00030,000立地条件により変動
販売管理費99,000125,000

油代29,00040,000
パッケージ13,00018,000
水道・光熱費16,00022,000
その他11,00015,000
ロイヤリティ30,00030,000仕入原価の7% or 3万円の低い方
純利益(月)332,448460,264

1日600個売るというのは、9時間休み無く売り続けて1時間66個の売り上げが必要。つまり1分1個を目安に売っていく算段。1人が4個買ってくれるとして、15分に1回コンスタントに売り続けねばなりません
そして単価を上げれば売り上げ個数ダウンは必然。同時期に北海道で発生した「牛肉ミンチ偽装事件」の影響もじわりと効き、一般的なお店では、せいぜい1日450個の売り上げが妥当と考えてよいのではないでしょうか。
この場合月収332,448円。年収にすると399万円です。(価格改定前の「600個を売り上げる」場合と同程度になります)

◆借金 【出店初期費用(サイズ:3.1m×2.1m,単位:円)】
加盟料800,000
開店費用2,000,000

ブース制作費900,000
厨房制作費450,000
販売促進費250,000
備品・消耗品100,000
店舗開発費300,000
合計2,800,000
取引保証金500,000
出店初期費用が、280万円かかるそうです。
それとは別に保証金50万円が必要で、倒産したためにこの50万円も初期費用とみなさざるを得ず、合計で330万円。

仮に全て借金でまかなったとして、6年間で償却すると年間55万円の返済。利息がついて60万円くらいでしょうか。
よって前述の年収399万円から60万円を引くと、実質的には339万円になってしまいます。

◆給料1(月収)
一般的な企業に勤めているとボーナスが4ヶ月分ありますから、399万円を16ヶ月で割ると、実質の月収はぐんと下がって25万円程度になります。

◆給料2(時給)
もう一つの見方。働いた時間は、26日×9時間×12ヶ月=2,808時間。ボーナスを含まず、399万円をバイトとして時給換算すると、1,420円。
家電量販店でインターネットの案内をしている人の時給が1,500円くらいですから、どうでしょう、「あまり経験が無くてもやれる簡単でまあまあのバイト」といったところでしょうか。(リスクは相当違いますが)

◆おまけ
ここのフライヤーは愛技産業(子会社)製です。
「コロちゃん」のHPでは、中古フライヤーが余っている旨を書かれていました。(出店を閉店が上回っている証拠ですね)このフライヤーは結構壊れやすいらしく、修理費(30,000円)もばかにならないと嘆く声がやはり2chに。
もちろんフライヤー自身の作りは簡単でしょうから、ここからも金を吸い上げていたことは想像に難くありません。

◆まとめ
冷凍とは言え、揚げたてのコロッケを売るためには店にずっと張り付く必要がありますから、副業ではなく本業とせざるを得ません。本業として毎日9時間26日働いて年収400万円。金額自体はまあまあですが、労働時間の長さを考えると割に合いません。
サラリーマンの8時間20日勤務に修正すると、年収274万円しかありません。
また、年収相当以上の初期費用330万円の負担は大きく、予想に反して売れなかった場合のリスクを考えるとなかなか割に合わない商売というのがFCの本質であるようです。

それでも実際に1日450個売れるのであれば何とかなるのでしょうが、立地条件に大きく左右され、本当に儲かる場所に出店できるチャンスはまれ。
2chによると、やはり1日450個なんて売れてないのが実情のようです。
だから、多くの人がチャレンジしては残念ながら辞めていく。

同じFCの形態を取るコンビニについてもかかえる問題は同じようです。それが証拠に多くのお店が潰れています。

「長時間労働で人並みの収入」が加盟店の実情か?


◆疑問点
しかしながら、FCの本部である「コロちゃん」がなぜ倒産するほど業績が悪くなったのかは今ひとつ不透明ですね。
平均単価80円の原価率50.7%の内、20%くらいが本部の利益として確保されているとして8.1円。450個で月に約9.5万円になります。
さらにロイヤリティ3万円も入りますから、一店舗当たり月に12万円以上、年間150万円近くの本部収入を得られるはず。
前述の330万円を各加盟店に全額貸付したとしても、基本的には加盟店が負う借金ですから本部の腹がそれほど痛むことはない。

とすれば、アフリカ進出や広告費が本当に効いたのでしょうか。なんか、裏で変なことでもやっていたのではないでしょうねぇ。

「おいしいから好きだったのに」の声もよく見かけました。
いずれにしても、FCオーナーさんにはがんばってほしいものです。

「コロちゃん」倒産 名古屋地裁に自己破産申請
コロッケ小売りチェーンの「コロちゃん」(岐阜県恵那市、従業員32人)が13日、名古屋地裁に自己破産を申請したことが分かった。「コロちゃんのコロッケ屋!」を全国展開し、低価格と積極的な広告宣伝で知られたが、外食産業の競争激化で売上高が伸び悩び、資金繰りにめどが立たなくなった。民間信用調査会社によると、負債総額は約25億円とみられる。

地元信用組合を脱サラした小竹守・同社社長が90年に東海総合企画(同市)を設立し、96年にコロッケ販売を開始。00年にフランチャイズ展開を始める際に「コロちゃん」を設立し、事業を移管した。

1個50円の「コロちゃんコロッケ」を主力商品としたチェーン店を全国展開し、02年には直営とフランチャイズ店で計700店を出店。英国、ケニアなど海外にも進出し、03年3月期の売上高は約37億5300万円を計上した。また、約2坪のブース型店舗や、携帯電話のインターネット通信を駆使した販売管理システムなど独自の経営手法が注目を集めた。

しかし、その後、コンビニエンスストアなどとの競争激化や個人消費の低迷、フランチャイズ店の脱退などの影響で売り上げは伸び悩んだ。03年以降、ハンバーガー、パン、カレーなど新業態の店舗を出店したが、主力のコロッケ部門の不振を補えず、07年3月期の売上高は約27億円に減少。出店費用や広告宣伝費のための借入金が膨らんでいた。 (毎日新聞:2007年08月14日)


※写真は「コロちゃん」のコロッケではありません。
テーマ:業界地図
ジャンル:株式・投資・マネー

「水瀬ケンイチさん」ブログ3年目突入、おめでとう!  

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2007年08月11日 (土) | 編集 |
当ブログの大事な相互リンク先、水瀬ケンイチさんのブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」が3年目に突入されました。ぱちぱちぱち。
多くのブログが突然閉鎖されていく中で、3年間続けるということは相当に努力されている証拠です。更新頻度もほぼ毎日。
たくさんのコメントにも丁寧に答えられており、訪問者思いの温かい方です。是非、一度ブログを覗いてみてくださいね。
梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー (水瀬 ケンイチさん)
水瀬ケンイチさん投資スタイルは、インデックスファンド・ETFを中心にした国際分散投資。水瀬ケンイチさんのブログで「ランダムウォーカー理論」のことを教えてもらいました。長期投資のなんたるかを学ぶことができます。

さて、資産形成としての株式投資を仲間と語り合う銘柄勉強会「せいごの会」を立ち上げて早半年。毎回メンバーも増え、14名の所帯になりました。

8月は偶数月ですので、定例会です。
メンバーのみなさんの出席をお願いします。

<日時>
勉強会:2007年8月25日(土) 15:30~17:30(永久無料)
懇親会:2007年8月25日(土) 17:30~(概ね3,500円)

<場所>
居食屋「はる坊」店 名:居食屋「はる坊」 2F
住 所:福岡市博多区博多駅前4-15-12
   (スーパーホテルの前:博多駅博多口徒歩5分) 
TEL:092-471-0676

<内容>
●第4回会合での紹介銘柄の推移(前回紹介者)
●お勧め銘柄(各人なるべく準備ください)
●その他追加希望事項

新規の参加、見学大歓迎です。現在メンバーは14名ですが、毎回新しい人が入ってくれています。思い切って今回はお店の名前を公開してみました。どうぞ遊びに来てくださいね。
【過去の勉強会】
◆第4回勉強会(2007年6月)
◆第3回勉強会(2007年4月)
◆第2回勉強会(2007年2月)
◆第1回勉強会(2006年12月)
◆発足式(2006年11月)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。