我が子のために株式投資 「負けない投資」

不祥事だらけの年金運用、派遣切りに代表される格差社会。足元まで迫った中国。こども達に何を残せるのか 【自分と家族】のための資産づくりを! [福岡発]
将来のお金をしっかりとためよう!(mixiコミュニティ)
ソーシャル・ネットワーキング サービス『mixi』 お悩み解決、初心者の株式投資♪  http://c.mixi.jp/hatsukabu
お悩み解決、初心者の株式投資♪株式相場が回復の兆しを見せている今、投資を始めたい方には大チャンスです!
このコミュニティでは、「未来のための資産作り」をみんなで和気藹々と語り合いましょう。
お気軽に参加してくださいね♪ (参加方法
◆イラストご提供:「株初心者みはるん コバンザメ資産運用」さま

スポンサーサイト 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回せいごの会(銘柄勉強会:福岡)  

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2007年11月23日 (金) | 編集 |
最近めっきり寒くなりましたね。ガソリンも上がるし、全く大変です。

さて、3ヶ月前のことになりますが、8月に実施しました「株式投資の銘柄勉強会」、せいごの会の紹介です。
現在、日本株は冬の時代にありますが、その中でもきらりと光る銘柄があるはず。ピックアップ銘柄を参考にしてみてください。


<日時>
仲間と楽しく会話2007年8月25日(土)15:30~18:00(以降懇親会)
<場所>
福岡県福岡市博多区某所
<出席者>
女性:3名/男性:3名(懇親会+1名)

<内容>
1)新しい方の紹介(2名)
◆ブログを見て参加。株暦1年9ヶ月。スイング派。
◆現在、勉強中。来年社会人になってスタート。

2)第4回会合での紹介銘柄の推移(前回紹介者)
オリコン(HQ:4800/予PER28.6/47,450円⇒現54,700円)
マスコミ業界の人からの紹介。短期売買狙い。
 ・6月29日 オリコンのネット子会社にヤフーが出資→72,300円
  「みなさんの感想」
   ・短期売買だったね。

ワタベウェディング(東:4696/予PER11.83/1,688円現1,794円)
最大手で海外挙式サービスの草分。10カ国に婚礼拠点
 ・3月9日1,708円で購入。7月27日 2,090円で売却済
 「みなさんの感想」
  ・7月に社長がTVに出演。経営について語っていた。
   株が上がったのはその影響が強いのでは。

京三製作所(東:6742/予PER15.97/508円⇒現420円)
信号大手の一角。民鉄に強い地盤を持つ
 ・6月の下げは買収防衛策発表。外資が一斉に売ったと思う。
 ・7月の下げはNY株暴落の影響。
 「みなさんの感想」
  ・外国人持株比率が高い企業の株は一気に下がる。
  ・新興国のインフラが整備されていくと思うので、今後に期待。

桂川電機(JQ:6416/予PER15.97/1,130円⇒1,400円)
大判型特化の複写機メーカー。OEM主体から自社ブランド育成。
 「みなさんの感想」
  ・NY株の暴落でも余り下げていない。
  ・出来高が低いので、流動性はない。また、一度下げだすと止まらない。


3)今回の紹介銘柄
SUMCO(東:3436/予PER20.39/現5,690円)
8月17日5,000円で購入。
住友金属・三菱マテリアルの半導体ウエハ事業を統合、コマツ系も合流、世界2位。米欧亜で生産
 「紹介理由」
  ・主要株主:住友金属、三菱マテリアル。業績の良い会社。
  ・半導体ウエハ世界首位の信越化学よりROE、ROA、経常利益率が高い。
  ・日経平均の定期入れ替えの採用候補に入っている(大和総研、UFJ)。
 「みなさんの意見」
  ・半導体関連株価指数が9月上昇傾向という話がある。
  ・半導体を作るときの部品メーカーも良い。
  ・S-LCD株式会社(ソニーとサムスンの液晶パネル製造の合弁会社)創立
   今後、中国・韓国が大量生産を始め、半導体の価格競争に入るかも。

東京精密(東:7729/予PER13.63/現3,390円)
計測機器製造の精密位置決め技術生かし半導体製造装置に展開。ウエハテスト用では世界首位
 「紹介理由」
  ・ソニーがフラッシュメモリ搭載「VAIO」を販売した。
  ・フラッシュメモリ搭載のPCが主流になるのでは。
  ・設備投資で減益。
 「みなさんの意見」
  ・PERが低いので割安。

松田産業(東:7456/予PER16.03/現3,220円)
貴金属の回収製錬で創業。電子材料販売・産廃物処理など業容多彩
 「紹介理由」
  ・貴金属リサイクル「アサヒプリテック」に比べ割安。
  ・外国人持株比率も低い。

テレビ東京(東:9411/予PER49.57/現4,080円)
民放キー局5位、日本経済新聞社系、全国6局でTXNネットワークを形成
 「紹介理由」
  ・大株主の糸山英太郎氏による保有株売却発言で暴落。遊びで買った。
 「みなさんの意見」
  ・インターネットの普及で、メディアの成長は望めない(テレビ、雑誌など)。

アセット・マネジャーズ(HQ:2337/予PER6.75/現121,000円)
不動産の証券化を助言・実行し、その管理も。不動産ファンドの組成・運営
 「紹介理由」
  ・PER5倍、業績も良い。
 「みなさんの意見」
  ・金利が上がると不動産株下がると言われている。
  ・ヘラタイム(15:00~15:10をヘラタイム)は値動きが激しいので注意。

田中化学研究所(JQ:4080/予PER13.74/現1,220円)
ニッケル、リチウム2次電池正極材料が主力。非電池の新分野開拓中。非鉄金属市況の影響大
 「紹介理由」
  ・イチウムイオン電池の需要がある。
  ・業績予想が大幅上方修正し、PERも低く割安。
  ・世界同時株安で下がったが、すぐに値を戻す強さがある。
  ・さわかみファンド買い増し銘柄。

ゴールドウイン(東:8111/予PER10.32/現194円)
スポーツウエア・用品中堅。『ザ・ノース・フェイス』柱、チャンピオンなど、多ブランド展開
 「紹介理由」
  ・世界スイムウェアトップシュア「スピード」の製造販売ライセンスを獲得。
  ・「スピード」は、高齢者に人気のブランド。
  ・同業他社と比較しても割安。
 「みなさんの意見」
  ・運動をする高齢者は増えてきている。
  ・値上がり率上位に入っていた。

ディア・ライフ(東マ:3245/予PER10.59/現306,000円)
レジデンス等の不動産物件の企画・開発・販売事業、不動産の投資・運用業務の受託ならびに不動産業界への人材派遣業務等
 「紹介理由」
  ・証券会社からの紹介。業績が良い。
  ・買いは公募価格の25万ぐらいが良いかも。

マネーパートナーズ(HQ:8732/予PER19.48/現358,000円)
外国為替の証拠金取引を扱うオンライン専門
 「紹介理由」
  ・証券会社からの紹介。
  ・経営手法は評判悪い。
  ・公募価格は21万ぐらいだった。
 「みなさんの意見」
  ・FXの熱が冷めてきている。顧客口座数が減ると厳しい。


4)その他
◆お勧めチャート
 ・オメガチャート、楽天チャート
◆MLの活用
 ・MLをもっと活用したい。
 ・銘柄について意見が聞きたい時、MLを活用する。
   (タイムラグを防ぐ:勉強会2ヶ月に1回なので買い時を逃す)
 ・日常の疑問でも良い。
  ⇒ブログやmixiより敷居を低くする
◆投資セミナーの開催(プログラム案)


5)次回の内容
◆投資セミナー開催:10月13日(土)
◆別荘で株談義 :11月24日(土)~25日(日)
◆第6回せいごの会:12月22日(土)
スポンサーサイト

「年金問題」へのご意見を寄せてみませんか? 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2007年11月13日 (火) | 編集 |
人気ブログランキングですランキングが上がると励みになりますので、左のバナーをクリックして応援してくださいね。(ありがとうございます)

NHKが2ヶ月に1回放映する生番組、「日本の、これから
12月22日は、今年を締めくくるに相応しいテーマ、「年金」が取り上げられます。

年金「NHK 日本の、これから」5000万件の“宙に浮いた”加入記録の問題や、社会保険庁職員による横領問題など、年金制度への信頼が、かつてないほど揺らいでいます。少子高齢化が進む中で、今後、現役世代の負担はさらに増える一方、受け取る年金の水準は低くなっていきます。
年金の“空洞化”も問題になっています。国民年金の保険料の未納率は33.7%に達しています。
どうすれば、安心で信頼できる年金制度をつくることができるのでしょうか。 今年最後の「日本の、これから」は、“年金”について、一般視聴者や有識者の皆さんをお招きして、徹底的に討論します。


番組では、多くの人々の意見を募集しています。
年金問題は、一人一人が真剣に考えねばならない大切な問題だと思います。
みなさんも、ご意見を寄せてみませんか。

番組HPで意見を募集しています

AERA11月5日号より (3)  

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2007年11月13日 (火) | 編集 |
人気ブログランキングですランキングが上がると励みになりますので、左のバナーをクリックして応援してくださいね。(ありがとうございます)

(11月11日~15日まで奈良に出張のため、自動投稿です)
AERAでの特集最終回です。
・AERA11月5日号に登場します
・AERA11月5日号より (1)
・AERA11月5日号より (2)

鉄則6 投資の目的をはっきりさせる

人気ブログ「我が子のための株式投資・投資信託」の筆者・ゆうちゃんパパ(38)は、銀行口座に不測の事態が起きたときに備えて100万円を残し、可処分所得の3割をリターンも低いがリスクも低いバランス型投信に、4割を確実に高いリターンが得られると踏んだ中国関連の投信に、残りはリスクを承知で中国以外の新興国やアジア各国関連の投信に託している。
いつまでにどれくらい増やすかという目標を定めれば、投資方針を決めやすい。たとえば、追加投資することなく資産を10年後に倍にしたい場合は年に7.2%のリターンを得る必要がある。
「中国の経済成長は9%中国への投資なら7.2%を超えるリターンを得られる可能性が高い。だから、中国投信を買うんです」


せっかく取材してもらったのですが、誠に残念。
編集上の都合か、もしくは伝え方が悪かったのか、どうにもこうにも変な文章になっちゃいました。
可処分所得の10割すなわち全部を投資に振り向けることはできませんからね。
下記のように読み替えてください。

銀行口座に不測の事態が起きたときに備えて100万円を残すように気をつけながら、可処分所得の中から2割程度を投資に向けている。投資信託への配分は、3割をリターンも低いがリスクも低いバランス型投信に、4割を確実に高いリターンが得られると踏んだ中国関連の投信に、残りはリスクを承知で中国以外の新興国やアジア各国関連の投信に託している。


実際に中国投信のパフォーマンスは良くて、数年前に買っておいたものは3~5倍に成長していますから、他を補って余りある状態になっております。

四回に渡って長々と書いてしまいましたが、お付き合い頂いてありがとうございました。

山鹿温泉:旅館「寿三」 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2007年11月10日 (土) | 編集 |
忙しいとなかなかいろいろな事に手が回りませんね~

今「何が欲しい?」かと聞かれれば、「睡眠」 。
その次は、「時間」と答えます。 でも、「睡眠」も睡眠時間という点で結局「時間」なんでしょうけどね。

さて、こんな忙しい日常から離れるには温泉が一番。
ということで、先週熊本に行ってきました。

寿三写真は、熊本県山鹿市の繁華街にある旅館「寿三(すみ)」
館内外ともに長き歴史に裏づけされた由緒正したたずまいで、少し入るのに戸惑いましたが旅館の人の歓迎振りは気持ちの良いものでした。

肝心の温泉はと言うと、写真にあるように、最上階にあるお風呂場は圧巻の見晴らしのよさ。
女風呂は少しだけ目隠しがあったようですが、男風呂は全くなし。
(ちょっと見晴らし良すぎです!)
【見せたがり屋】さんにはたまらない開放感ですね(笑) 寿三

九州は温泉大国。
その温泉大国の中で『ぬるぬる・すべすべ』を中心に訪問中。

この「寿三(すみ)」のぬるぬる度は、5段階評価で3と言ったところです。
料金は300円。浴室内の洗い場はまあまあ。
旅館の人たちのおもてなしは、良かったですよ。

前述の開放的雰囲気から、他の入浴者は1人しかおらず、のんびりと入ることが出来ます。

興味あったら、行ってみてくださいね。値段も安いし、まあまあのお湯でしたよ。

寿三ホームページ

一緒に温泉ツアーに行ってくれる人も募集中です!人気ブログランキングです
テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

AERA11月5日号より (2)  

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2007年11月05日 (月) | 編集 |
AERAでの特集のつづきです。

投資信託協会が06年に行った調査では、投信を買った人の68%が、購入のきっかけは「証券会社・銀行等の人からの薦め」だった。「多くの投資家が、売る側人とって『売りやすい商品』を、進められるままに買っている様子が見て取れます」

売る側の都合に乗せられないための6つの鉄則が掲載されていました。
少し紐解いてみたいと思います。

鉄則1 販売手数料にだまされない

投信では、購入時に販売手数料がかかるが、最近はそれを無料にした「ノーロードファンド」が人気だ。しかし、こうした投信の中にはもう一つの手数料「信託報酬」を高く設定しているものがある。購入時のみに支払う販売手数料よりも、保有する期間を通じて継続的にかかる「信託報酬」のほうが、リターンに響く。

のんびりひと時これはその通りだと思います。信託報酬は0.5%~1.5%くらいまであります。気にしないでおくといつまで経っても気づかないまま。信託報酬の大小が投信の良さを表すわけではありませんが、投信選びのポイントとしてしっかりと掴みたいですね。
ただし、手数料だけでなく、例えば世界情勢などからもっと大きな視点で投資対象のテーマを選ぶことの方が大事になります。

鉄則2 一点集中買いより「定食買い」
今回の記事のメイン「定食買い」。どういう意味か分かりませんでしたが、ここに書いてありました。

バランス型の投資(※)ばかりいくつ買っても、あまり意味がありません。それより、「基本の定食を一つずつそろえることです。基本の定食とは、国内株、外国株、国内債券、外国債券と(エフピーウーマンの)大竹さんは言う。

結局、「アセットアロケーションをしっかりと意識しなさい」と言いたいようですね。(※:投信の間違いだと思います)

バランス型はこうした定食メニューを一つにまとめたものですが、実際にはバランスが取れていない構成のものもある。中身は自分で確かめること。すでにバランス型の商品を買い増すより、国内株中心の投信、外国債券中心の投信などとそろえていくのがいいという。

編集の都合などで大竹さんの真意がうまく伝わっていない部分があるかも知れませんが、バランス型を取るためだけに他のものを加えていくだけでは、手段が目的になりかねません。
最もお勧めするのはバランス型を土台でがっしりと持っておいて、例えば中国投信やBRICs投信でリターンの拡大を狙う方法。これならば戦略的な投信の保持になります

鉄則3 広告で見る投信に飛びつかない

最近はテレビでも投信のCMを見ることが増えた。聞いたこともない商品より、見知った名前のものを買いたくなるが、こと投信に関してはこの消費行動がマイナスに働くことも多い。

新発売これへの前出大竹さんの解説は、「発売されて間もないため過去の実績を見ることができない」とのことですが、それはCMを打つことと関係ないような気が…
それよりも別の人がおっしゃっていた「広告でよく見る投信は手数料が高く設定されてる傾向が顕著」こちらが当たりでしょう。日興のベストナインなどの商品を言っているのだと思いますが、イチローを起用するだけあって、それはもう高い手数料に設定されています。
関連記事:『「ベストナイン」お詫び行脚?

鉄則4 純資産総額と運用成績をチェック

頻繁に起こることではないが、新規の投信では、思うように資金が集まらずに、投信の運用自体が中止されることがある。投信のよしあしを見定める際に重要なのは、基準価格よりも純資産総額。

名前こそ出ていませんが、この鉄則はインタビューで僕が述べた内容に近いものになっています。過去に「瀕死の投資信託から読み取る(1) 」シリーズで紹介しましたが、純資産総額が減少し始めると運用どころではありません。この点に関しては先ほどの「販売間もない投信うんぬん」に賛成です。ある程度運用成績のある投信ならば、純資産総額の増減を調べることが出来ます。
ほんのちょっとの手間です。また投信を勧めて来る銀行の窓口のお姉さんに「これ、純資産総額どうなってるの?」と聞き返しても良いでしょう。
グランドスラム・ジャパン直近

鉄則5 分配型や元本確保型は要注意

…セゾン投信側のメリットは、純資産総額を安定的に増やしてじっくり運用できることだ。その意味で、人気の分配型や元本確保型には懐疑的だ。分配型は、毎月、隔月などのリターンに応じた分配金を投資家に還元する投信。本来は再投資されるはずのリターンを分配することで投資効率は悪くなるし、分配金には所得税と住民税がかかる。

セゾン投信中野晴彦社長のコメントです。これは誰が言ったかによって重みが変わると思うのです。例えば何十年も長期投資を行っているバフェット氏の言葉ならば非常に重みがある。またデイトレで頻繁に売り買いしている人人の言葉でもそれなりに価値がある。ある種のアンチテーゼという意味で。でも、ここ数年で長期投資の投資信託を作った人の言葉ならば「話半分」で聞いておかねばなりません。だってこれが長期投資の投信を売る彼らの常套句ですから。

また、中野社長によれば、元本確保型投信は、資金の8割を安定運用し、残りの2割でハイリスクハイリターンを撮りに行くといった運用になりがちだ。「それなら投資家自身が、投資に回す資産の8割を預金して、2割をFXにでも投資すればいい」

残念ながら、これはそっくりそのままセゾン投信に当てはまると思います。じっくりと育てる長期投資が目的ならば、セゾン投信に余計な手数料(年0.567%)を買わず、資産の4割で直接さわかみ投信を買えばよい。そして残りの6割で自分の好きな投信を買えばよいと。
ありがとう投信やこのセゾン投信。ファンドオブファンズとしてさわかみ投信を組み入れていますし、さわかみ社長と講演していたりする。さわかみ投信側は売ってくれる相手なのでれれば何でもいいのかもしれませんが、余計な手数料を払うと言う意味ではどちらもお勧めできません。
●セゾン投信:信託報酬 1.3%±0.2%/さわかみファンドの比率 約40%
●ありがとう投信:信託報酬 1.6%±0.3%/ さわかみファンドの比率 約30%

鉄則6 投資の目的をはっきりさせる
いよいよ、ここにゆうちゃんパパが登場しますが、長くなりますのでまた今度。

相互リンクのご紹介 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2007年11月04日 (日) | 編集 |
雑誌掲載を記念してと言う訳ではありませんが、先日今まで気になっていたブロガーさん三人とリンクさせてもらいました。こうやってリンクでのお友達が広がっていくのはうれしいことです。ありがとう。
そして、訪れてくださるブロガーさん以外のみなさまにも心から感謝しています。これからもよろしくお願いします。

茉希の1億円までの日記☆彡 (茉希(マキ)さん)
茉希(マキ)さん
茉希(マキ)さんと言うより、ぴよママさんと言った方がご存知の方が多いかもしれませんね。さて、茉希さんの株歴は、もう10年。僕なんかより随分先輩なのです。そして何がすごいかと言えば、麻雀での辣腕ぶり。第3回株ブロガー対抗麻雀大会で優勝される実力はただものではありません。毎日更新されている人気ブロガーさんですので、ぜひ訪れてみてください。その人柄に癒されること間違いありません。

ぼんちゃんの株と恋の日記 (ぼんちゃんさん)
ぼんちゃんさん
ぼんちゃんさんも、大人気ブログの一つ。結構な金額を損したようですが、明るく気合の投資をされている日々を公開されているところは見ていて元気を分けてもらえます。でも、ぼんちゃんさんのブログで何よりもうれしいのが、同じ福岡県人と言うこと。その一つだけですっかり友達気分になっています。(福岡同盟、がんばりましょうね)いつか「せいごの会」でお会いできる日を楽しみにしています。


maiのハッピーお金ダイアリー☆ (maiさん)
maiさん
イチゴ色のほんわかとしたブログながら、実はFXの達人。しかも区分所有のマンションを2戸お持ちのようで、しっかりとした投資哲学をお持ちになっています。以前よりちょこちょことお邪魔しながら勉強させてもらっていましたが、この度めでたく相互リンクとさせていただきました。色々な考え方が学べますので、みなさんぜひ訪問されてみてくださいね。


さて、今年も早いもので残すところ2ヶ月あまり。
今年はマレーシアやアメリカへの海外出張、大阪や奈良などの国内出張。出張だらけの1年間でしたが、色々なことを学ばせてもらいました。

そして、9月には大阪のブロガーさんのおっぺけ会に参加し、大恩人のビヨビヨ画伯にをお会いすることができました。せっかくなので、今度はキンちゃんの主催する東京の忘年会で今年の締めくくりにできたらいいなと密かにたくらんでいます。

もっともっとたくさんの人にお会いできたらいいな!
テーマ:株式日記
ジャンル:株式・投資・マネー

AERA11月5日号より (1) 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2007年11月01日 (木) | 編集 |
連夜の残業で、帰宅する時間は本屋さんの閉まった後ばかり。AERAを買えずにいたところ、朝日新聞社さんが送ってくれた一冊が自宅に届いておりました。

やっとAERAを手にとって読むことが出来ましたよ!
載っていたこと自体は相互リンク先のみなさまが教えてくれていたのですが、自分の目で確かめることが出来て一安心。おかげで昨夜はぐっすりと眠れました。(本当は単純に疲れていたんですけどね)

さて、掲載場所は二つ目の特集記事、『投資信託の「定食買い」』。
せっかくですから、取材のエピソードなどを紹介させてください。

投資信託の「定食買い」 売る側の都合に乗らないために
世は空前の投資ブーム。定期的に分配金が出るタイプや元本確保のタイプも登場し、興味を持て散る人も多いはず。でも、ちょっと待った。後で泣かないための鉄則を-。

”空前の投資ブーム”確かに記事の通りかもしれませんね。
我々の世代(20~40歳)は、ライブドアショックに端を発するその後の長期低迷に巻き込まれて投資を止めてしまった人も多かったのですが、一方でもっと上の世代の方々も真剣に資産を減らさない運用を考えている。
例えば、日本最大の投資信託「 グローバル・ソブリン・オープン」の人気振りからも分かりますし、銀行窓口での投信販売の伸びにも現れています。

記事の冒頭からの引用です。

福岡市内のIT企業で働く女性(28)が初めて投資信託を買ったのは、昨年10月。新聞に載った広告がきっかけだった。
専門学校を卒業した1999年はいわゆる「失われた10年」の真っ只中で、就職も「超氷河期」。「私達は年金、もらえないだろうな」が世代の常識だから、資産形成には興味があった。
本当は株をやってみたかった。でも、年金代わりの投資だからハイリスクでは困る。「投信なら、プロが運用してくれるんだから安心だし、自分で株をやるより、確実に増やせるんじゃないかと思ったんです」
バランス型投信を買い、現時点では利益が出ている。


「貯蓄から資産運用へ踏み出そう」セミナーこの女性のように真剣に資産運用を考えている若い人が増えている気がしませんか。
それは、昨年・今年と「さわかみ投信」を招いた資産運用セミナーで実感しました。昨年は既存のさわかみ投信の購入者、比較的高齢の方が多かったのですが、今年はインターネットで情報を探して申し込んでくれた若い世代の方がたくさんいらっしゃいました。特に講師に真剣に質問する大学生カップルの姿は今でも記憶に残っています。

ちなみにこの女性、ゆうちゃんパパが主催する銘柄勉強会のメンバーなのです。記事のように真剣に投資のことも考えていますが、日ごろはとっても明るい素敵な女性なので、ぜひ会いに来てくださいね。
銘柄勉強会「せいごの会」
(福岡市で2ヶ月に1開催)

記事では、以下6つの鉄則とその解説による構成となっており、僕自身は鉄則の6に登場いたします。
続きは後日、紹介させてください。

鉄則1 販売手数料にだまされない
鉄則2 一点集中買いより「定食買い」
鉄則3 広告で見る投信に飛びつかない
鉄則4 純資産総額と運用成績をチェック
鉄則5 分配型や元本確保型は要注意
鉄則6 投資の目的をはっきりさせる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。