我が子のために株式投資 「負けない投資」

不祥事だらけの年金運用、派遣切りに代表される格差社会。足元まで迫った中国。こども達に何を残せるのか 【自分と家族】のための資産づくりを! [福岡発]
将来のお金をしっかりとためよう!(mixiコミュニティ)
ソーシャル・ネットワーキング サービス『mixi』 お悩み解決、初心者の株式投資♪  http://c.mixi.jp/hatsukabu
お悩み解決、初心者の株式投資♪株式相場が回復の兆しを見せている今、投資を始めたい方には大チャンスです!
このコミュニティでは、「未来のための資産作り」をみんなで和気藹々と語り合いましょう。
お気軽に参加してくださいね♪ (参加方法
◆イラストご提供:「株初心者みはるん コバンザメ資産運用」さま

スポンサーサイト 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同族経営/社員の覇気を高めているか 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2007年08月24日 (金) | 編集 |
2007年8月13日、トンボ鉛筆の小川洋平会長(59)が覚醒剤と大麻樹脂を所持していたとして警視庁に逮捕されたことは記憶に新しいところです。

トンボ鉛筆!
子どものころ(20~30年前)はよく見かけました。鉛筆と言えば、トンボか三菱だったものです。
鉛筆ところが、今の子どもの使っている鉛筆の主流は、ほとんどがキャラクターモノ。実際に我が子ゆうちゃんの持っている鉛筆の山をひっくり返すと、以下の通り。
 ●マリオパーティ…三菱鉛筆
 ●デジモン…ショウワノート
 ●ポケモン…ショウワノート
すっかり様変わりしてしまいました。

主に鉛筆を使うのは子どもたちですから、ショウワノートの一環した戦略「キャラクターもの市場への特化」は、自然と残された選択されたものかもしれません。ただ、パソコンの台頭で鉛筆市場自体がシュリンクしていくことや、長いスパンでは少子化の波には抗えないことは、想像に難くありません。ショウワノートにしても三菱鉛筆にしても厳しいことには間違いないでしょう。
(これらを打破する戦略については、後日紹介したいと思います)


さて、「トンボ鉛筆でもっとも有名な商品は?」と質問されるとみなさんは何を想像されますか?

monoゆうちゃんパパの考える有名なもの。それは1969年に発売された「MONO消しゴム」です。
当時、消しゴムと言えばゴムから出来たものが主流で【消えない】【紙が黒く汚れる】が定説でした。
だから、プラスチックとついたこの「MONO消しゴム」を使った時の驚きは非常に鮮烈であり、今でも克明に記憶に残っています。まさに画期的と言う言葉がふさわしい商品でした。

では、今のトンボ鉛筆はどうでしょうか。
当社のホームページは丁寧に作られており、【発見文具!パーク】など子どもが訪問しても読みやすく出来てます。また、212ページに及ぶ総合カタログも、ECOをコンセプトにまとまっています。それはプレスリリースを読んでも同じ。受賞のお知らせや新商品の案内など継続してプレスされていますが、びっくりするような新機軸の発表はありません。
何かこう、「MONO消しゴム」で受けたような鮮烈な衝撃、グッとくるような感じを当社から受けないのです。

トンボ鉛筆は、94年の歴史を誇る老舗企業。現在の社長は、小川容疑者のいとこにあたります。典型的な創業者一族による同族経営。
同族経営というだけで悪いと決め付けてはいけませんが、社員の間に「前に進むエネルギー」が生まれにくいのも事実です。逆にリーダーシップで力強く会社を運営した時の強さも見逃せません。
同族経営での強み、弱みはしっかりと認識しておく必要があります。
(関連記事:「同族経営/コンプライアンス」)
非同族企業以上に社員の覇気を高める策を打つこと

最後になりますが、小川容疑者。
バブル崩壊後に傾いた会社をリストラと社運をかけた「修正テープ開発」で見事に経営を立て直し、過去最高益を導いた実力を持っていたようです。
396名の社員とその家族のため、しっかりと出直して欲しいものですね。

<覚せい剤所持>トンボ鉛筆会長を逮捕 警視庁
覚せい剤と大麻を持っていたとして、大手文具メーカー「トンボ鉛筆」会長の小川洋平容疑者(59)=東京都新宿区市谷砂土原町2=が警視庁浅草署に覚せい剤取締法違反(所持)容疑などで現行犯逮捕されていたことが14日、分かった。「好奇心があり自分が吸うために持っていた」と供述している。
調べでは、小川容疑者は13日午後6時45分ごろ、豊島区北大塚のビジネスホテルの客室で、覚せい剤5.7グラムと大麻樹脂2グラムを所持していた疑い。覚せい剤は小川容疑者のズボンのポケットと、ベッドの上に置かれた小物入れに入っていた。
小川容疑者がホテル内で覚せい剤を持っているという情報が数カ月前に同署にあり、内偵捜査を進めていた。
トンボ鉛筆は1939年創業の老舗。小川容疑者は創業者の孫に当たり、90年に社長に就任した後、会長職に就いた。
(2007年8月15日:毎日新聞)
テーマ:時事
ジャンル:政治・経済
コメント
この記事へのコメント
たしかに
同族経営ってのは
細く長くになりがちですよね☆

次の社長には攻めの経営を
してもらいたいものです♪
(・e・)/
2007/08/25(Sat) 21:12 | URL  | ビヨビヨ #-[ 編集]
こんばんわー
こんばんわー(*・ω・)ノ

きんぎょも「MONO消しゴム」いまだに愛用しております。

ぜひ次なる「衝撃の商品」を産み出してほしいですよネ~ (・∀・)
2007/08/26(Sun) 21:44 | URL  | きんぎょ #-[ 編集]
株ブログやってます。

良かったら相互リンクお願いします。

株で生きると誓った大学生の日記
http://kabudaigakusei.blog115.fc2.com/
2007/08/27(Mon) 17:41 | URL  | 株で生きると誓った大学生の日記 #-[ 編集]
出張お疲れさまm(__)m

同族会社って、ワンマン社長とか、粉飾決算とか、あまり良いイメージは無いです。(^^ゞ
そんな会社ばかりではないと思うけど、大きくはなれないような・・

相場の微妙な時期での長期出張、株ではなく投信だからこそ心おきなく出かけられますね。

私、9月以降の2番底避けるためにも、一度解約しようかななんて、考えちゃっています。(^^ゞ
2007/08/27(Mon) 20:32 | URL  | トーガ #Z1Pn906.[ 編集]
コメントありがとうございます!<ゆうちゃんパパ>
アメリカから帰ってきました。みなさん、いつも留守中のコメントありがとうございます!

⇒ビヨ画伯さま
同族経営もメリットがあって、良い経営者さえいれば素晴らしい力を発揮できると思うんですよねぇ。今の社長さんも同族ですが、頑張って欲しいものですね。

⇒きんぎょさん
「MONO消しゴム」って使いやすい。今ではケースのふちを面取りして消しゴムが割れないように工夫しているみたいです。そんなトンボさんですから、ぜひとも頑張って欲しいものですね。

⇒株で生きると誓った大学生の日記さん
ありがとうございます。早速新着リンク欄にて相互リンクさせてもらいました。今後ともよろしくお願いします。

⇒トーガさん
本当はもっと同族経営の良い面を探していかねばならないんでしょうけどね。なかなか良いニュースに反応できなくて…自分の不勉強さを痛感しています。
出張後に知りましたが、日本株またさがったみたいですね。投信と言えどもやっぱり下げはきついですよ。トーガさんみたいに解約を考えようかな…それも立派な手段だと思います。
2007/09/06(Thu) 02:26 | URL  | ゆうちゃんパパ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。