我が子のために株式投資 「負けない投資」

不祥事だらけの年金運用、派遣切りに代表される格差社会。足元まで迫った中国。こども達に何を残せるのか 【自分と家族】のための資産づくりを! [福岡発]
将来のお金をしっかりとためよう!(mixiコミュニティ)
ソーシャル・ネットワーキング サービス『mixi』 お悩み解決、初心者の株式投資♪  http://c.mixi.jp/hatsukabu
お悩み解決、初心者の株式投資♪株式相場が回復の兆しを見せている今、投資を始めたい方には大チャンスです!
このコミュニティでは、「未来のための資産作り」をみんなで和気藹々と語り合いましょう。
お気軽に参加してくださいね♪ (参加方法
◆イラストご提供:「株初心者みはるん コバンザメ資産運用」さま

スポンサーサイト 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「国益」にうとい日本 (中川財務相辞任に思う) 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2009年02月18日 (水) | 編集 |
「無能なよっぱらい」「へろへろ会見」と内外のメディアから揶揄された中川昭一財務相が、辞任するそうです。
風邪薬服用か飲酒による「酩酊(めいてい)」のどちらか本人以外は分かりませんが、少なくとも記者会見の席に立てるかどうかの「判断」はつくはずです。彼をかばい続けた麻生総理もこの一件で引導を渡された感があります。

しかし、ことは2人の「仲良しダメ政治家」の話で済むものではなく、日本という国そのものが世界の笑いものにされた事実、「国益」に与えるダメージは計り知れません。「切腹してお詫びする」政治家足る者それくらいの覚悟と信念を持って、行動せねばなりません。

<海外メディアの報道>
●「サケ・プロブレム(酒問題)」と記者会見の映像を流した後、女性キャスターが「これが日本の財務相だ」と笑いながらちゃかした(米国MSNBCテレビ)
●「人望のない麻生太郎首相への新たな打撃」(ロイター、AP)
●「1970年代以来最悪の危機に直面している世界第二の経済大国のかじを取る責任者が、酒酔い運転だろうか」(英紙インディペンデント)
●東京株式式場の下落を伝える際に、記者会見の映像をだぶらせ、キャスター自身がろれつが回らないようなしぐさをした後、笑い転げた。(英BBC放送)
●「酒に酔ったように記者らの質問に思い通りに答えられず、ちんぷんかんぷんな発言をする醜態をみせ、国際的な大恥をかいた」と指摘(韓国聯合ニュース)
●「日本の財務相が『酔っぱらって』G7参加」と大きく報道(中国各紙)
(09年2月17日:産経新聞を参考)



国益との単語を持ち出しましたが、他国はどうでしょう?
逆らう国があれば絶対に許さないロシア、チベット問題では世界を敵に回した中国、化学兵器が無いのにあると難癖をつけてイラクを攻撃した米国。パレスチナ人を大量虐殺するイスラエルだってそう。

賛否はあるでしょうが、少なくとも「国益」に基づいて行動しています。
他国に対しては「国益」で譲らない一方で、自国内では、四川大地震で陣頭指揮を執り続けた中国の温家宝氏、アメリカに巣食う金融の闇に立ち向かうオバマ大統領。問題にがっぷり四つに取り組み、ねばり強く解決に取り組む真の政治家の姿がそこにあります。

一方わが国日本の総理大臣を見ると、
●美しく辞めれなかった「美しい国」安倍元首相
●いやみおじさんのままいつの間にか消え去った福田元首相
●「漢字読めない、空気読めない、行動よろめく」3KYの麻生首相

3人に共通するのは、「お金持ちのおぼっちゃん」と言う点もありますが、何よりも「国民のための行動力」「国益に基づく外交力」が完全に欠落している。これが世界の政治化との決定的な違いです。


話は変わりますが、世界第2位の経済大国日本の国際競争力は何位かご存知でしょうか?

正解は22位です。意外と思われる人がいるかもしれません。特に悪いのが、「政府の効率性」で39位。55カ国中の39位ですから相当に悪い。
出所:スイスIMD国際競争力ランキング(08年5月15日)

ちなみに、日本の誇る技術力だって、信じたくないことですが4位あたりです。

今、日本は転落しかけています。つい先日内閣府が公表した08年10-12月期の実質GDP成長率は前期比3.3%(年率換算で12.7%)の減少です。これはサブプライムの発信地である米国よりはるかに被害がでかい。政治の無策で、実際に企業がどんどん潰れています。

何も出来ない麻生首相は、一刻も早く退陣してもらわねばなりません。

そして、「国益で行動できる」強い政治家を送り出せるように、私たち自身の意識も変えていかねばなりません。

身近な例では、たかだかCO2排出量5%に過ぎない日本が、国内でエコバッグを持参しない人を白い目で見て満足することが地球を救う本質でしょうか?
なぜ「CO2排出1位と2位の国(全体の45%)が京都議定書に参加しないのはおかしい!」「これらの国に強く参加を呼びかけるのが日本の役目だ!」と他国に向けて声を上げないのでしょうか?僕はこちらが本質だと思います。

我々の意識も変え、強い指導者を育てていこうではありませんか。このままでは、いくら企業ががんばっても政治のせいで、子供たち世代の日本が潰れてしまいます。
コメント
この記事へのコメント
あついですね
あつい内容ですね☆
2世は議員になったらいかんですね!
いつも思います!
確実に日本は衰退している感があります。
日本の社会は平和で快適なので、競争意識をもちにくいと思います。
社会が大混乱していた明治の日本を見ると、激しい気性の政治家は多かったと思います。
しかし中国やアメリカのように貧困の国になってもどうかなと思いますし。
昨今の日本をみていると世界の頂点に立つよりも、世界の頂点を維持することのほうがむずかしいんだなと痛感します。
2009/02/19(Thu) 01:41 | URL  | かずや #-[ 編集]
かずやさんへ
はい、たまーにコメントに困るような熱い内容を書きます(;・∀・)
確かに2世議員はダメですね。中川正一氏も「北海のヒグマ」の息子さんですし、3代続いた総理経験者の息子や孫の安倍~麻生さんたちは特にひどいと思います。彼らに共通する目的は、「父や祖父のように総理大臣になること」なってしまったら目的達成のため、ろくなことができない。
安倍さんなんかは山口にそれはもう立派な大豪邸があり、庶民の買い物がどうかなんて全く分からないと思います。
歴史を勉強すると、おっしゃるように岩倉さんなど明治時代の政治家は「日本の国益」のために不利な通商条約を跳ね返すことに奔走しましたしね。その前の坂本竜馬さんたちも「日本の未来」を作ることに心血を注いでいました。
あと、残念ながら今の日本は、アメリカ以上に貧困度が高いです。先進国中ワーストワンだったと思います。
2009/02/19(Thu) 05:38 | URL  | ゆうちゃんパパ #-[ 編集]
ゆうちゃんぱぱさん、こんばんは

中川さんの会見には唖然としました。。。
テレビでは100年に一度の会見と皮肉っていましたが、まさにそのような感じがします。

本当に日本の政治家はどうなっているのでしょうか。国を良い方向にひっぱて行こうという意思を持って、それを実行に移せる人がなかなか見当たりません。

長く政治家でいるとぬるま湯につかってしまうのかもしれませんね。

橋本さんや東さんのように
他の世界を経験した人を登用したほうがいいのかなと最近では思いますが、どうなんでしょうか。

本当にいい加減にして欲しいですよね。

長くなりましたが、応援pさせていただきますね^^
2009/02/19(Thu) 18:01 | URL  | ぽんこ #-[ 編集]
こんばんわ
すみません。
勉強不足でわからないのですが、アメリカよりも貧困度が高いというのはどの資料からですか?
2009/02/19(Thu) 19:24 | URL  | かずや #-[ 編集]
あと
すみません。
あと私の記憶が確かならばですが、史実では岩倉さんにはリーダーシップがなかったとのことです(公家出身なので)岩倉さんの周りにいた使節団のメンバーが奔走したんじゃないかと思います(下級武士出身の人たち)。
2009/02/19(Thu) 19:27 | URL  | かずや #-[ 編集]
ぽんこさんへ
中川氏は結局、【自分自身で】お昼にワインを注文したみたいですね。風邪薬や睡眠薬をばかばか飲んでさらにお酒を飲んでの複合的要因ならば、男たるもの「すまん、酒を飲んだ」と認めるべきです。だめだなぁ。。。。
橋本知事の辣腕ぶりは見事なもので石原知事に外交を、橋本時事に内政を任せたらうまくいくかもしれないですね。ただ、東国原知事はがんと変えていく能力は未知数(どちらかというと和を重んじるタイプ)なので、官房長官レベルかなと思います。
僕は民主党の岡田さんあたりが総理大臣としては適任かと思います。あとは横浜市の中田さんとかでしょうかねぇ。
2009/02/19(Thu) 20:09 | URL  | ゆうちゃんパパ #-[ 編集]
かずやさんへ
ちょうど良い調べる機会になりました。
OECDなのですがうまいソースが見つかりません。比較的しっかりしているところとしてはPHPなどどうでしょう↓
http://www.php.co.jp/fun/the21/detail.php?page=06-11-1.html
それで、【米国以上】は【米国についで】の間違いでした。謹んでお詫びします。
あと岩倉さんのはおっしゃるとおりです。使節団のことです。それぞれがなれない外国でねばり強くがんばっていたみたいですね。
2009/02/19(Thu) 20:14 | URL  | ゆうちゃんパパ #-[ 編集]
ありがとうございます。。。
わかりやすい資料をありがとうございます!
しかしどうも違和感がありましたので、違和感の原因を考えてみました。
個人的な考察ですが・・・。
その違和感というのは失業率のことです。
日本の失業率は4%前後です。
しかしばらつきがありますが、先進国といわれている欧米というのは9%前後です。
単純に考えて人口比に対して日本の2倍はプアがいるはずです。
そこで考えたポイントは2つです。
まず一つ目が「相対的貧困層の割合」です。相対的とは何と何でしょうか?
資料をみるとバブル崩壊後、企業が非正規社員を増やしたことが、所得の二極化につながった。。。うんぬんとあります。つまり正規社員に比べて非正規社員はプアであるとのことです。それならば、もし正規社員と非正規社員の賃金や待遇に差が少ない国では、この貧困率というのは低くなるのではないか?ということです。つまり日本よりも人口比に対して2倍も非正規社員がいるはずなのに、相対的貧困率はイギリスやドイツの欧州諸国に対して2倍になっていません。欧州ではあれほど失業率の問題に苦しんでいるにも関わらずです。ということは日本と欧米では格差社会の質が違うということです。どう違うのかというと正規社員と非正規社員の賃金や待遇、うんぬんの差です。次の2点目につながるのですが、つまりその質というのは正規社員も非正規社員もリッチあるいは中流、もしくはプアです。または正規社員はリッチ、非正規社員はプア、あるいは正規社員は中流、非正規社員はプアあるいはスーパープアなどなどです。問題は日本がどれにあてはまるのか?ということです。これが2番目です。この2番目は資料から読み取ることはできません。資料ではあくまでも相対的な貧困率をかいているだけで、国民の生活の質にまでは言及していないからです。ここでワースト1位のアメリカについて考えてみたいと思います。これは資料として「ルポ貧困大国アメリカ」著:堤未果。からです。詳しくは読んでいただければいいのですが、資料によればアメリカの最下位の貧困層は人口の1/5です。5人に1人が貧困層です。しかもその貧困層というのは永住権があっても、市民権をもっていません。つまり移民です。その方たちが非正規社員として働くと時給は法定外の300円~400円とのことです。これでは生活できません。そのためアメリカの貧困層は食券の配給を受けているとのことです。しかも家に調理する設備も道具もないため、調理しなくてもよい安物のファーストフードを食べるしかなく、貧困=肥満となっているとのことです。この1/5の最下位貧困層に、さらに市民権をもつ貧困層も加われば、いったいどれほどの貧困層がいるのか?しかし思い出してみると日本に報道されるアメリカといえば、やれモルガンのCEOがボーナスを数百億円もらったとか、フォール街の役員の年収は100万ドルだとか景気のいい話を聞きます。またマドンナの年間の収入は100億円でした。日本のトップスターで100億円の収入がある人がいるでしょうか?そんな人ばかりではないと思いますが、5人に1人が時給400円前後の世界にいるなら格差が大きく相対的な貧困率が1位なのは当然でしょう。では日本はどうか?日本の非正規社員で家に調理設備も道具もなく、時給400円で食事は配給を受けている人がいるでしょうか?人口比に対して1/5もいるでしょうか?考えにくいです。ではなぜアメリカと日本は相対的貧困率ランキングの差が0.2%しかないのでしょうか?ひとつの案として、日本の非正規社員はスーパープアとまではいえないものの、OECDに調査されるようなそこそこの実力を持った日本の企業の正規社員は好待遇を受けており、非正規社員と比較すると差が大きくなるのではないか?ということではないでしょうか?日本には世界を代表するような企業が多く、いくら衰退しているとはいえ、上場企業の社員ですといえば、中規模の都市で合コンすると地場産業の事務で働く女性に一目おかれ、結婚式ではお父さんもお母さんもとりあえず安心だな。と思うでしょう。そう考えれば、格差は大きいと思います。また現在はどんどん減っていますが、かつては1億総中流といわれた日本です。そこから脱落した人が増えれば相対的に格差は広がるでしょう。日本の場合はいつかはクラウンと大合唱していたわけですから。今の世の中、一生のあいだに乗れても軽自動車という人が増えているのであれば、格差は極端に目だってしまうでしょう。では欧州の場合、日本の2倍の失業者がいて、相対的に格差が低いという結果になったのはなぜでしょうか?単に正規社員と非正規社員の差が少ないだけではないのでしょうか?つまり日本ほどの好待遇を得ているケースがすくないのではないでしょうか?なんといっても日本は世界で第2位の経済大国ですので。(欧州の現状はよく知らないのですが・・・)。基本的に日本の場合、公共の交通機関、電気、ガス、ブロードバンド環境など、あらゆる面でインフラが整っている上、国民皆保険制度、国民年金制度など、社会保障も最低限保障されています。さらに税金は先進国中2番目の低さ。アメリカは税金がもっとも安いものの、最低限の社会保障制度すらなく、極端な資本主義のため病院にいけば破産する始末。なのに日本とアメリカの税率の差がたったの4%しかありません。驚異的な数字です。また欧州などはばらつきがありますが、日本の1.5倍~2.5倍も税金を取られます。さらに日本やアメリカと違い間接税の割合が多いので、所得の低い人は本当に税負担を重く感じていると思います。などなどをみていくと、この資料をみて「相対的貧困率ランキング=日本は貧困度が高い」と考えるのは違和感を感じました。少なくともこのランキングでは日本とアメリカには貧困率の差が0.2%しかありませんが、実際にそこで生活している人の生活の質は0.2%では計りきれない以上に開いていると思います。また欧州に対しても、生活の質の差で負けることがあるのだろうか?と思います。先日ミシュランで東京が世界で一番星の多い飲食店のある街になりましたが、まったく驚きませんでした。ただ政治家の質に関しては、残念ながら、先進国中ではかなりの下位に入ってしまうのではないかと思います。
以上が私の感じた違和感でした。
ながながとすみません。。。
2009/02/20(Fri) 00:01 | URL  | かずや #-[ 編集]
おおおおお
ゆうちゃんパパさん、こんばんは♪

みはるんはこの記事を読んでなんか感動してしまいました!><;
ゆうちゃんパパさんの気持ちが伝わりました!
とってもわかりやすい記事だったし、日本がいかに危険な状況かというのが、経済初心者のみはるんでもひしひしと感じることができました。
日本の政治家さんには、もう「見ないふり、考えないふり」はやめて未来にむけて前進していきたいです。
(これはみはるん自身にも言えることなのですが;△;)

かずやさんのコメントも興味深く拝見させていただきました。ありがとうございました。
2009/02/20(Fri) 19:43 | URL  | みはるん #-[ 編集]
かずやさんへ
またしても貴重なご意見ありがとうございます。
今日も先週と同じように「投資でない別件」の勉強会で出かけますので、また帰って考えてみますね。
2009/02/21(Sat) 10:45 | URL  | ゆうちゃんパパ #-[ 編集]
みはるんさんへ
感動してもらったという言葉で、こちらこそうれしいです。
多少の偏見が入っていると思いますが、日本の一番厳しい時代にここ3代のダメ総理大臣が国力を低下させたことは本当に悲しいことです。
専門家のようにゆっくりと経済状況を分析する暇はありませんが、あと3~4ヶ月で大量の失業者が問題になり、3年でGDPが中国と逆転するような状況では、本当に国益や国民のことを考えることの出来る政治家の登場が望まれますね。
2009/02/21(Sat) 10:52 | URL  | ゆうちゃんパパ #-[ 編集]
かずやさんへ
すみません。今週末、完全に企画書2本にかかりっきりになっていました。(実は今も大幅修正に頭を痛めています。。。)
違和感の件、合い間合い間に考えてみましたが、正直裏づけを考えるのが難しいです。この企画がリリースできたら、また飲みながら話しましょう。(といい加減でごめんなさい)
2009/02/23(Mon) 23:13 | URL  | ゆうちゃんパパ #-[ 編集]
おつです☆
ゆっくりお話できればいいですね☆
無理なさらずがんばってください!
おやすみなさい!
2009/02/26(Thu) 01:20 | URL  | かずや #-[ 編集]
かずやさんへ
例の企画書の件、やっと峠を越しました。色々ご心配かけてすみません。
これからもせいごの会を支えるメンバーとして、よろしくお願いします。
2009/03/03(Tue) 00:46 | URL  | ゆうちゃんパパ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。