我が子のために株式投資 「負けない投資」

不祥事だらけの年金運用、派遣切りに代表される格差社会。足元まで迫った中国。こども達に何を残せるのか 【自分と家族】のための資産づくりを! [福岡発]
将来のお金をしっかりとためよう!(mixiコミュニティ)
ソーシャル・ネットワーキング サービス『mixi』 お悩み解決、初心者の株式投資♪  http://c.mixi.jp/hatsukabu
お悩み解決、初心者の株式投資♪株式相場が回復の兆しを見せている今、投資を始めたい方には大チャンスです!
このコミュニティでは、「未来のための資産作り」をみんなで和気藹々と語り合いましょう。
お気軽に参加してくださいね♪ (参加方法
◆イラストご提供:「株初心者みはるん コバンザメ資産運用」さま

スポンサーサイト 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経平均終値7086円、バブル後最安値更新 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2009年03月09日 (月) | 編集 |
日経平均がバブル後最安値を更新したそうです。7086円
とんでもなく安くなったもんですが、思えば小泉政権が発足した2001年5月頃から確かに安かった。その後しばらくの低迷の後、いつの間にかするする上がったことを考えると、上がりだすと早いだろうなぁ、また、現在は十分にそう思える水準の気がします。

最近、色々な人に本当によく聞かれるのが、「株は今買いでしょうか?」

世間のコンセンサスとしてもそろそろ買って良い水準と思っていることは間違いないでしょう。しかし、小泉政権時に経済が回復した頃と状況が同じかというと、ずいぶん違う。
特に、企業に残された手段の少なさ

厳しい製造業電機業界を例に取ると、当時は人件費がかなり高い日本人をリストラして中国に進出することで労働者を置き換え、日本製など高かった部品コストを削り、企業の業績が相当に回復しました。
ところが、現在は当時より相当にスリム化した組織、辞めてくれない製造系の年配社員、そのために維持せざるを得ない日本の工場。何よりも部品は中国製でめちゃめちゃ安く、しかも既に中国には工場展開しており労務費を下げることもできない。
反面、軽薄短小化した製品はグローバリゼーションの波で価格下落が激しく、新製品を出しても先の見えない消耗戦に突入してしまう。
こう考えると、しばらくは製造業(特に自動車、電機)の自助努力での回復余地は大きくなく、構造不況からなかなか抜け出せない。ゆえに、これらの企業に左右される日経平均の回復も遅いのではないかと思っています。

さきほどの「今買いか?」に対して、「うん、中国株に投資したらいいんじゃない?」と答えています。
もしくは、「製造業」、「不動産」などは捨て、「内需系」で海外に進出できるような強い企業(例えば、エムスリー)や景気回復期に恩恵が早そうな「海運」などかと思っていますが、みなさんの見立てはいかがでしょうか?

厳しい相場環境が続いていますが、いずれにしてもしっかりと世の中の動向を見据え、腹をくくって将来に備えていきたいですね。お互いがんばりましょう。

日経平均終値7086円、バブル後最安値更新
9日の東京株式市場で、日経平均株価(225種)の終値は、前週末比87円7銭安の7086円3銭と、昨年10月27日につけたバブル後最安値(7162円90銭)を更新した。
世界的な金融不安などが嫌気され、銀行や保険などの金融株が大きく値を下げた。日経平均は一時、前週末終値比144円61銭安の7028円49銭と、7000円割れ寸前まで下落した。
東証1部全体の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は、同10・86ポイント低い710・53で、バブル後最安値を更新した。東証1部の出来高は、約17億3700万株だった。
(09年3月9日:読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090309-00000671-yom-bus_all

テーマ:株式市況
ジャンル:株式・投資・マネー
コメント
この記事へのコメント
どれを買うか
悩みますよね。
虎穴に入らずんば、虎子を得ず。
いま、本当に怖いですw
2009/03/09(Mon) 19:27 | URL  | かずや #-[ 編集]
かずやさんへ
人間面白いもので、高い時は買えるけど安くなると買えないんですよねー。今なら損はしないと思いますよ。
問題は今かっていくら上がるか?例えばETFを8,000円で買って10,000円まで上がっても2割。このくらいの幅の上昇を得るために長く待たされるのであれば日本株全体と付き合う意味は薄いかなと思っています。
儲かる銘柄をきちんと探したいですね。
2009/03/09(Mon) 22:08 | URL  | ゆうちゃんパパ #-[ 編集]
質問です
>当時より相当にスリム化した組織

の根拠はなんでしょうか?2001年と比べて製造業のバランスシートがスリムになった形跡は見当たりません。生産力は当時に比べて猛烈に増えています。特にトヨタ。今日までの景気が『外需景気』とまで呼ばれたゆえんです。
その外需に支えられた過剰な生産能力を削減するときがまさにやってきました。これまでに生産能力を非正規雇用や外国人労働者によって積み上げてきた…すべては想定どおりではなかったかと。
好き嫌いはともかくとして製造業は相当にしたたかですよ。もはや国内企業、輸出産業と思うと間違えることになるかもしれません。
私は製造業は復活すると見ています。多数の失業者と引き換えに…ですが。
2009/03/09(Mon) 22:22 | URL  | kacky #njQshclQ[ 編集]
kackyさんへ
お久しぶりです。お元気でしたか?
製造業をひとまとめにするのは危険でしたので電機業界を例に取ったのですが、当時は山のようにあった管理職(部長、次長、課長、副長、係長、主事、主任などと呼ばれていたりする)の職位をおおぐくりにし、実質の管理的立場にいる人間を減らし、あふれた管理職を参事などの呼称で縦の線から外し、意思決定が軽くなるようにした経緯があります。当然役職手当が付きませんから、相対的には人件費も抑えられています。
僕も製造業に携わっていますが、実感として相当に厳しいですねぇ。原価率も下がらず、最初から限界利益率がマイナスの商品なんてあったりして、少々稼働率を上げたくらいじゃどうしようも無い状態です。もちろん、電機と自動車およびその他で労働形態が全く異なりますので、一概に製造業としてくくるのは無理があります。共通して言えるのは、おっしゃるように国内の労働者に手をつけて販管費を下げないとどうしようもありませんね。
2009/03/09(Mon) 23:14 | URL  | ゆうちゃんパパ #-[ 編集]
中国株ですか~
みはるんは外国株までまだまだ手がでません><;
いつか分散投資してみたいですが^^;
昨日ニュースでsanyoの希望退職者が予想の2倍に!というのを聞きました。これは企業的には良いことなんでしょうね。
それにしても不況だと、びっくりするニュースが連日でるのですごいですね。
2009/03/12(Thu) 18:05 | URL  | みはるん #-[ 編集]
みはるんさんへ
中国株はいいですよー。多分気付いたらあっという間に回復していると思います。もうその兆しありかな。
SANYOさんは典型的な弱電メーカーで一部の商品を除いて国内の高い工場労働者を使う必要は全くありませんから、会社にとってはWELCOMですね。今年度に特損で処理することはあまりネガティブな材料とはとらえられませんしね。
びっくりするニュース多いですねぇ。もう慣れっこになってきました(笑)製造業の在庫も十分減ってきましたし、そろそろ反転しそうな雰囲気ですよ。
2009/03/13(Fri) 02:38 | URL  | ゆうちゃんパパ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。