我が子のために株式投資 「負けない投資」

不祥事だらけの年金運用、派遣切りに代表される格差社会。足元まで迫った中国。こども達に何を残せるのか 【自分と家族】のための資産づくりを! [福岡発]
将来のお金をしっかりとためよう!(mixiコミュニティ)
ソーシャル・ネットワーキング サービス『mixi』 お悩み解決、初心者の株式投資♪  http://c.mixi.jp/hatsukabu
お悩み解決、初心者の株式投資♪株式相場が回復の兆しを見せている今、投資を始めたい方には大チャンスです!
このコミュニティでは、「未来のための資産作り」をみんなで和気藹々と語り合いましょう。
お気軽に参加してくださいね♪ (参加方法
◆イラストご提供:「株初心者みはるん コバンザメ資産運用」さま

スポンサーサイト 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非正規社員男性。結婚した割合は、正規社員の半分 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2009年03月12日 (木) | 編集 |
厚生労働省が公表した「21世紀成年者縦断調査」によると、2007年までの5年間に結婚した非正規社員の男性の割合は、正規社員の半分にすぎないそうです。

一方で派遣労働者ネットワークのアンケート結果によると、派遣労働者に占める既婚者の割合は2006年に比べて6.9%増の41.1%、独身単身者の割合は6.3%減の27.9%。逆に独身家族同居者の割合は5.2%増の28.8%と変化しています。また、扶養家族ありの割合も6.9%増の19.5%となっています。
このアンケートは、2006年に無回答が多く若干正確さにかけますが、2つの結果から
●独身単身の派遣労働者は経済的に厳しく、実家から通うようになった
●年収300万円の派遣労働者では、結婚したくてもしにくい
●家族を既に持っている人が、派遣労働者になっている
と見ても良いのではないでしょうか?

もちろん、「派遣労働者だけが非正規労働者ではない」、「結婚しない理由も経済的な面だけにはない」などの違う見方があることは分かりますが、それでも「結婚するにも金が無い」「将来も不安だ」との気持ちが強く働いていることは間違いないと思います。

さて、年金・医療費とお金をたくさん使っていながら、富の半数を握っているのは高齢者の方という事実があります。逆に、若者は現在および将来の金銭に大きな不安を抱えながら、高齢者を支える費用を払うばかり。貯金も出来ない。社会のしくみとして何かおかしいと思いませんか?

これは富の移転がうまくいっていない証拠だと思います。もちろん高齢者にも言い分があります。近所のおじいちゃん達とよく話しますが、彼らが一様に言うのは「不安だからお金を貯めているんだ」と。

しかしながら、この層でお金が滞っているのはまぎれもない事実です。
一定以上の資産を持っている高齢者は年金額を減額し医療保険も増額する、このお金で若年層の社会保険の負担を減らし、若者が安心して暮らせるための各種支援に回す。相続税の率を上げる手段だってあるでしょう。

本来、年金や社会保険というのは、社会的な弱者を助けるためのものである訳ですから、「弱い高齢者がいれば若者が支える」逆もしかりで「若者が苦しくなれば、裕福な高齢者が我慢する」であっても何ら不思議ではありません。

元凶として全ての世代にわたる「金銭的な不安感」が背景にありますから、政府は「あなたが年を取っても必ず面倒を看るから、そんなにお金を貯めこまずしっかりと使ってね」との見通しを示すことが必要ではないでしょうか?

現状「不安いっぱい」の高齢者は、まずは自分達夫婦のためにひたすらお金を貯めこむ。息子たちに遺産としてお金を引き継ぐ頃には、子供達自身が高齢者にさしかかっている。そしてやはり彼らもお金を貯めこむ。社会全体としてお金を貯めこむ構図になっている訳です。
だから、この流れに乗れていない若者達は、お金から見放されその子供達もお金の回らない流れに乗ってしまう。これがこれから起こる「格差社会」いや「市民二階層化」の流れでしょう。

先日、働いている母子家庭のお母さんから相談を受けました。家計がぎりぎりで本当に不安でたまらないとのこと。収支のバランスを見て改善できる余地を話し、「ここ一年はまずお金を貯めよう」となりましたが、彼女が一番知りたいのは「私と子供の将来、お金がいくら必要なんだろう」と言うことです。
こちらも責任重大なので、おいそれと「株で増やしたら?」なんて言えません。ライフプランチャートを一緒に作りながら、どの次点から貯金を何%の金融商品で運用するかなどを考えねばなりません。

話が長くなりましたが、このブログでは「年収300万円、都内30代、男性派遣社員」ががっちり生き抜けるためにはどうするか?みたいなことを考えていきたいと思います。

「非正規」男性、結婚難しく=出産も正社員の半分-厚労省
結婚適齢期の男性で2007年までの5年間に結婚した非正規社員の割合は、正規社員の半分にすぎず、出産した女性の割合も非正規と正規社員では2倍近い差のあることが11日、厚生労働省が公表した「21世紀成年者縦断調査」で分かった。
 「派遣切り」などが社会問題化する中、雇用環境が結婚や出産にも大きな影響を与えている実態が浮かんだ。
 同省は少子化対策を目的に、02年10月末時点で20歳から34歳だった男女を毎年追跡調査。6回目の今回は07年11月に実施した。
 02年の調査で独身だった男性約4400人のうち、この5年間に結婚した割合は、正規社員が24.0%、非正規社員12.1%。直近1年間の増加分は正規社員6.0ポイント、非正規社員は3.0ポイントだった。(09年03月11日:時事通信) 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090311-00000106-jij-pol


厳しい男性結婚率、正規と非正規で格差2倍
20、30代の生活実態を継続的に追う厚生労働省の「21世紀成年者縦断調査」で、正規雇用で働く男性が結婚した割合は、派遣やアルバイトなど非正規社員の男性に比べて、約2倍高かったことが11日、分かった。所得が高くなるほど、結婚した男性の割合が高くなる傾向も判明。雇用形態が結婚に影響し、不安定な地位、収入の非正規は正社員より結婚が難しくなっている実態をうかがわせる。
厚労省は「この調査は最近の景気悪化が起きる前に実施したもの。結婚率は、さらに差が出る恐れもある」と推測している。
調査は少子化対策の基礎資料にするため、平成14年10月末時点で20~34歳だった男女を毎年追跡。6回目の今回は19年11月に実施し、計約1万6400人から回答を得た。
調査によると、初回調査で独身だった男性のうち、19年までの5年間に、働く人の23%、無職の9%が結婚した。働く人のうち正社員は24%で、非正規社員は12.1%だった。女性は男性ほど正規・非正規で顕著な差はみられなかった。

3回目から分析が始まった所得別では、「100万円未満」で3年以内に結婚した男性の割合が8.2%なのに対し、「400万~500万円未満」の収入がある男性は20.6%が結婚していた。
(09年3月12日:産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090312-00000503-san-soci
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/230686

コメント
この記事へのコメント
こんにちは
ゆうちゃんパパさんの記事はいつもわかりやすくて勉強になります(`・ω・´)!
日本の貯蓄額って世界的に見ても相当多いらしいですね。資産運用が根付いてないし、将来は不安ばっかだし、もう貯蓄するしかない><;ってイメージなんでしょうね。
年金や社会保険料も20代のみはるんから見ると、正直払うことにあまり価値を感じることができません・・・
不安が不安を呼んで、不安スパイラルが生まれてしまってる気がします(;´Д⊂)
2009/03/12(Thu) 17:55 | URL  | みはるん #-[ 編集]
はじめまして
いつも拝見させていただいています。

福岡で学習会などをしておられ、参加させてもらいたいですが、私は関西なので無理です。

ところで私も2児の父で本当に時代は悲しい方向に向かっていると実感します。私が20数年前、大学を卒業したころとはまったく変わってしまいました。
そのころは正社員が基本で派遣社員などなかったし、アルバイトも気楽な方がしていたくらいでした。

若年層はの派遣やフリーターは悲惨そのものです。製造業に限らず奴隷のように扱われ、切り捨てられていっています。
こんな社会でどうして子供を安心して育てていけるでしょうか?
”無理に決まってるだろーう”という悲痛なさけびが聞こえてきそうです。

また、これから生まれてくる子供たちは、この国で生きていくのは多大なる苦労が伴うことが確実になっています。
何かおかしいですよね!!
元気なのは年金生活者のみ、こんな国に誰がしたの?
消費税20%にして、若者の年金不安を払拭して老若男女ともに支えあう国になってほしいです。
2009/03/12(Thu) 22:44 | URL  | atok440 #-[ 編集]
みはるんさんへ
ほめてもらってありがとうございます。照れるなあ。。。
日本の貯蓄額は抜群に多いです。「世界に誇れる貯蓄大国?」おっしゃるとおりその元凶は「将来に対する不安」ですね。若い時にしっかりと高齢者を支えて、自分が高齢者になった時には安心してお墓にいける。この社会構造を作らなければもう国として危ないですよ。
それから年金や保険料などの社会保障のシステムは本来「自分が不幸にして障害を受けた場合、同じく不幸にも長生きした場合、母子家庭や寡婦など」の若年層を含めたセーフティネットなんですよね。年金など実は割としっかりと設計されています。そのことに対する国民の意識改革が必要なのですが、なんせそれをやるのが最もおかしい団体の一つの社会保険庁。これではどうしようもありません。意識を変えろというほうが無理というもんですね。だから不安のスパイラルに陥ってしまう。悪循環です・・・
2009/03/13(Fri) 02:50 | URL  | ゆうちゃんパパ #-[ 編集]
atok440さんへ
こんにちは、はじめまして。
読んでいただいており、うれしいです。またコメントもありがとうございます。とても励みになります。atok440さんは関西にいらっしゃるんですね。今年も関西に遊びに行こうと思っていますから、お会いできたらいいですね。
僕が卒業した15年ほど前もatok440さん達の頃より就職が厳しかったくらいで、それでも正社員が基本でしたものね。またその後もオフィスに来る「派遣さん」は事務能力が優れてて社員さんたちとも仲良くやってました。バイトもバイトさんって感じでした。
ところがいつ頃からでしょう、製造業の派遣が解禁され、フリーター・ニートが好む好まざるに関わらずライフスタイルとして認知されたあたりからでしょうか。「市民二階層化」してしまいました。年収300万円の内、家賃や光熱費、食費と生活に欠かせないものを除くと全く贅沢しなくても、独身で年に100万円程度、家庭があれば20万円ほどしか残らないのではないのでしょうか。
家も買えませんし子供にも十分にしてやれない。少しできる蓄えは子供の学費にまわせたとしても、自分の老後のお金なんてとても。。。「結婚せずに自分の老後に備える」か「子供を育てて自分の老後は考えない」か、厳しい選択です。
今の年金生活者は食うに困りませんが、我々の老後ではどうか。。。。しかし彼らが自分達の手で社会を作り日本を豊かにして今を享受しているように、我々も自身の手で自分と子供達がしっかり生きていけるように、がんばっていかねばなりませんね。

またコメントいただけたらうれしいです。
2009/03/13(Fri) 04:14 | URL  | ゆうちゃんパパ #-[ 編集]
はじめまして。
岩崎かおるさんところから遊びに来ました~(^-^)

まさに、30代、男性、臨時職員、年収は300万もありませんです。都内ではありませんが、福岡にいます。

ベビーブームで受験戦争を勝ち抜いてきた、ロストジェネレーション世代です。そして4月から、ニート生活になります。就職はごらんのとおり厳しいです。

結婚についてですが、当時交際していた人から、私の先が見えないということで去っていきました。それからというものお金の大切さに気付き、社会は守ってくれない。そして頼れるものは自分自身と気付き、投資に目覚めました。
幼い女の子がかつて、「結婚するのが夢」と言っていましたが、まさしく自分の心境がそうです(^_^;)。

しかし、私自身経済的に自立していないので、結婚なんて夢のまた夢です。

本当に今の年配の方はお金をたくさん持っていらっしゃいます。私も仕事柄そういう方たちと正社員とともに接してきました。

そして私は30年後の老後の生活よりも、3ヶ月先の人生も分からない状態なので、先のことを考えるよりも明日のことを常に考えています。
2009/03/15(Sun) 17:58 | URL  | MAO #-[ 編集]
MAOさんへ
はじめにお詫びします。
誤ってコメントを削除しましたのでこちらで手動でアップさせてもらいました。ごめんなさい。
---------------------------------
福岡の方なんですね。僕も福岡なので親近感が持ててうれしいです。
個々には素晴らしい能力や働く気はあるのに、世代によって厳しい環境となるのはやるせないものがあります。
戦後の日本を復興させた功労者とは言え、今の高齢者世代は概して裕福であり社会的にも有利なしくみになっています。次に続く段階の世代は何とか恩恵に預かっていますが、今の若い世代は、勤労者の3分の1が非正規社員であることを考えると相当な割合で、非正規雇用で搾取される側に回らせられてしまっていると思います。つまりグローバリゼーションの波で相対的な賃金の高さが顕在化したしわ寄せを全部若い世代にかぶせてしまっている。
昔は「普通に就職して普通に結婚する」そんな感じのところがありましたが、今は普通に働いても食うのがやっと。何でこんな時代にしてしまったのだろうかと、はらがたちます。
MAOさんも投資をされているとのことなので、ぜひ、成功してください。応援していますし、一緒にがんばりましょう!
2009/03/15(Sun) 18:28 | URL  | ゆうちゃんパパ #-[ 編集]
よろしくお願いします。
お返事ありがとうございます。

今の状況になったからこそ、投資に目覚める良いきっかけになったと思っています。少なくとも正社員としてずっと働いていたならば、投資なんてやってないですし、色々なものの見方は出来てなかったと断言できます(^_^;)

今度勉強会があるときは是非参加させてください。よろしくお願いします。
2009/03/15(Sun) 19:42 | URL  | MAO #X5XodAgg[ 編集]
MAOさんへ
返事遅くなりまして、ごめんなさい。立て込んでおりました。

投資のきっかけってほんと人それぞれですね。僕も投資をすることによって前向きな気持ちを得ましたし、勉強することも学びました。これからもがんばりましょう。
次回の勉強会、4月11日を予定しております。ただ、昨今の投資マインドの冷え込みからか参加者が現時点で集まっておりません。開催が決まりましたら、真っ先に声をかけさせてもらいますね!
2009/03/19(Thu) 01:21 | URL  | ゆうちゃんパパ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/03/21(Sat) 18:34 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。