我が子のために株式投資 「負けない投資」

不祥事だらけの年金運用、派遣切りに代表される格差社会。足元まで迫った中国。こども達に何を残せるのか 【自分と家族】のための資産づくりを! [福岡発]
将来のお金をしっかりとためよう!(mixiコミュニティ)
ソーシャル・ネットワーキング サービス『mixi』 お悩み解決、初心者の株式投資♪  http://c.mixi.jp/hatsukabu
お悩み解決、初心者の株式投資♪株式相場が回復の兆しを見せている今、投資を始めたい方には大チャンスです!
このコミュニティでは、「未来のための資産作り」をみんなで和気藹々と語り合いましょう。
お気軽に参加してくださいね♪ (参加方法
◆イラストご提供:「株初心者みはるん コバンザメ資産運用」さま

スポンサーサイト 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚インフルエンザと「マスク」 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2009年04月26日 (日) | 編集 |
ここ2~3日で豚インフルエンザの猛威が急激にピックアップされてきました。鳥インフルエンザばかりが警戒されていたため、豚はノーマークであったようです。それにしても感染力が凄い。

メキシコでは感染者1,000人以上、既に80人以上が死亡し、パニックの様相を呈しています。邦人も5,000人ほどいるとのことですので帰国させることが必要でしょうが、メキシコからの帰国したニュージーランド人にも感染者が出たと言うことは、ヒスパニック系以外の人もかかることが分かりました。

日本への帰国時にサーモグラフィによる懸命な水際対策が行われていますが、メキシコでの発生状況次第では、大統領令によるメキシコからの出国が制限される可能性がありますから、日本人の帰国も難しくなるかもしれません。
日本国政府も、迅速かつ慎重な判断が要求されるようになっています。

しかし、狂牛病の「牛」、鳥インフルエンザの「鳥」、そして今回の「豚」となると、なんとなく安全な肉が「魚」しかないような錯覚に陥ってしまいます。もちろん、狂牛病の発生過程とは大きく違うのですが、それでも牛の骨を牛に食べさせるような恐ろしいことをやっている罰ではないのかと、食の安全に対する不安が増すばかりです。(豚肉は内部を71℃以上になるようにしっかり加熱しましょう)

さて、余談ですが、テレビ画面を見ると、メキシコでの青いマスクを始め多くの関係者がマスクをしていました。(なにゆえ青?

マスクと言えば、株の世界で有名なのは重松製作所(7980)
重松製作所、感染症対策セットIIIかつてイラク戦争時の毒ガス懸念や、鳥インフルエンザの時など、マスクの需要が連想される時には必ず株価が上昇しました。

今回はマスクの大特需の可能性があります。今までの連想買いと違い、明日の4月27日から株価は持続的に上昇するかもしれません。
(写真は、重松製作所の「感染症対策セットIII」)

【英国】航空大手BAの客室乗務員、メキシコ豚インエンザ感染の疑いで検査=英紙
 英国航空の客室乗務員の一人が、メキシコから米国に飛び火している豚インフルエンザに感染した疑いで、ロンドン市内の病院の隔離病棟に収容され検査を受けているもようだ。英紙オブザーバーが26日付で報じた。同乗務員はメキシコからのフライトでロンドン入りしていた。これが欧州で最初の感染の疑いに関する報道となる。
 同乗務員は38歳の男性でロンドン北西部のノースウィック・パークにある病院に収容されている。健康保護局(HPA)は、同乗務員の検査を行っていることは認めたが、「慎重を期して呼吸器系などの疾患について検査を実施している。現時点で英国や欧州で豚インフルエンザの人体への感染は確認されていない」と述べている。
 また、ロイター通信によると、メキシコのコルドバ保健相は、新型豚ウイルスによる同国での死者数は今月だけで81人に達し、1,300人が感染した疑いがあるとしている。
(09年4月26日:NNA)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090426-00000101-nna-int

関連記事:
豚インフルエンザ、NZでも感染疑い メキシコから帰国の25人(CNN)
豚インフル感染の公算大=メキシコから帰国の10人-NZ(時事通信)

ちなみにタミフルは効くようですので、少し安心しました。
予防のためのワクチンは無く、「うがい・手洗い」の励行しか無さそうです。他には「銀イオンスプレー」あたりが有効かもしれません。しかし、高速道路1000円の例でETCが売り切れたように、この手の商品は欲しくなった時には絶対に手に入りそうにありませんね↓
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。