我が子のために株式投資 「負けない投資」

不祥事だらけの年金運用、派遣切りに代表される格差社会。足元まで迫った中国。こども達に何を残せるのか 【自分と家族】のための資産づくりを! [福岡発]
将来のお金をしっかりとためよう!(mixiコミュニティ)
ソーシャル・ネットワーキング サービス『mixi』 お悩み解決、初心者の株式投資♪  http://c.mixi.jp/hatsukabu
お悩み解決、初心者の株式投資♪株式相場が回復の兆しを見せている今、投資を始めたい方には大チャンスです!
このコミュニティでは、「未来のための資産作り」をみんなで和気藹々と語り合いましょう。
お気軽に参加してくださいね♪ (参加方法
◆イラストご提供:「株初心者みはるん コバンザメ資産運用」さま

スポンサーサイト 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAL会社更正法申請で、利用者はどこに着目すべきか? 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2010年01月19日 (火) | 編集 |
JAL(日本航空)が、本日会社更正法の申請をしました。
2兆円以上の負債を抱え、戦後最大の経営破たんとのこと。

JALはナショナルフラッグキャリアーであり、国が全面的に再生をバックアップすること自体は、影響を考えると間違いでなかろうとは思います。しかしTVでは「やれ、マイレージの保護」だの「JALクーポンの使用を急ぐ人々」だの表面的なことを好んで報道しています。また、年金の減額も、本来はJALの当事者もしくは過去の当事者の問題にすぎません。

では、利用者にとっての最大の懸念は、何でしょう?

それは、今後の「安全性・信頼性」についてではないでしょうか。

JALについて国民が忘れてはならないのは、複雑な労使関係などもからまった「整備ミスの連発」は、まだ記憶に新しいところです。そして今後大型のリストラが予想される中、整備力が一気に弱まることはあっても、現状より強くなることはそれほど期待できないでしょう。

さらにもし飛行機が落ちた時に賠償はどうするか?

1982年:日本航空350便墜落…24名死亡(片桐機長逆噴射事件)
1985年:日本航空123便墜落…600億円/520人死亡 (参照wiki)

ここ最近1000億円単位で運転資金が足りなかったJALが墜落した場合、下手をすると厚生中であることで国際的な決まりごとの一人当たり「1600万円程度」~数千万円しか支払われない可能性があるのではないかと思います。

我々サラリーマンの命は決して安くなく、2億円程度は補償されないと、変な言い方ですが割にあいません。(交通事故の補償に照らしても妥当な額)

以上の「今後の整備力の弱体化懸念」「資金難による補償額の減額」を考えた時に、JALを選ぶ理由はどんなことによるものでしょう。もちろんJALへの愛着や同情などの理由で乗ることも自由、路線によってはJALしかないこともあるでしょう。

でも、私はANA便しか乗らないようにしていますし、今後も経営状態が改善しない限りは怖くて乗れません。
多くの従業員・関係者を抱えるJAL。一刻も早い「信頼」の回復を願ってやみません。

余談ですが。。。
個人的には、航空業界の不自由な産業構造によりデルタなど海外からのM&Aが難しい以上、777などの機体を中心にANAに譲渡し、被害拡大を食い止めることも手としてある気がします。

大阪伊丹発~福岡空港行きの最終便は、JALがMD-90(150席)に対してANAがDHC8-Q400(74席)。先日もANA便を利用しましたが、74席中65席~70席は埋まっていましたので、今、767などに比べてMD-90の燃費がどうかは分かりませんが、やはりANAの方が、小さいサイズを運行していると言えます。
ただ、ANAのDHC8-Q400は悪名高きあのボンバルディア(プロペラ機)ですので、JALのMD-90とどちらに乗るかは悩むところですけどね。。。。


日航が更生法申請 戦後最大の経営破綻で政府管理下に
経営再建中の日本航空と主要子会社2社は19日、東京地裁に会社更生法の適用を申請した。日航によると、グループ3社の負債総額は2兆3221億円となり、事業会社として戦後最大の経営破綻になる。日航の西松遥社長は同日付で辞任した。
日航はこの日午後、臨時取締役会を開き、会社更生法の適用申請を正式に決定した。

これを受け、官民共同出資の企業再生支援機構は支援を決定、政府も運航を全面的にバックアップする声明を発表した。支援機構が公的資金で3000億円を出資し、運航を継続させながら3年以内の経営再建を目指す。

「ナショナルフラッグ・キャリア(国を代表する航空会社)」として日本の空の足を担ってきた日航は事実上、政府管理の下で経営再建に取り組むことになる。
(2010年1月19日:産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100119-00000585-san-bus_all

コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰です。
なるほど、そういう見方が有りましたか。
確かに、利用者としては正しい判断ですね。
しかし、この会社も携わっている人が多いだけに
なんとか良い方向に再生してもらいたいものです。
「親方日の丸」の体質を改善して・・・
2010/01/20(Wed) 22:59 | URL  | ジミー #-[ 編集]
ジミーさんへ
いつもありがとうございます。
お元気されてましたか?

会社更正法の申請が起きる度、「リストラ」について、同じサラリーマンとしていつも身につまされる思いがします。
今回は「退職金」の問題に焦点が当たり過ぎている感が否めませんが、JALが好きで入社した現役の方にしっかりと配慮していただくことを願ってやみません。
2010/01/31(Sun) 23:32 | URL  | ゆうちゃんパパ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。