我が子のために株式投資 「負けない投資」

不祥事だらけの年金運用、派遣切りに代表される格差社会。足元まで迫った中国。こども達に何を残せるのか 【自分と家族】のための資産づくりを! [福岡発]
将来のお金をしっかりとためよう!(mixiコミュニティ)
ソーシャル・ネットワーキング サービス『mixi』 お悩み解決、初心者の株式投資♪  http://c.mixi.jp/hatsukabu
お悩み解決、初心者の株式投資♪株式相場が回復の兆しを見せている今、投資を始めたい方には大チャンスです!
このコミュニティでは、「未来のための資産作り」をみんなで和気藹々と語り合いましょう。
お気軽に参加してくださいね♪ (参加方法
◆イラストご提供:「株初心者みはるん コバンザメ資産運用」さま

スポンサーサイト 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央銀行総裁として「あるべき姿」は? 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2010年02月19日 (金) | 編集 |
日銀の白川総裁がインフレターゲットについて、「インフレ目標導入に慎重」な発言をしたとのことです。管財務大臣の「1%を政策目標にする」との発言に対する牽制的な意味合いが含まれているものと推測します。
しかし、数ヶ月前の86円まで迫った円高時の日銀の無策ぶりは記憶に新しいところであり、輸出国である日本が「円安=株高=経済成長」であることは、長期的には間違いないところ。またインフレ無き経済成長があるならば、対案をきちんと示すべきでしょう。

「インフレ目標」「円安歓迎」
経済素人と揶揄される菅さんのマクロ的な視点は、私は正解だと思います。
官僚的な小さな反発心や揚げ足取りでなく、世界第2位の経済大国の中央銀行としてもう少し別のところ、つまり「国益を守る」ことにエネルギーを使ってもらいたいものです。

「ミスター円」と呼ばれた榊原氏を見習って欲しい。

インフレ目標導入に慎重=トヨタ問題の影響注視-日銀総裁
 白川方明日銀総裁は18日の金融政策決定会合後の記者会見で、一定の物価上昇率達成を目指すインフレ目標政策について「物価以外の金融・経済の不均衡を見過ごし、金融危機発生の一因になったとの問題意識が(先進各国の中央銀行の間で)高まっている」と指摘した。その上で、中長期的な物価安定の目安を示すにとどめている日銀の枠組みを「現状では最適」とし、同政策の導入に慎重な姿勢を示した。
 日銀は物価安定の目安として「消費者物価指数の前年比上昇率が2%以下のプラスの領域で、1%を中心に考えている」と公表しているが、政策目標とは位置付けていない。白川総裁はこれに関連し、インフレ目標導入国と非導入国両方の政策の利点を取り入れていると説明した。
 トヨタ自動車が国内外で大規模なリコール(回収・無償修理)に追い込まれた問題では「現状で(経済への)大きな影響は出ていない」とする一方、生産の減少がマクロ経済や物価に与える影響を注視する考えを示した。
(2010年2月18日:時事通信)
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/commodity_price/?1266495730


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。