我が子のために株式投資 「負けない投資」

不祥事だらけの年金運用、派遣切りに代表される格差社会。足元まで迫った中国。こども達に何を残せるのか 【自分と家族】のための資産づくりを! [福岡発]
将来のお金をしっかりとためよう!(mixiコミュニティ)
ソーシャル・ネットワーキング サービス『mixi』 お悩み解決、初心者の株式投資♪  http://c.mixi.jp/hatsukabu
お悩み解決、初心者の株式投資♪株式相場が回復の兆しを見せている今、投資を始めたい方には大チャンスです!
このコミュニティでは、「未来のための資産作り」をみんなで和気藹々と語り合いましょう。
お気軽に参加してくださいね♪ (参加方法
◆イラストご提供:「株初心者みはるん コバンザメ資産運用」さま

スポンサーサイト 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永く続けられる投資を 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2005年12月18日 (日) | 編集 |
今TVのニュースでインド経済成長の特集をやっていました。購買力を持った中間層が急激に増えて人口の30%弱を占める二億数千万人(!)になっており、数年後にはそれが50%近くにまで増えるとのこと。久しぶりにニュースをまじまじと見てしまいました。

確かに今、インドの株式市場は絶好調でスピード違反の感は否めませんが、日本国民の倍の中間層が消費に走っていることは事実です。(消費好きの国民らしいです)そして、世界中の企業が彼らにターゲットを定め、あの手この手で彼らにものを売っている。

地球他方、日本の株式市場も確かに絶好調なのですが、それはバブル後の失われた何年間かを取り戻しているに過ぎず、過去最高益という結果も企業の経営合理化つまり厳しいコスト削減と人員整理によるところが大です。事実、数年前まで大手企業の凡庸な課長さんでも定年間際には1,000万円近くの年収がありましたが、今はそんなことはありえません。彼らは厳しい年棒制にさらされるようになっています。
そして、投資ブームに乗って多くの人が株式市場に参加するようになりましたが、その日本市場はインドや中国の経済成長とは明らかに成長余地が違います。富の面にハイライトすると、『日本市場=失った富の回復』、『インド、中国=新しい富の創造』と言えるでしょう。

ただしこのような時代に悲観することはありません。
自国経済が成長せずとも、大英帝国イギリスの金持ちはいついかなる時代でも投資によって莫大な利益を得ています。中東における欧米石油メジャーがその代表例です。現在では、成長するインドやBRICsへの資本投下がそれに当たります。

ゆうちゃんパパは、彼らアングロサクソンの狩猟民族的考えを自分の投資に応用し、インドや中国投信を早くに買い始めました。(中国では高いところで買ってもしまいましたが)
幸い株式投資と言うものは知能労働の最たるもので、肉体労働と違い引退を相当遅くできる。そして投資の技術をしっかりと身につけておけば、例え現在の仕事をやめてもすぐに投資で活躍できるでしょう。

儲かっている今だからこそ、しっかりとした『投資技術』とゆるぎない『心の力』を身につけていきませんか?

新興国の成長をしっかりと頂く
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/12/19(Mon) 00:13 |   |  #[ 編集]
うちのブログにコメントありがとうございました。
「心の力」、僕も身につけたいものです!(^^)
2005/12/19(Mon) 00:18 | URL  | 水瀬 ケンイチ #THQoKXAA[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/12/19(Mon) 09:39 |   |  #[ 編集]
おつかれさまです!SBIを売ってなんか楽になった気がします・・笑。
インドも中国も知らない間に急成長してたんですね。
2005/12/19(Mon) 19:08 | URL  | こうたろう #-[ 編集]
水瀬 ケンイチさんへ、こうたろうさんへ
>水瀬 ケンイチさん
こちらこそいつもありがとうございます。また、お友達Mちゃんの話も良かったですよ。ためになりました。

>こうたろうさん
SBIはもう株価を見ていないのですが、しばらく息切れするんじゃないでしょうか。。。勘ですがそんな気がします。
そうです、インドや中国はこれから数年間に渡って収益が期待できると思っています。
2005/12/19(Mon) 20:43 | URL  | ゆうちゃんパパ #-[ 編集]
参考になりました。
こんばんわ^^
知能労働と投資技術と心の力を身につけなくては・・
大変です。(笑
奥が深いですよね。
2005/12/19(Mon) 21:50 | URL  | nani #KsPDQ/Wk[ 編集]
どんなにトレード技術が高くても、それを冷静に
遂行できる能力がないと、なかなか維持できないんですよね。

穴の開いたバケツでいきなり水を汲むのではなく、
穴を補修する技術を先に身につけないと...

自分の場合、補修技術がないまま調子に乗って信用に入り、
めちゃくちゃ痛い目にあいました^^;
2005/12/19(Mon) 23:14 | URL  | spiral_blue #-[ 編集]
お疲れ様です。
インドへの投資は、今月のダイヤモンドザイでも投信の特集がありました。
インドに関しては興味があるのですが、なんとなく不安を感じます。
確か、インドの産業の10%以上が農業だと聞いたことがあります。
インドは天候のリスクが高く、天候で経済が左右されるようなことを聞いた記憶があります。
2005/12/20(Tue) 23:35 | URL  | 雅楽多 #-[ 編集]
TBさせていただきました
長期投資における「心の力」を助けてくれる言葉をご紹介した記事を書いてみました。お手すきのときにでも見てやってください。
2005/12/21(Wed) 00:32 | URL  | 水瀬 ケンイチ #THQoKXAA[ 編集]
みなさま、ありがとうございます
>naniさん
そうそう。最近色々な人のブログを読んでデイトレもいいなって思うのですが、投資は期間の長短に関わらず我慢が出来ないと大きく勝てないなって思うこの頃です。お金かかってますからね、やっぱり大変な世界です。

>spiral_blueさん
『穴の開いたバケツ』の表現はいいですね。ついすくってみて穴が開いているのに気づきますもんね。信用で被害が大きくなることを考えたら、『金魚すくいの穴のようなバケツ』というのはいかがでしょう?慎重にやらないとすぐに破れてしまいます。

>雅楽多さん
記事にも書いたのですが、タミルナドをはじめとする南インドはまだまだ元気なようです。確かに農業は天候で左右されますが、サービス業の影響の方が大きい気がします。
インドにはまだ成長余地があると思いますが、今からの投資は儲けが少ない気がします。と言うのも静かにブラジルや東欧に資金シフトしているような感じですよね。

>水瀬 ケンイチさん
TBとセットのコメント、ご丁寧にありがとうございます。このような気持ちの良いやり方は大歓迎です。
いつもながら重みのある記事ですね。
2005/12/21(Wed) 23:22 | URL  | ゆうちゃんパパ #-[ 編集]
こんにちは
投資期間の長短はそのときの地合いによっても判断が難しいですよね。
もみ合っているときはデイトレに分がありそう。
でもトレンドがはっきりしたらギャップアップ、ギャップダウンの狙えるスイング~中長期がいいかも。
長期となると今の日本国内では私から見ると未知の世界な感じで怖いです。
まだ30年そこそこしか生きてないので・・・。
やはり、海外に目を向けざるを得ないのかな?
と、ぼんやりと考えてます。
だけどゆうちゃんパパのとこに来るとぼんやりじゃだめだ!っていつも思うんですよね・・・。
2005/12/22(Thu) 09:46 | URL  | sunny #sQlib0Kk[ 編集]
sunnyさん、ご訪問ありがとうございます
そうなんですよね。最近デイトレの良さにも目をつけています。つまり上昇相場の中でも、買ったら上がるので簡単に利益が取れるんですよね。下降相場では売りから入らないといけないため売り買い両方の信用知識が必要ですが、上昇の時は現物買い知識だけで対応できますし。
今読んでいる本に面白い一文があって、『知識と資産を持つ人たちは負けることの無い資産に既に組み替え終わった』とあります。つまり、日本が破綻してのインフレに対応する準備が出来ているそうです。今の間に資産を築いて、対応できる知識を身につけたいですね。
2005/12/23(Fri) 08:14 | URL  | ゆうちゃんパパ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
株式インデックスファンドは、急に値下がりすると売りたくなるものですが、昨今の日本株ように、急に値上がりしても、利益確定売りをしたくなる欲求に駆られるものです。そんな時は
2005/12/21(Wed) 00:20:00 |  梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー
このサイトは株式ニュースやIPO情報などをリアルタイムで発信する投資サイトです
2005/12/21(Wed) 10:36:11 |  くま男のブックマーク~QRコードで携帯サイトにアクセス
ボーナスの一部で、HSBC BRICsオープンファンドを購入しました。知っている方も多いとは思いますが、BRICsファンドとはブラジル、ロシア、インド、中国の株式に投資する投資信託です。
2005/12/21(Wed) 23:54:07 |  株をはじめる前に読むブログ
「シーゲル博士の株式長期投資のすすめ/ジェレミー・シーゲル(Jeremy J. Siegel)」内容(「MARC」データベースより)株と確定利付き金融資産の過去のリターンとリスク、そしてそれに影響を与える要素を検証し、結果資産を長期に最大にする投資戦略をわかりやすく解....
2005/12/24(Sat) 11:44:13 |  「国家破綻に勝つ資産運用」~KANバーチャルファンド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。