我が子のために株式投資 「負けない投資」

不祥事だらけの年金運用、派遣切りに代表される格差社会。足元まで迫った中国。こども達に何を残せるのか 【自分と家族】のための資産づくりを! [福岡発]
将来のお金をしっかりとためよう!(mixiコミュニティ)
ソーシャル・ネットワーキング サービス『mixi』 お悩み解決、初心者の株式投資♪  http://c.mixi.jp/hatsukabu
お悩み解決、初心者の株式投資♪株式相場が回復の兆しを見せている今、投資を始めたい方には大チャンスです!
このコミュニティでは、「未来のための資産作り」をみんなで和気藹々と語り合いましょう。
お気軽に参加してくださいね♪ (参加方法
◆イラストご提供:「株初心者みはるん コバンザメ資産運用」さま

スポンサーサイト 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何パーセントの上昇が必要か?(72の法則1) 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2005年09月22日 (木) | 編集 |
唐突ですが、『72の法則』って知っていますか?これは複利計算の式で、元本を2倍にするためには年利何パーセントで何年間運用すれば良いかを考えるための計算式です。
例えば、【年利3%ならば、24年後に元金が2倍に】 【年利12%で運用できたら、何と6年で2倍に】 という具合です。
逆に、今手元に100万円あったとすると、10年間で200万円にするためには年利7.2%で運用しなければいけないことになります。これが『72の法則』です。

お金ここでちょっと考えてみましょう。30歳の時に子供が生まれ、それを機に100万円を『我が子のために投資』したとします。『72の法則』でいけば、子供が10歳になる40歳の時に200万円、同じく20歳の成人を迎える時すなわち50歳になった時には400万円になる計算になります。
子供が成人する時に100万円が300万円に増えている、つまり20年で200%の上昇率を示すことになり一般の書籍では十分なリターンです。

しかし、平均1,000万円の年金払い損が出る我々と比べもっと過酷な時代を歩む子供たちに300万円ぽっちを残しても安心できない、これが親心ではないでしょうか?結論、最初の100万円に対して、7月と12月の年に2回のボーナスを10万円ずつ投資する、このような考え方が必要になってきます。

さて、果たしてこれで最初の100万円が20年後にいくらになっているでしょう?これは後日の宿題にしたいと思います。
(一度試算してみたいと思っていたのです。スタートは、2005年10月1日とし、200512月1日に最初の追加10万円、2025年9月30日をゴールとします。)

72の法則: 年利○%×運用△年=72
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
コメントありがとうございます♪

為になるお話ですね~。
株は4年半になるんですか・・ 大先輩ですね^^
まだIDパスは届きませんが、
今後ともご教授よろしくお願いします♪
2005/09/18(Sun) 18:39 | URL  | かぶっちょ #yl2HcnkM[ 編集]
訪問ありがとうございます
かぶっちょさん、訪問ありがとうございます。いえいえ、大先輩なんてとても言えません。
かぶっちょさんこそ、よい知人がいらっしゃるそうでうらやましいです。
株はプロを始めとする世界中が相手なので実力も大事なのですが、それよりも大きな相場観を持つマインドが大事なのかなって思います。これからもよろしくお願いしますね。

ちょびんちゃんさんもご訪問ありがとうございます。(PCのサイトで無いので、何がお役に立っているのやら(笑))
2005/09/19(Mon) 17:22 | URL  | ゆうちゃんパパ #J4Jl0MN6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
投資において、利益はそのまま受け取る単利運用と、利益は再投資する複利運用とかがあります。投資信託においては、分配金を受け取るのが単利運用、分配金を再投資するのが複利運用となります。複利運用においては、
2007/06/13(Wed) 02:25:45 |  株をはじめる前に読むブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。