我が子のために株式投資 「負けない投資」

不祥事だらけの年金運用、派遣切りに代表される格差社会。足元まで迫った中国。こども達に何を残せるのか 【自分と家族】のための資産づくりを! [福岡発]
将来のお金をしっかりとためよう!(mixiコミュニティ)
ソーシャル・ネットワーキング サービス『mixi』 お悩み解決、初心者の株式投資♪  http://c.mixi.jp/hatsukabu
お悩み解決、初心者の株式投資♪株式相場が回復の兆しを見せている今、投資を始めたい方には大チャンスです!
このコミュニティでは、「未来のための資産作り」をみんなで和気藹々と語り合いましょう。
お気軽に参加してくださいね♪ (参加方法
◆イラストご提供:「株初心者みはるん コバンザメ資産運用」さま

スポンサーサイト 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デフレからインフレの時代へ 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2005年12月31日 (土) | 編集 |
今年も残すところ5分を切りました。一昨日の大納会でのクロージングベルの後、今宵は除夜の鐘が静かに冬空の空気を震わせています。
振り返ると、今年は日経平均が40%以上上昇し、株式投資を始めた多くの方がその恩恵にあずかりました。一方で自民党の大勝利によりこれから、サラリーマン増税・第3のビールへの課税、さらには消費税引き上げが公然と進行を始めています。返しきれない国の借金、多くの国民に見限られた年金制度、何事も先送りにしてきたツケが今我々に回ってこようとしています。
景気の回復や国債の信用低下に伴い、遠くない未来にインフレが進行し始めるでしょう。生活者には厳しい冬の時代到来となり、貧富の差が拡大することになります。

この日本の転機の一年に、ある本のエピローグから2025年の日本の姿を引用したいと思います。もしハイパーインフレが来た時に、従来の貯金だけの生活防衛では財産を失うことになります。きたる2006年、あなたとあなたの家族を守る資産形成について真剣に考えてみませんか。

2025年私の友は…(あるゴルフ場にて)

友子:ところで今日のプレー代はいくらだっけ?
紀子:16万円よ。それに消費税を入れると19万ちょっとぐらいかな。
弘樹:21世紀になったころは確か1万5千円ぐらいだったよね。2005年ぐらいからインフレがひどかったからね。この25年で平均10%ぐらいにはなっているんじゃないかな。
友子:年間10%でも25年も続けば10倍を超えるのか、すごいね。消費税も入れると13倍近くになるんだね。
弘樹:その間、給料は8倍ぐらいにしかなってないから生活が苦しいのは当然だな。消費税は18%にもなっているし、社会保険も15倍にもなっているしね。
友子:全部パターで回っていた人は……
紀子:定期預金しかしなかった人ね。
友子:そう、定期預金だけだとせいぜい4倍ぐらいにしか資産が増えていないから、インフレを考えると実質的には元本割れしているマイナスの運用ね。
ゴルフチェスター:25年前はデフレの時代でインフレなんかあんまり想像できなかったから、銀行の定期預金や、今はなくなってしまった郵便局の定額貯金は安全・確実・元本保証というコピーで売られていたね。
実際、多くの人がそのつもりで預けていたしね。けれど、こんな時代になっちゃったから結局マイナスの運用になったということだね。資産をある程度持っていた人も、『元本割れが絶対に無い元本保証の金融商品』にこだわっていた人は資産があっという間に目減りしてしまったんだ。
でも、そんな人はそれまで投資ということを考えたことがなかったんで、それからも同じような運用しか出来ない人が多かったんだ。インフレにも対抗できるポートフォリオのアドバイスをだいぶんしたんだけどだめだった。あれはかわいそうだけど、しかたなかったな。

―ファイナンシャルプランナーが教える- 『日本はいつも先送り、知らない人が損をする』 山副耕一著


コメント
この記事へのコメント
謹賀新年
明けましておめでとうございます。
早速の年始のご挨拶、有難うございました。
去年の利益の要因は、主にタイミングだと思うべきでしょうから、今年はそれほど上手くは行かないでしょう。ということで、覚悟だけはしておこうと思います。
今年もよろしくお願い致します。
2006/01/01(Sun) 14:26 | URL  | investor7 #-[ 編集]
あけまして。
訪問ありがとうございます。
あけましておめでとうございます。
引用をふむふむと読ませて頂きました。
私も株式投資に興味があり、ただいま
勉強中です。色々と相談にのってやってくださいませ。
2006/01/02(Mon) 00:07 | URL  | Adam Sylvester #-[ 編集]
>investor7さん
明けましておめでとうございます。こちらこそ今年もよろしくお願いします。
『日経平均○万円説』のマスコミの喧伝を含め、証券会社の店頭営業トークもヒートアップしてきた昨今、ババ抜きによる試練が今年は一度来るでしょうね。守りのポジションを取れるかが今年の勝負になりそうです。がんばりましょう!
2006/01/02(Mon) 01:53 | URL  | ゆうちゃんパパ #-[ 編集]
>Adam Sylvesterさん
はじめまして。fc2の履歴を見て訪問をさせて頂きましたが、僕の一番無さそうな能力=メカニカルな機械いじりをお持ちのようで尊敬しました。
はい。今年は『初心者の方が読んで役に立つ』構成にもしてみたいと考えています。ご参考になれるようにがんばりたいと思います。こちらこそよろしくお願いします。
2006/01/02(Mon) 01:59 | URL  | ゆうちゃんパパ #-[ 編集]
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

これ、いい引用ですね。
我々とより若い世代は物価が下がることに慣れているだけに、
頭では理解しているつもりでも、実際にそうなると
うまく対応できる人がどれだけいるのか、難しいところでしょうね。

昨年夏以降に株式市場に飛び込んできた人よりも
早くスタートを切っていて、幸運だったと思っています。

このアドバンテージを更に活かせるよう、今年も日々精進です。
2006/01/02(Mon) 10:52 | URL  | spiral_blue #-[ 編集]
>spiral_blueさん
明けましておめでとうございます。こちらもよろしくお願いします。
いい引用でしょ!国の借金である国債の重い金利に対して、政府が取れる手段は『1)このまま放置する、2)物価を上昇させて金利負担を下げる、3)徳政令で借金自体を無かったことにする』の3つがありますが、2)を採った時の未来の姿はこの引用の通りだと思うんです。
spiral_blueさんの言うように、デフレに慣れた我々以下の世代は本当に対処できないかも知れません。昨夜のNHKラジオで言ってましたが、年収200万円以下で暮らす人が既に2,500万人いるそうです。このままではますます貧富の差が開くことになります。リスクの高い株式市場への参入で無くても、REITや毎月分配型投信など、取れる手段はあります。早く気づいて欲しいですね。
我々は早くスタートしたアドバンテージを活かしていきましょう。そして今からがんばる人に何かを伝えられたらいいですね。
2006/01/02(Mon) 12:08 | URL  | ゆうちゃんパパ #-[ 編集]
今年もよろしく!
今年もこちらで勉強させていただきます。それにしても、だんだんとブログがキレイに洗練されていきますね。今後も更なる発展を期待しております。がんばってください!
2006/01/02(Mon) 12:26 | URL  | 水瀬 ケンイチ #THQoKXAA[ 編集]
>水瀬 ケンイチさん
はい。今年もよろしくお願いしますね。デザイン誉めてもらってありがとうございます。今年は新しく投資を始める人に親しみを持ってもらえる内容にしたいと思っています。
僕も、水瀬 ケンイチさんのところで色々学ばせてもらってますよ。お互いがんばりましょう!
2006/01/02(Mon) 13:12 | URL  | ゆうちゃんパパ #-[ 編集]
謹賀新年
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。^^

とてもわかりやすい説明でした。
初心者でもよくわかります。(笑

ブログデザインにあれこれ挑戦中?

今年もお勉強させてくださいね。
2006/01/02(Mon) 16:57 | URL  | nani #KsPDQ/Wk[ 編集]
>naniさん
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
naniさんはそろそろ初心者脱出の頃では?コンスタントに勝ち続けられていますしね。
ブログデザインと言うほどのものではないですけど、これから株を始めようとされる方に親しんでもらえるイラストを入れたり、語句の解説を入れようと思っています。
2006/01/04(Wed) 10:28 | URL  | ゆうちゃんパパ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。