我が子のために株式投資 「負けない投資」

不祥事だらけの年金運用、派遣切りに代表される格差社会。足元まで迫った中国。こども達に何を残せるのか 【自分と家族】のための資産づくりを! [福岡発]
将来のお金をしっかりとためよう!(mixiコミュニティ)
ソーシャル・ネットワーキング サービス『mixi』 お悩み解決、初心者の株式投資♪  http://c.mixi.jp/hatsukabu
お悩み解決、初心者の株式投資♪株式相場が回復の兆しを見せている今、投資を始めたい方には大チャンスです!
このコミュニティでは、「未来のための資産作り」をみんなで和気藹々と語り合いましょう。
お気軽に参加してくださいね♪ (参加方法
◆イラストご提供:「株初心者みはるん コバンザメ資産運用」さま

スポンサーサイト 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年利7.2%で運用すると… (72の法則2) 

にほんブログ村ランキングです 【応援クリックよろしくお願いします!】

2005年09月21日 (水) | 編集 |
72の法則』の続きです。ゆうちゃんパパは資産運用の一つの指標として10年で倍にする年利7.2%を頭においています。前回の宿題、『元本100万円でスタートして、年に2回ボーナスを10万円ずつ投資すると20年後にいくらになるか』ですが、インターネットが発達した時代、自分で計算するのもめんどくさいので適当なソフトが無いか調べてみました。
その結果…いいのがありませんでした。ごめんなさい。

では毎月の積み立てとなると、どうでしょう?インターネットを調べてみると、『さわかみ投信』にありました。以下が計算結果です。
(計算結果及び画像は、さわかみ投信 Q&Aより引用)
<10年後:年利7.2%>
 初期投資額 = 1,000,000円
 積立額/月 = 10,000円

 試算結果=374万円(投資総額)=220万円

複利計算1

<20年後:年利7.2%>
 初期投資額 = 1,000,000円
 積立額/月 = 10,000円
 試算結果=923万円(投資総額)=340万円
複利計算2

どうですか?毎月1万円(年間24万円)の投資で20年後に900万円超に育てば、十分に満足な結果だと思いませんか?


テーマ:お金の勉強
ジャンル:株式・投資・マネー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。